ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/27(火) 17:22:14.10 O.net
    日本人はそんな条件じゃ働かない
    バカな外国人を奴隷としてどんどん取り込もう!

    なんて国だよ・・・

    【安倍<月200時間残業、14万で働く外国人労働者を増やそう】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/21(水) 15:17:09.53 0.net
    民間は外人に頼るくせに
    自衛隊も外人に頼れば?

    【安倍ちゃん「人手不足だから自衛隊の給料上げるわ」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/07(金) 14:48:54.46 0.net
    堀江貴文氏とひろゆき氏が、満員電車に耐える日本人の「働き方」に言及した
    満員電車での通勤が「不思議でしょうがない」「マゾなのかね」と堀江氏
    何が大事なのかを考えず時間を浪費している人が多いとひろゆき氏は指摘した
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13235388/

    【ホリエモン「毎日通勤ラッシュに耐えてるやつはバカ、マゾなのかね、仕事も選べないゴミだわな」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/02(日) 11:26:33.37 0.net
    40歳までに年収500万円くらいの正社員になりたい

    【32歳年収250万円の派遣社員なんだけどキャリアアップする方法あるのか?】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/05(水) 14:17:19.21 ID:CAP_USER.net
    https://japan.cnet.com/storage/2018/12/05/b84c4c51d07e19d9bb8ce16d887cb864/181205_dena_01.jpg
     ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月5日、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の東京都内でのサービス開始にともない、新たな移動体験を実現する取り組み「PROJECT MOV」を発表。その第1弾として、乗車料金が無料になる「0円タクシー」の走行を同日に開始した。まずは、都内で50台のタクシーから開始する。

     0円タクシーは、契約スポンサーとMOVの広告宣伝費によって、乗客の利用料金を無料にするサービス。スポンサーは配車できるタクシーの車体ラッピングや、車内での自社商品・サービスの宣伝を通じて、認知獲得や購買に繋げられるとしている。

    https://japan.cnet.com/storage/2018/12/05/68dc607f5e355e022cc72824c88241cb/181205_dena_02.jpg
     乗客は無料でタクシーに乗れるだけでなく、スポンサーの新商品や新サービスをいち早く体験できるというメリットがある。一方のタクシー事業者も、新規ユーザーの獲得や、スポンサーからの新たな収益モデルの構築につながると同社では説明する。

     初回のスポンサーは、日清食品の「日清のどん兵衛」で、車内に専用のラッピングと内装を施す。また、車内の専用タブレットにプロモーション動画を流すという。ユーザーがMOVアプリを起動すると、周辺を空車で走行中の「0円タクシー」のアイコンが表示され、タクシー会社選択画面から「0円タクシー by 日清のどん兵衛」を選ぶことで利用できる。

     日清食品による0円タクシーの提供期間は12月5日~31日(7~22時)。配車可能エリアは、渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近。運行可能エリアは東京23区全域となる。また、12月26~31日までの期間限定で、乗客は「日清のどん兵衛 天ぷらそば」がもらえるという。同社では、日清食品に続く第2、第3のスポンサーとも取り組みを進めていきたいとしている。

    https://japan.cnet.com/storage/2018/12/05/acab2afb75670469beb0d64133d0f251/181205_dena_03.jpg

    MOV 《モブ》│ タクシー配車アプリ │ 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
    https://m-o-v.jp/

    2018年12月05日 13時07分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35129662/

    【DeNA、乗車料金が無料になる「0円タクシー」を発表--都内50台から】の続きを読む

    このページのトップヘ