ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2015年10月

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/14(水) 08:34:04.39 ID:???.net

    https://www.bengo4.com/roudou/n_3809/
    365日の連続勤務と長時間労働によってうつ病を発症し、自殺未遂にまで追いつめられたとして、
    神奈川県在住の30代男性(Aさん)とその妻が10月10日、勤務先の印刷関連企業と社長に損害賠償など
    約1154万円を求めて、東京地裁に提訴した。
    その3日後の10月13日、原告のAさんは、東京・霞ヶ関の厚生労働省記者クラブで会見を行ない、
    「(自殺未遂後に)入院していたときは、『自分が悪いんじゃないか』と思っていた。
    しかし、前向きになり、精神的にもまともになってきて、社長を許せないという気持ちが強くなった。
    僕みたいな人を1人でも減らせればと思い、訴訟を決意した」と語った。

    ●「365日間連続勤務で、ほとんど家に帰れていない」
    記者会見や訴状の内容によると、Aさんは2006年、印刷関連企業(本社:東京都中央区)に正社員として入社。
    従業員は10人程度。2008年からは銀座店のスタッフとして名刺印刷などを行っていた。従業員6人の体制だったが、
    退職があいつぎ、2010年5月ごろには、Aさんが1人で全ての店舗業務を担当する「ワンオペ」になったという。
    Aさんは店舗の営業時間(10?19時)は、店から離れられず、休憩も取れなくなった。
    日中は接客などに追われ、印刷業務は営業時間外に行わざるを得なかった。
    その年の秋ごろには、新事業の取り扱いも始まり、業務量はさらに増加した。

    直属の上司だった社長に「人を増やすことは考えていないのですか」とたずねたが、「増やすつもりはない」と断言されたという。
    その後も長時間連続勤務が解消されることはなかった。原告代理人の指宿昭一弁護士によると、
    「2013年は1月1日から12月31日まで、365日間連続勤務で、ほとんど家に帰れていません。
    ほぼ毎日深夜まで仕事をして、ベッドも布団もなかったので机に突っ伏して寝ていました」。
    Aさんは「月に1回か2回くらいは、帰っていたかもしれない」と語る。ただし、2013年9月中旬?12月末までは、
    一度も家に帰っていないという。
    Aさんは「お風呂は銭湯で、2?3日に1回入っていました。同じシャツを2?3日着てたこともあり
    髭も生えっぱなしで、身だしなみもかなり汚かったと思います。そこまで気がまわっていませんでした。
    着替えもコンビニなどでシャツを調達していました」と、振り返る。
    また、社長からはメールやLINEがひっきりなしに届いた。指宿弁護士によると、
    タイムカードなどによる労働時間の管理はなかったが、LINEの送信記録をもとに計算すると、
    同年10月?12月の時間外労働時間は10月が約160時間、11月が約226時間、12月が約257時間にも及んだという。
    だが、残業代はまったく支払われていなかったという。



    【従業員の退職が相次ぎ「ワンオペ」、365日間連続勤務のあげく2度の自殺未遂…元従業員が会社を提訴】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/10(土) 16:11:42.71 ID:???.net

    https://www.bengo4.com/roudou/n_3792/
    若者の過労死の問題や、雇用対策を考えるシンポジウム
    「若者の過労死とブラック企業、若者の雇用対策のいま?渡辺航太さん過労事故死事件を通じて?」
    (主催:ブラック企業対策プロジェクト)が10月8日、東京・下北沢で開催された。
    シンポジウムには、息子の渡辺航太さんを過労事故で亡くした渡辺淳子さんや、過労死を考える家族の会代表の寺西笑子さん、
    若者の雇用対策に詳しい上西充子・法政大学教授らが登壇。
    上西教授はパネルディスカッションで、「学生の間にも、ブラック企業に行きたくないとか、先輩が長時間労働してるという認識はある」と語った。
    しかし一方で「固定残業代や、裁量労働制については学生はほとんど知らない。学生の側が知らなくて、企業がいいように使っているという非対称性がすさまじい」と指摘した。

    ●「手がもげても、足がもげても働け」「苦しい顔をするな、いつも笑ってろ」
    会社からの帰宅途中、バイク事故で亡くなった渡辺航太さん(当時24歳)の母・淳子さんは、
    「頑張り屋で、言われたことはやり遂げる子。だからこそ、好きなように使われてしまったのかな」と、声を震わせ、時には涙を浮かべながら語った。

