ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2015年07月

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/21(火) 11:43:00.51 ID:???.net

    http://biz-journal.jp/2015/07/post_10802.html

    日本の通信事業最大手である日本電信電話(NTT)が、次々に30代派遣社員のクビ切りを行っているらしい。
    民営化から30年、アメリカ式の経営指標を最重視してコストカットに邁進中で、社内は疲弊しブラック企業化しているという。
     NTTといえば、政府(財務大臣)が30%超の大株主であり、電話回線の維持などの義務を背負う特殊会社だ。
    1985年に民営化し、グループ会社にNTTドコモ、NTTデータ、NTTコミュニケーションズなどを抱える。
    2015年3月期実績は売上高約11兆円、営業利益は約1兆円だ。NTTは現在、
    18年3月期実績で営業利益の1兆4000億円への引き上げを目指している。
    (中略)


    コストカットの影響を受ける特定派遣社員たち
    「株主の期待に応えるべく、NTTはグループ全体の営業利益を1兆4000億円にするようにとの社内通達を出していますが、
    各部署でできることはコストカットくらいしかありません。その直撃を食らっているのが契約社員や派遣社員です。
    コストカットの対象として、真っ先に雇い止めが始まっているのです」(同)
     そんな被害を受けた一人なのが、通信技術者としてNTTに派遣されているAさんだ。
    通信技術者は、派遣法では通訳や秘書、事務機器操作などと並ぶ26の専門業務のうちのひとつとされている。
    こうした高いスキルが求められる専門業務は、これまでは特定派遣と呼ばれ、
    届出制の派遣元会社に正社員として雇用され、派遣先企業に派遣されるかたちを取っていた。
    一般派遣よりもスキルが高い分、報酬も高かった。
     これまで3カ月ごとの派遣契約で派遣元会社より派遣されてきたが、この今月末までで契約の終了が通告されたのだ。
    Aさんの働く部署は通信技術系のスキルが要求されるが、派遣社員がほとんど対応している。
    そのため特定派遣社員ばかりだったが、ここにきて次々に特定派遣から一般派遣へ派遣労働者の切り替えが進んでいるのだ。
    「現在、国会で議論が進んでいる派遣法改正によって特定派遣が廃止され、すべて一般派遣になります。
    政府側の表向きの理由は、届出制の特定派遣会社には脱法的な業者も多いため、
    許可制の一般派遣会社に統一しようというものです。
    一方、企業側からすれば、報酬の高い特定派遣から安い一般派遣へ労働者の切り替えができて、
    コストを削減できるというメリットがあります」(同)


    「こうした派遣社員の切り替えはNTTグループだけでなく、同業のKDDIやソフトバンクでも行われています。
    特定派遣社員は高いスキルがあるにもかかわらず職にあふれ、報酬の安い一般派遣で働かざるを得ない状態に追い込まれているのです。
    技術力など個人的なスキルはまったく評価されないのが現状です」(Aさん)
     このようにAさんが憤るのには理由がある。Aさんの働く部署は、いわば法人向けメンテナンスを担当しており、
    通信技術系のスキルが要求されるうえに顧客対応も求められるのだ。Aさんはクレーム対応で顧客からの評判も高く、
    最近も優秀表彰を受けたばかり。それにもかかわらず、コスト削減対象の特定派遣社員だからという理由だけで
    雇い止めに遭ってしまったのだ。
    「うちは大口の契約先である企業を相手にする重要な部署であるにもかかわらず、正社員は使い物にならない人材ばかりです。
    人事異動で配置されるのはスキルがない素人なうえに、クレーム対応を面倒くさがり、たらいまわしにするだけです。
    その結果、断ることのできない派遣社員がクレームに対応してきました。
    今まではスキルがある特定派遣社員が中心となって対応していましたが、
    今後、一般派遣社員が十分に対応できずトラブルが悪化することは目に見えています。
    私の代わりとして入った数人の一般派遣社員もすでに『まったく使い物にならない』という烙印が押されています」(Aさん)

     なお、その一般派遣社員はNTTの子会社である派遣会社から派遣されてくるという。
    NTTは派遣ビジネスでも売り上げを伸ばそうということなのだろう。
     また、今回の派遣法改正で特定派遣は廃止されるが、特定派遣会社は中小企業が多く、
    資本金など制約の多い許可制の一般派遣会社へ移行ができないケースが大半と予想され、
    既存の一般派遣会社による寡占状態が加速するとみられている。



    【NTTで“ハケン切り”の嵐! 高いスキルを持つ特定派遣を切り、“スキルのない素人”正社員だらけに…】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/19(日) 09:44:18.76 ID:???.net

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150718-OYT1T50060.html

    経済産業省は、ソフトウェア開発などに当たる「IT(情報技術)人材」の不足を解消するため、
    アジアの大学新卒者などを国内に招き、日本語学校や就職先企業を紹介する取り組みを2016年度から始める。

     まずはインドやベトナムから受け入れ、1万人規模の人材獲得を目指す。
     アジアの大学でITを専攻した卒業生らを対象に、
    日本に留学して日本語を学んでから日本企業に就職してもらう仕組みをつくる。
    16年度予算の概算要求に関連費用を計上し、16年度から受け入れを始める方針だ。
     現地学生に日本国内の留学先や就職先を紹介する。日本語学校で勉強している間も、
    IT企業でアルバイトなどをして生活費や学費を稼げるようにする。
     日本のIT企業や日本語学校などでつくる協議会を今夏にも設立。経産省は今秋、
    インド政府と合同部会を設け、具体策を協議する計画だ。IT人材の育成に熱心なベトナムにも協力を求める。

