ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2015年03月

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/03/24(火) 18:23:55.77 0.net
    MT免許持ってるけどマニュアル車なんて教習所でしか乗った事ない
    マニュアル車買って練習したほうがいいのかな

    【良さげな求人見つけても、「普通自動車免許(AT限定不可)」で引っかかってしまう】の続きを読む

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/03/24(火) 21:46:24.41 0.net
    会社での人間関係がこじれにこじれてうつになって辞めた
    今は人と関わりたくないので家仕事してる

    うつで異常に疲れやすくて
    家でゴロゴロしてても3時間、近所の図書館で仕事すると2時間でヘトヘトになって何もできなくなるので疲れるたびに帰って寝てる
    そして起きたらまた図書館に行って仕事の繰り返し

    ただでさえ家仕事は賃金安いのにこの状態じゃ生活費稼げず貯金は減っていくばかり
    ナマポや障害者年金ももらおうとしたが俺の病状や貯金じゃもらえないらしい

    倹約は可能な限りしてる
    例えば図書館には弁当の塩おむすび持ってって外食やコンビニ飯は避けてるし

    どうすればいいの?

    【うつで仕事がはかどらない&生活費稼げないのだがどうすればいいの?】の続きを読む

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/03/23(月) 19:51:25.80 0.net
    タウンワーク見ても13~15万のとこばっかなんだけど、
    やっぱ男がやる仕事じゃないん

    【介護職員って手取り15万がデフォってマジかよ】の続きを読む

    1 名前: 目潰し(秋田県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/03/23(月) 09:26:57.42 ID:dPz9FOZu0.net
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    ■離職理由は、仕事との相性から“雇用条件への不満”へ

     続いて会社を辞めた理由についても設問を実施(複数回答)。ここでは“なぜ、辞めたのか?”について、みていこう。

     平成9年の離職理由は、【仕事が自分に合わない】がもっとも多い20.3%を占めていた。ところが平成25年には【労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった】が
    22.2%でトップに。次いで、【賃金の条件がよくなかった】が18.0%、【会社に将来性がない】が12.4%と、労働条件や賃金などといった「会社への不満」に関する項目が、
    いずれも16年前の2倍強に増加しており、長引くデフレ不況が若者の転職理由にも大きく影響していると考えられる。

     一方、【人間関係がよくなかった】が13.0%から19.6%と、約1.5倍になったのも目を引く。平成9年といえば、携帯電話の普及率はまだ3割程度。スマホもSNSも存在せず、
    企業におけるインターネットの利用率も12.3%(平成9年度『通信利用動向調査』、総務省)という時期だ。こうしたコミュニケーション環境の変化が職場の人間関係にも
    影響を与え、離職理由として大きな位置を占めるようになったことがうかがえる。

     このように、若者の転職動向とその離職理由は、この16年間で大きく変化。かつて転職というとネガティブなイメージもあったが、たんに「仕事が自分に合わない」から
    ではなく、労働条件の改善や人間関係の悩み解消を目的とした転職者が増えたことで、転職そのもののイメージがポジティブに変化したといえるだろう。やりがいのある
    仕事と出会うために、入念な転職準備と相性のよいエージェント探しを心がけよう。

    http://www.oricon.co.jp/news/2050428/full/

    【仕事を辞める理由「仕事が合わなかった」←え?最初に調べるもんじゃないの?理想と違うとか?】の続きを読む

    1 名前: パロスペシャル(catv?)@\(^o^)/[ageteoff] 投稿日:2015/03/24(火) 05:58:51.02 ID:pFaEmjhK0.net
    sssp://img.2ch.sc/ico/imanouchi_2.gif
    非正社員にも賃上げ広がる 春闘、正社員上回る上げ幅も

    今春闘で契約社員やパートら非正社員の賃上げが相次いでいる。
    人手不足を背景に時給を引き上げるほか、賃金を底上げするベースアップ(ベア)で
    正社員より契約社員を優先させる企業も出てきた。今後も継続的に賃上げが続くことが、
    正社員との格差が縮まるかどうかのカギとなる。

    大丸松坂屋百貨店は、従業員の約4分の1にあたる約1500人の契約社員らを対象に、
    月額で一律1千円のベアを実施する。大丸と松坂屋が2007年に経営統合して以来初めてだ。

    正社員のベアは要求しておらず、労組の林幹夫書記長は「待遇の低い契約社員を優先した」と話す。
    対象者からは「賃金が上がることで士気が高まる」と喜ぶ意見が多いという。

    http://www.asahi.com/articles/ASH3R5446H3RULFA01C.html

    【非正社員にも賃上げ広がる※自宅警備員除く】の続きを読む

    このページのトップヘ