ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2015年05月

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/11(月) 17:41:08.54 ID:???.net
    http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015051102000229.html

    自動車部品メーカーのデンソー(愛知県刈谷市)は七月から朝型勤務を導入する。
    本社で働く一万三千人の社員に対し、定時より一時間早い午前七時四十分に出社するよう呼び掛ける。
    併せて午後八時以降の残業を原則禁止し、「メリハリのある働き方で残業時間を減らしたい」としている。

     トヨタ自動車グループで朝型勤務を導入するのは初めて。
    デンソーは午前七時から和食や洋食などの朝食を無料で提供し、早朝に出社した社員を支援する。
     対象は営業や経理など事務系と開発など技術系の社員で、工場など生産現場の社員は除く。
    九月までの三カ月間を試行期間とし、効果があれば本社以外の支社や工場など全社に展開する。
     定時の勤務時間は八時間で変えない。現在、一カ月の平均残業時間は二八・一時間に達しており、
    朝型勤務を呼び掛けることで早い時間の退社を促す。デンソーは「朝型勤務で一人ひとりの時間への意識を変え、
    仕事の効率を高めたい」としており、社員が家族と過ごす時間を増やせるようにするなど「ワーク・ライフ・バランス」の改善につなげる。

     朝型勤務をめぐっては、伊藤忠商事などがすでに制度を採り入れているほか、政府も七、八月に中央官庁で出勤時間を早める。

    【デンソー、7月から朝型勤務導入 午後8時以降の残業禁止】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/10(日) 15:43:24.14 ID:???.net
    http://www.huffingtonpost.jp/toru-kumagai/productivity-of-labor_b_7198038.html
    私は時々ドイツに駐在している日本のメーカーや銀行の駐在員の方々から、「なぜドイツ企業の生産性は高いのか」と尋ねられることがある。
    彼らは、「ドイツ企業は効率的で、生産性が高い」という印象を持っている。そのことは、複数の研究機関の報告によって裏づけられている。
    ドイツ人の労働時間は、日本よりも短いが、労働者1人あたりが生み出す付加価値は、日本を上回っている。
    この事実は、日本ではあまり知られていない。(写真はベルリンにて筆者撮影)

    経済協力開発機構(OECD)が2013年の各国の労働生産性を比較した調査がある。
    OECDは、1時間あたりの国内総生産(GDP)を労働生産性とみなしている。
    ドイツが労働時間1時間あたりに生み出すGDPは、62.2ドル。調査対象となった33ヶ国の内、第6位だ。

    これに対し日本は41.1ドルで、ドイツより34%も低い。日本の順位は33ヶ国中第21位。
    またドイツの生産性は、2003年から2013年までに約44%増加しているが、日本では34%しか増えていない。
    時間あたりのGDPで測った生産性に大きな差がある最大の理由は、労働時間だ。
    OECDによると、2012年のドイツの就業者1人あたりの平均労働時間は1393時間。日本(1745時間)に比べて352時間、20%短い。

    労働生産性は、GDPを労働時間で割って算出される。したがって、労働時間が短いほど労働生産性は向上するのだ。
    2013年のドイツの国民1人あたりのGDPは、4万3667ドル。日本(3万6294ドル)を20%上回っている。
    つまり、ドイツ人は日本人よりも労働時間が短いのに、日本を上回る国富を生み出しているのだ。
    またドイツの研究機関フリードリヒ・エーベルト財団も、
    2012年に公表した「ドイツの生産性の国際比較」という報告書の中で、
    2010年の労働時間1時間あたりのGDPを比較している。米国の生産性を100とすると、ドイツは90だが日本は70と水を開けられている。
    ケルンのドイツ経済研究所(IW)も、各国の生産性を比較した研究報告書の中で、
    製造業のドイツで1時間ごとに生み出されるGDPは、日本を19%上回っていると指摘している。
    日本の経済産業省の2013年度版・通商白書も、2009年の時点で米国の労働生産性を100とした場合、
    ドイツの労働生産性の対米比率が85.9%であるのに対し、日本は57.2%とドイツに水を開けられていることを指摘している。
    ドイツでは高齢化・少子化によって労働人口が今後急激に減るため、労働の効率化と生産性の向上はさらに重要な課題になると見られている。

    【ドイツの労働生産性は、なぜ日本よりも高いのか?】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/11(月) 22:20:32.29 ID:???.net
    http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150511_701155.html

    株式会社パソナは11日、日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)の協力の下、
    派遣社員・契約社員の指揮命令や勤怠管理のツールを活用し、顧客企業における「テレワーク等の柔軟な働き方」の導入を支援すると発表した。

     女性の活躍、多様な働き方を実現するため、多くの企業が在宅勤務を含めた「テレワーク」を検討している。
    しかし、導入には最適な環境選定をはじめ、情報管理、勤怠管理、就業規則、
    遠隔でのコミュニケーションなど懸念される課題も少なくない。中でも派遣社員の場合は、
    労働者派遣法で定められている派遣先企業の指揮命令や勤怠管理の必要性から、テレワークの導入は容易ではないという。