    航太さんが、勤務先からの帰宅途中、事故死したのは2014年4月24日のことだった。
    「過労のため居眠り運転でした。事故の目撃者によると、『すいこまれるように歩道に寄っていき、電柱にぶつかった』ということです」
    息子の死の原因を知りたい―?。淳子さんは、その一念で会社にタイムカードや勤務表を要求し、航太さんの手帳や関係者の証言を調べた。
    そして事故から一年後の2015年4月24日、会社に1億651万円の賠償を求めて、横浜地裁川崎支部に提訴した。
    原告代理人の川岸卓哉弁護士によると、航太さんは大学卒業後の2013年10月、
    商業施設などに観葉植物を装飾する会社(本社・東京都)にアルバイトとして入社した。いずれ正社員になることを期待して、アルバイトとしての就労を承諾したという。

    同社のハローワークの求人票には、「就業時間 8時50分?17時50分」「時間外 月平均20時間」などと書かれていたが、実態は求人票の表記とは全く異なっていた。

    観葉植物の運び込み業務は深夜から早朝にかけて行われることが多く、不規則な長時間労働に従事させられた。
    また、1ヵ月間の時間外労働が134時間に及ぶこともあった。
    「先輩から『手がもげても、足がもげても働け』『苦しい顔をするな、いつも笑ってろ』『さすが平成生まれだね』と言われることもあり、
    パワハラ体質があったと思う。それでも、正社員として働きたいと頑張っていたのではないか」川岸弁護士はこのように語る。

    ●「私はどうやって止めればよかったのか」
    航太さんの頑張りをよそに、会社からはなかなか正社員採用の声がかからなかった。淳子さんは
    、「内定がもらえないならやめて、他を探そうか?」と勧めたが、航太さんは同社で働き続けることを選んだ。
    「就活を一からやり直すのは本当に辛かったのでしょう。我慢して、正社員になれば、
    他の社員と同じようにもう少し勤務時間も楽になるはずだと、本人も迷いながらも手を抜かず頑張っていました」
    正社員としての採用を、口頭で伝えられたのは入社から半年後の2014年3月15日だった。
    しかし、喜んだのもつかの間、正社員になっても勤務時間は今までと変わらず、長時間労働が加速していったという。
    「好きな仕事に巡り会えた喜びはあるけど、考え直さなければならない」航太さんは淳子さんにそう話し、
    5月の連休には、お互いに時間をとって、今後の身の処し方を決めるつもりだった。
    しかし、親子でそう話したわずか4日後、前日の午前11時からその日の朝8時までの約21時間、仮眠も取らずに働いていた航太さんは、
    自宅への帰宅途中、バイク事故を起こし、死亡した。淳子さんは、「彼のキラキラと輝いた人生はたたきつぶされてしまった」と語る。

    「どこの部分で、彼はやめておけば、諦めればよかったのか。親の私はどうやって止めればよかったのか、まだわかりません。
    現在働く若者が、航太とどこか似ている経験をしているのではないかと思う。若者の過労死を繰り返さないためにも、この裁判を勝ち抜いていきたい」



    【「手がもげても、足がもげても働け」…21時間勤務、過労の果ての事故死「キラキラした人生はたたきつぶされた」母が涙ぐむ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/09(金) 08:37:18.37 ID:???.net

    http://www.j-cast.com/kaisha/2015/10/05246017.html

    外回りで、日々動き回っているビジネスパーソンもいれば、1日中、座りっぱなし・・・という人もいるだろう。
    そんな人にとっては、ちょっと怖い研究結果かもしれない。ニュースサイト
    「CNN」記事「『座りっぱなし』で寿命が縮む?運動してもリスク残る」(2015年2月3日)によると、座っている時間が長い人の場合、
    「心血管系の疾患やがん、2型糖尿病」などの慢性疾患を発症して、「死に至る確率」が高まるという。
    カナダの研究チームが明らかにしたもので、特に危ないのは「1日あたり8~12時間以上」座っている人。
    2型糖尿病を発症するリスクが、90%も高くなるらしい。
    調査結果を受けて、ネットでは「自分も、もしかして・・・」と、危機感を募らせる声が相次いでいる。
    「現代人でオフィスワーカーは皆まずいのでは」

