ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2016年11月

    1: 番組の途中ですがカテゴリ重複禁止の刑に服役中41スレ目@ぷらにゃん ★ 2016/11/27(日) 22:56:41.71 ID:CAP_USER9

    仕事や学校に行かず、家族以外とほとんど交流しない「引きこもり」の人のうち、40歳以上で、
    期間が10年以上にわたるケースについて、本人や家族らでつくる全国団体が初の実態調査を始めた。

    引きこもりに至った経緯や支援の有無などを分析。自治体の相談窓口にも聞き取りをし、
    社会参加に結び付く具体策を提言する。年内にも結果をまとめる予定。

    引きこもりの「長期化・高年齢化」が進むと、抜け出しにくくなったり、親が亡くなった後に
    経済的に困窮したりする恐れがあるため、結果を国の施策づくりに役立ててもらう。

    調査は「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が厚労省の助成を受け実施。

    http://this.kiji.is/175511247695806465?c=39546741839462401

    前スレ
    【重要なお知らせ】40歳超の長期引きこもり初調査年内にも結果、社会参加策提言へ★2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480250351/

    ★1:2016/11/27(日) 20:01:57.13



    【【重要なお知らせ】40歳超の長期引きこもり初調査年内にも結果、社会参加策提言へ★3】の続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2016/11/28(月) 07:36:30.240 ID:Zpf2Ypm+p

    うちの親とか働いてないんだけど



    【女だけど何故働かなくちゃいけないのかわからない】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/27(日) 10:52:19.21 ID:CAP_USER.net

    http://www.j-cast.com/kaisha/2016/11/17283181.html?p=all

    日本の労働者の4割近くが非正規労働者という、このご時世(2015年時点、
    厚労省「労働力調査」より)。若者のフリーターや主婦のパートに限ったことでなく、働き盛りが非正規労働者というパターンもめずらしくない。

    Q&Aサイト「発言小町」に「妻が非正規雇用を許してくれない」という悩みが届いた。投稿者は33歳の男性。
    もともと大手企業の正社員SEだったが、毎日終電で帰宅するという激務がたたり、うつ病に。退職して、今は派遣でSEとして働いている。
    派遣になって年収は下がったものの、残業はなく、休みもしっかり取れる。生活費のほとんどは男性が払い、
    家事や育児も手伝うようになった。SEとしてのスキルアップは怠らず、資格取得、英語上達のため勉強中。
    かりに今の職場で契約満了になっても他のところで働ける自信があるという。

    しかし、妻からは「正社員になれば」と何度も嫌味を言われる。
    「まるで怠け者扱いのようで腹が立ちます。なぜ文句を言われなければならないのか」
    と男性が問いかけると、さまざまな答えが寄せられた。

    まず多かったのが、「派遣は不安定」だからと、妻の言い分に理解を示す声。
    「どんどん派遣の指名がなくなる頃、子どもに学費がかかる。家を買おうにもローンもろくに組めない。
    社員になれば一生安泰ではありません。でも明らかに非正規よりは守られています」
    「同じIT業界からアドバイスを。契約社員として今後SEとしてやっていけるとの事ですが、1人/月の働きしかできないのであれば、
    給与はすぐに頭打ちになります。また今の時代、希望年収の高いSEは現場から敬遠されます。
    『この案件は月給20万ですが、どうします?』と言われて、プライドを捨てて受けることができるでしょうか。
    まだ33歳なので引く手あまたかも知れませんがあと15年もすると、面談が中々通らなくなってきますよ。」
    なかには、
    「奥さんにしたら、『大企業勤務の正社員』『定年まで安定収入が見込める』あなただから、結婚したのです。
    派遣なんかで落ち着かれては、『話が違う!』のです」
    という踏み込んだ意見もあった。
    ワークライフバランスを大事に
    一方には、
    「奥さんに『パートに文句を言われたくない。自分が正社員になってから言え』と言ってやれば?」
    と、男性を擁護する声もあがった。

    角突き合わせるのではなく「和解」を促す人もいた。
    「奥さんが正社員で働く道もありますが、そうなると投稿主が短時間勤務しなくてはいけなくなるでしょう。
    育児と家事の分担ができるのか、よく話し合ってください」
    「一家の大黒柱が病気になり、子供も産んで1年たらずで睡眠不足の時期に育児と今後の生活の不安がいっぺんに
    襲ってきた奥様の気持ちは考えられません?」
    寄せられた多くの回答に対し、男性は、
    「妻は保育士とホームヘルパーの資格を持っていますが、『正社員になれば?』というと怒りそうです。
    子どもには学資保険をかけていますし、自分は将来的にはフリーランスとして収入を増やしたい。あくまでワークライフバランスを大事にしたいです」
    と、正社員に戻る気はないと宣言した。

    正規にしろ、非正規にしろ、働くにはまずは体が資本。また体調を崩すことがないように気をつけてほしいものだ。(KM)



    【「妻が非正規雇用を許してくれない」派遣で働く夫の悩み】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/27(日) 09:14:37.13 ID:CAP_USER.net

    http://diamond.jp/articles/-/10608?page=4
    (中略)

    先入観を捨てて考えてみると、ベーシックインカムは富の再配分の仕組みとして、
    またいわゆるセーフティー・ネットとして理想に近い制度だと思える。日本でも是非実現したい。
     しかし、率直に言って、ベーシックインカムは日本で実現しないだろう。
     なぜか。それは、制度がシンプルすぎて官僚の仕事と権限が減るからだ。たとえば、社会保険庁も、
    公的な年金の運用も、雇用保険も不要だとなると、厚生労働省は大いに抵抗するだろう。
    生活保護のような自治体にとっては余計な荷物的な仕事であっても、これがなくなって、権限を手放すことになるとすれば抵抗があるかも知れない。
     ただし、ベーシックインカムの考え方は政策を考え、制度を設計する上で生かすことができる。
     政策を評価する際に、「シンプルさ」「公平さ」「自由さ」「格差是正効果」「低コストな制度」の五つの視点を持つことが有効だ。
     たとえば、現在の公的年金制度は、複雑で、世代間の公平を欠いていて、
    受給したお金の使い方は自由だが、ここしばらくは相対的に豊かな高齢世代に富を移転し、
    運営コストが大変高いという意味で、上手くできている制度ではない。
     逆に、官僚あるいは、官製情報に頼るメディアからの評判はすこぶる悪いが、子供手当は、
    仕組みが単純で、「子供を持っている人」という区別が不公平かも知れないが、
    使い道も自由で(借金を返してもいいし、パチンコに使ってもいいではないか!)、低所得者への再配分になっているし、
    運営コストは安いから、そう悪い制度ではない。「バラマキだ」という批判があるが、公共事業のように偏ったお金の使い方をするよりは、
    公平にばらまく方がずっといい。
     ベーシックインカムについては、現金による給付であることや、労働など何らかの我慢の対価としてでなくお金を渡すことなどに
    「抵抗感」を持つ人がいるかも知れないが、よく考えてみて欲しい。そう悪いものではないはずだ。
     筆者は、現在のもろもろの制度を「ベーシックインカム的」に徐々に変えていけばいいと思っている。



    【日本でベーシックインカムが実現できないシンプルな理由】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 17:51:18.66 0.net

    やっぱりコネ?



    【大企業で働いてるやつらってどうやってその企業に入ったの?】の続きを読む

    このページのトップヘ