     厚生労働省によると、国内のIT企業で働いている外国人は2014年10月時点で3万1581人いる。

     政府は成長戦略の一つとして、国内のIT業界で働く外国人を20年に6万人に倍増させる目標を掲げる。
    ただ、ソフトウェア開発やゲーム制作などの国内企業は、日本語を話せない外国人社員の採用に慎重なのが実情だ。



    【経産省、IT人材不足解消へアジア学生1万人獲得目指す】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/21(火) 13:33:23.69 ID:???.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/21/news070.html

     米Appleが日産やトヨタで品質計画関連幹部を歴任し、昨年11月まで米Chrysler Groupで
    製品サービス品質担当上級副社長を務めていたダグ・ベッツ氏を採用した。米Wall Street Journalが7月20日(現地時間)にそう報じた。

     同氏のLinkedInでは、2015年7月にApple入りしたことになっている。

     LinkedInによると、ベッツ氏は1987年の仏Michelinでの製造マネジャーを皮切りに、
    トヨタの製品品質およびサプライチェーン担当ジェネラルマネジャー、日産の米国における顧客満足担当上級副社長などを歴任し、
    2007年にChrysler Group入して製品・サービス品質担当上級副社長を務めた。

     Appleでの具体的な職務内容は不明だが、同社は自動運転車を開発中とうわさされており、
    ベッツ氏の他にも元Mercedes-Benz Research & Developmentの社長兼CEOであるヨハン・ヤンワース氏などを採用している。



    【Apple、日産やトヨタで品質計画関連幹部歴任者を採用 自動運転車担当か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/19(日) 13:54:36.64 ID:???.net

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150718-OYT1T50098.html

    経団連と日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は、参院で審議入りした
    労働者派遣法改正案の早期成立を求める連名の要望書を公表した。

    改正案の施行日は9月1日とされ、「大幅な改正であり、対応準備のため一刻も早い成立を強く要望する」とした。

     改正案は、企業が派遣社員を受け入れる期間の上限を事実上なくす内容で、
    労働者の働き方の多様化を進める経済界の主張を反映している。
     仮に成立が遅れれば「人材派遣会社や派遣社員の受け入れ企業で準備や対応が間に合わない」
    (経済団体幹部)などの影響が指摘されている。
     衆院は6月中旬に通過したが、日本年金機構の個人情報流出問題や安保関連法案を巡る対立で、
    参院での審議の遅れが懸念されている。



    【経済3団体、派遣法改正案の早期成立求める要望書を提出】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/21(火) 17:52:28.13 ID:???.net

    http://www.lifehacker.jp/2015/07/150720_Get_Raise.html

    Inc.:アメリカ人は、ほかの先進諸国に比べて休暇をあまり取らない、というのは知っている人も多いでしょう。
    ニューヨークタイムズ紙に、その理由のわかりやすい説明が載っていました。アメリカ人は、仕事で出世するには、あまり休んではいけないと思っているのです。

    ラトガー大学のAdam Okulicz-Kozaryn教授は「アメリカンドリームを追いかけている人の多くは、
    長時間働き、目標を達成するために長期休暇を取りません。ほかの先進諸国の人に比べ、
    ほとんどの人が一生懸命仕事をすれば成功して報われると強く信じています」言っています。
    しかし、これは本当なのでしょうか?
    本当に、働けば働くほど仕事で成功するのでしょうか?
    起業家たちの間では、極端な長時間労働の価値と、長い目でみた幸せの優先順位が振り子のように揺れ動いています。
    そして、最近の研究で、経営者ではなく社員に限って言えば、夏休みなどの長期休暇を取らないと、実際に出世に響くことがわかりました。

    エンドレスに仕事をするのが成功への道ではない

    米国旅行協会の調査によると、アメリカ人社員がもっている、未消化の有給休暇のコストを集計した研究で、
    上記の結果が判明したそうです。さらに調査データを分析したところ、仕事で確実な出世街道を歩む人は長期休暇を取っている、という興味深い報告も出てきました。
    最新の調査報告書には「会社に長くいることと、昇給やボーナスが増えることには何の関連もない」とあります。
    去年、11~15日ほど有給休暇を残していた社員は、すべての有給休暇を消化した社員に比べて、
    過去3年間、昇進や昇給をしていませんでした(6.5%ほど少なかったようです)。
    この調査プロジェクトの主任であるGary Osterさんは、グローバルマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」にこのようにコメントしています。
    「休みを取らない人の多くは、上司が休みを取ることを快く思っていないと考えています。しかし、これは事実無根です」
    有給休暇を使わない上に昇給もしないのであれば、そこには何が残るのでしょうか? 聞くまでもありません、ストレスです。
    研究者はこう述べています。「未消化の有給休暇が多い人と、仕事でのストレスが"多い"や"とても多い"と答えた人の間には、
    明らかな相関関係がありました。特に未消化の有給休暇が11日間以上の社員には、それが顕著に表れました」
    という訳で、夏休みも机にかじりついている人は仕事で成功しない、というのは正式な事実となりました。
    今すぐこの夏の計画を立てましょう!



    【有給休暇を残す人は全て消化した社員に比べ出世しない】の続きを読む

    このページのトップヘ