    ツイッターを見ると、早速、「気をつけよう」とつぶやく人や、「うーん、こまったなぁ」「どうしろと(汗)」など、
    「長時間、座りっぱなし」とみられるビジネスパーソンらの嘆きが見つかった。「現代人でオフィスワーカーは皆まずいんじゃ・・・」と、
    心配する人もいれば、「これが本当なら、私はいつ寿命が来てもおかしくない(笑)」「見事に座りっぱなしですわ。
    もう寝るしかないな」など、半分、開き直っている人もいる。
    コラムによれば、運動量を増やした場合、心血管系の疾患やがんなどで「死に至るリスク」は軽減されるが、
    座りっぱなしの生活の影響は、運動した場合のメリットを上回るほど悪影響という。ツイッターでは、
    「ありえない運動量を日々こなしてさえいれば、と安心しきっていた俺涙目」など、「こんなにがんばっているのに・・・!」と
    、やりきれない思いを抱いた人も、いるようだ。

    「(そんなに歩き回っていたら)仕事にならんわ」
    心疾患などのリスクを減らすには、デスクワークの場合、
    「立ったまま仕事をしたり、30分ごとに1~3分、立ち上がって歩き回ったりする」のがオススメというが、
    実際には「(そんなに歩き回っていたら)仕事にならんわ(^_^;)」とか、「分かっちゃいるけど、実行は難しいかも・・・」と、困惑気味につぶやく人も。
    「どうしてもパソコンの前に座り続ける作業が多いので、対策は必要。立ったまま作業をすることも考えた方がいいのか?」
    という意見もあった。実は昨(2014)年、そんなニーズを叶えるデスクが、IKEAから発売される!? なんてニュースもあった。
    「WIRED」記事の「スタンディングデスクをIKEAがお手ごろ価格で発売」(14年11月5日配信)によると、高さを自由に調節できる机は、
    高価なものだと、4000ドル(約48万円)と、手が届きにくい。ところがIKEAは、電動式で高さを変えられるデスクの
    「新モデル」を、480ドル(約5万7000円)で売り出すという。記事には、スタンディングデスクの商品紹介動画もついている。
    「立ったまま仕事」で、効率は上がるのだろうか、それとも・・・。(KH)



    【「仕事で座りっぱなし」は命に危険? 「小まめに歩き回る」「立って仕事」への評判】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/13(火) 08:42:28.53 ID:???.net

    http://news.mynavi.jp/articles/2015/10/11/careerenquete/
    スーツはビジネスパーソンの「戦闘服」なんて言われ方もするが、仕事着=スーツが当たり前でない職種もある。
    今回はマイナビニュース会員のうち男女300名に、「スーツで仕事をするべきか」について答えてもらった。

    Q.スーツで仕事をするべきだと思いますか?
    はい 28.7%
    いいえ 64.3%
    その他 7.0%
    Q.そう思う理由を教えて下さい
    スーツで仕事をするべき
    ■仕事モードに切り替え
    ・「オンとオフの切り替えがきちんとできるから」(33歳男性/学校・教育関連/専門職)
    ・「仕事とプライベートとのメリハリがつくから」(34歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
    ・「ケジメとして」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
    ・「スーツ=仕事なので」(37歳女性/医療・福祉/専門職)
    ■気分も変わる
    ・「身も心も引き締まるから」(29歳男性/小売店/販売職・サービス系)
    ・「気合が入る」(24歳男性/金属・鉄鋼・化学/営業職)
    ・「スーツの方がピシッとするから」(28歳男性/情報・IT/技術職)
    ・「シャキッとする」(28歳女性/情報・IT/事務系専門職)
    ・「制服のようで気が引き締まるから」(33歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
    ・「戦闘服だから」(28歳男性/医療・福祉/事務系専門職)
    ■マナーとして
    ・「お客様相手の仕事の場合はマナーとして」(35歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
    ・「ビジネスマナーだから」(49歳男性/通信/事務系専門職)
    ・「社会人として」(28歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
    ・「やはりきちんと感があるし、マナーもできていると思う」(43歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
    ・「見た目だけでもしっかりしていれば、悪い印象をもたれないから」(32歳女性/自動車関連/事務系専門職)
    ・「職場によるも、取引先等の仕事相手もスーツ着用なので」(24歳女性/その他/事務系専門職)
    ・「正装だし仕事ができるように見えるから」(29歳女性/金融・証券/営業職)
    ■スーツのファンも
    ・「かっこいい」(31歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
    ・「スーツの方がかっこよく感じるからです」(23歳女性/その他/専門職)
    ・「眼の保養★」(32歳女性/建設・土木/販売職・サービス系)
    ・「デキる男に見えるので」(29歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
    ■スーツは楽?!
    ・「制服みたいで楽だから」(32歳男性/商社・卸/事務系専門職)
    ・「好きだから、単純に……あと私服よりらくそう」(24歳女性/商社・卸/事務系専門職)
    ・「選ばなくていい」(30歳女性/情報・IT/営業職)