     そこで、パソナは派遣社員・契約社員など時間管理労働者のテレワークによる労務管理を可能にする
    「労務管理ツール」を提供し、導入のための環境構築や運営に関わる各種課題を加味した
    コンサルティングサービスを提供する。一方のマイクロソフトは、パソナによる「テレワーク」および
    「リンクワークスタイル」の推進をIT・クラウドベンダーとして支援する。

     なお、「リンクワークスタイル」とは、テレワークに最適な業務環境を導入することで、
    さまざまな人材が個々の能力を最大限発揮し、働く場所を問わず、ワーカー同士でつながって
    高い業務成果を生み出す働き方として、パソナが提唱するもの。

     マイクロソフトはテレワークを含む「フレキシブルなワークスタイル」への取り組みを、
    2011年から自社にて展開している。そこでの経験・実績を生かし、
    Office 365/Skype for Businessといったクラウドサービスや、テレワーク推進・啓発のための
    共同セミナーなどを通じて、「リンクワークスタイル」の推進を支援する。

     協業開始は5月18日から。これまで育児や介護など家庭環境によって働くことが困難だった人へ
    「テレワーク型派遣」を拡大することで、個人がライフスタイルにあった働き方の実現と、さらなる雇用機会の拡大をめざす。

    【“派遣社員”のテレワーク拡大へ、パソナとマイクロソフトが協力】の続きを読む

    1 名前:Hi everyone! ★[sagete] 投稿日:2015/05/09(土) 22:29:21.23 ID:???.net
     【フランクフルト=加藤貴行】独シーメンスは7日、全世界の従業員の約1%に当たる4500人を削減すると発表した。同社は2月に
    2016年末に7800人の削減を発表したばかりだが、原油安による石油ガス関連分野の不振が続いており追加する。16年までに人員削減
    などを含め10億ユーロ(約1350億円)のコスト削減効果を見込む。

     今回の削減は収益性の低い分野を中心に実施し、ドイツ国内は2200人になる見通し。一方、2月の削減で国内は3300人が対象の計画
    だったが、従業員側との協議で2900人に変更した。

    ソース(日本経済新聞) http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H04_Y5A500C1EAF000/

    【独シーメンス、全世界の従業員の約1%に当たる4500人を追加削減…原油安により石油ガス関連分野で不振続く】の続きを読む

    1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/05/12(火) 08:25:26.95 ID:???*.net
    近年の女性の社会進出には、目を見張るものがあります。
    一般企業においても、男性と肩を並べて出世街道をひた走る女性たちが、少しずつですが増えていますよね。
    そこで今回は、もし会社員だったら出世が早そうと思う女性有名人を、女性の皆さんに聞いてみました。
    同じ女性の目線から調査されたランキング…果たしてどんな結果になったのでしょうか?

    ■女性が選ぶ!もし会社員だったら出世が早いと思う女性有名人ランキング
    1位:天海祐希
    2位:米倉涼子
    3位:篠原涼子
    4位杏
    5位仲間由紀恵
    6位松たか子
    7位吉瀬美智子
    8位ベッキー
    9位真木よう子
    10位松下奈緒

    http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/022id/lDk-TUpkcjOH/

    1位に輝いたのは《天海祐希》でした。宝塚歌劇団の男役トップスターを経て女優に転身した《天海祐希》。
    数々のドラマで仕事ができる上司役を熱演し、高い評価を受けています。
    彼女のできる女っぷりは役柄だけではありません。
    宝塚歌劇団入団わずか一年目で新人公演の主演に抜擢されるなど、異例の出世街道を歩いてきました。今回のランキングの1位にふさわしい女優だと言えそうですね。

    2位には、《米倉涼子》がランク・イン。1999年から本格的に女優業をスタートさせた《米倉涼子》。
    松本清張原作の『黒革の手帳』『けものみち』『わるいやつら』のドラマシリーズでは悪女役を演じ、役柄の幅を広げました。
    また、アメリカのブロードウェイミュージカル『CHICAGO』に自ら応募し、見事に主役を勝ち取ったことは記憶に新しいですよね。
    何事にも積極的に挑戦する姿勢が、デキるオンナ《米倉涼子》のイメージをさらに高めたようです。

    3位は女優と妻、母親業を見事にこなす《篠原涼子》が選ばれています。
    ドラマで長い髪をかき上げながら、部下に指示する《篠原涼子》の姿の虜になった人も多いはず…。
    《篠原涼子》がもし会社員だったら、とんとん拍子に出世しそうですね。

    ランキング上位には、主役としてさまざまな役柄をこなす女優たちが選ばれる結果となりました。
    役柄のイメージはもちろんですが、彼女たちの演技を超えた生き方が、今回の結果につながったのかもしれません。

    調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
    調査期間:2015年3月25日~2015年3月27日
    有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)

    http://news.livedoor.com/article/detail/10100940/
    2015年5月12日 7時0分

    【女性が選ぶ!もし会社員だったら出世が早いと思う女性有名人ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