    ■職種・仕事内容による
    ・「その人の職業にあった服装がいいと思う……作業着や、白衣など、臨機応変に」(33歳女性/金融・証券/専門職)
    ・「そもそも職種によってはスーツを着ないこともあるから」(22歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
    ・「仕事内容によると思う……他人と接する仕事だと、ちゃんとした身なりは大切」(50歳以上男性/電機/技術職)
    ・「客先に出向く外回りの仕事でないのなら特に関係ないと思う」(42歳男性/自動車関連/技術職)
    ・「商談などかしこまった場以外では、動きやすい服を着ればよい」(22歳女性/金属・鉄鋼・化学/営業職)
    ■短所1: 疲れる
    ・「1日中ずっといると疲れるから」(26歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)
    ・「伸縮性が悪くて動きにくいから」(26歳男性/農林・水産/技術職)
    ・「窮屈で仕事しづらいから」(48歳男性/建設・土木/技術職)
    ・「スーツだと苦しいし、非効率的だから」(33歳男性/電機/技術職)
    ・「肩がこるしそれだけで疲れる」(25歳女性/医薬品・化粧品/技術職)
    ・「どちらでも構わないと思う……肩こりで効率が下がるくらいなら無理して着ることはないと思う」
    (24歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
    ■短所2: 暑くて蒸れる
    ・「暑苦しい」(27歳女性/金融・証券/営業職)
    ・「通気性が悪いため」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
    ・「日本の気候にスーツが合ってない……じめじめあつい、冬は寒すぎる」(36歳男性/機械・精密機器/営業職)



    【スーツで仕事をするべき? 6割が否定派・・・「これほど無駄な文化はない」「日本の気候に合ってない」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/13(火) 17:53:01.57 ID:???.net

    http://www.asahi.com/articles/ASHB9628MHB9PLFA007.html

    政府は女性が働きやすい社会の実現を掲げています。雇用の環境は改善し、
    仕事を見つけやすくなったともいわれます。でも、実際はどうでしょうか。ハローワークを訪れた人に聞くと、
    職探しは女性にとって「狭き門」になっている現実がありました。
     大阪市の女性(41)は、女性向けの「大阪マザーズハローワーク」を7月から何度も訪れている。
    正社員の仕事を探しているが、いまも見つけられていない。
     4年ほど前に夫と別居。実家に息子(10)と暮らしている。5年以上続けた事務のパートの仕事を、
    今年2月に辞めた。月収が10万円ほどで今後の子育てを考えると、安定した仕事に就きたかったからだ。
     職業訓練校に半年通って経理やパソコンなどの勉強をして、仕事探しを始めた。
    事務職の人気が高いことはわかっていたが、訓練の成果を生かせば、なんとか採用してもらえると期待していた。

     これまでに約20社に応募したが、採用の通知は届いていない。面接を受ける前に書類の段階で不採用が続いた。

    41歳という年齢が不利になっていると感じる。勤務地や給料が希望にかなう求人があっても、
    すでに100人が申し込んだといわれてあきらめたこともあった。「職業訓練を受けただけではだめで、
    実務の経験を求められる。就職は思った以上に厳しい」と肩を落とす。



    【女性正社員は「狭き門」 人気職種に集中、職探しに苦戦】の続きを読む

    このページのトップヘ