ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2016年12月

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/27(火) 00:18:05.27 O.net

    まじ使えんくてなにより場の空気が淀む
    最初はみんな我慢してたが先週からバイトリーダーの態度が急変 おっさんを「死ね、ゴゴミ、カス、クズ、死ね、ボケ死ね」と毎日罵倒、
    皆も続けて土下座、顔面踏む、蹴る殴る、便器なめる、ウオークインに監禁、雑巾食うなどやりたい放題wwwww
    おっさんまだ来てるけど精神崩壊一歩手前なのが分かるwwww目が完全死してるwwwwwww



    【バイト先に41歳のおっさんが入ってきた結果wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 47の素敵な(禿)@\(^o^)/ (オッペケ Sr93-H4XA) 2016/12/26(月) 03:54:55.68 ID:4uWTbTCur.net

    資格は車の免許しかない



    【31歳フリーターが正社員になれることってある?】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 07:13:05.87 ID:CAP_USER9.net

    NEWS ポストセブン 12/24(土) 7:00配信

    「試算してみたんです。家賃、水道、光熱費の生活費を折半した場合の収支。食事を作ってもらった場合と、外食との比較、家事代行スタッフを頼んだ時との比較」

     ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主人公・津崎平匡(星野源)のセリフ。家事労働を請け負い、給料をもらうという契約の元で「結婚」した、みくり(新垣結衣)に示された「給料」は年収304万(>>2013年、内閣府が家事など「無償労働」を金額に換算した結果)で月給19万4000円──この金額に大激論が起きている。

    「それって“主婦のお値段”と同じってことでしょ? 意外に高いじゃない。もっと夫にお小遣いもらわなきゃ」というのは早合点。みくりの場合、雇用契約条件は、1日7時間勤務のフレックス制、週休2日で生活費は折半(月給から天引き)。ここで重要なのは生活費の折半で、家賃15万円、光熱費2万5000円、食費3万円という生活費折半分の10万2500円を月給19万4000円から天引きする。つまり手元に残るのは毎月9万1500円という計算だ。

    「生活費を差し引くという概念を持っていなかった」というのが多くの人たちの意見。「9万円もらえれば万々歳」という人から「生活費を天引きされると手取りが少ない」という文句の声も。

     一方夫は、「おれの小遣いより高い!」「支払うならもう家事の分担はしない」などこちらもさまざまな意見。「毎日みくり並みのクオリティーでやってくれればいくらでも支払う」と言われて悔しい思いをしたという主婦もいれば、「ベビーシッター代はオプション。残業代もしっかり計算して交渉した」と強者妻も現れ、全国の家庭で喧々諤々。

     家事といっても食器洗い、掃除、洗濯、ゴミ出し、アイロン掛け、風呂掃除、買い出し…と多岐にわたり、個人のレベル差も大きいため一概に時給化することは難しい。

     それでも家事代行に憧れる若い女性は増加中。『逃げ恥』を監修した家事代行サービス業者・ベアーズの高橋ゆき副社長によれば、「18~24才の応募者は1.5倍、都内に限ると2.6倍増」だという。

     適度な家事をこなしながらへそくりをしつつ、自由にするのがいいか、キッチリ家事で給与制がいいか…。あなたはどっち?

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161224-00000008-pseven-soci



    【『逃げ恥』で応募者激増の家事代行、月給19万円は安い?】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 13:16:19.53 0.net

    僕は大卒です!



    【簿記2級に5回落ちましたなぜこんな簡単な試験に5回も落ちるのでしょうか?】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/18(日) 15:00:51.59 0.net

    ttp://news.yahoo.co.jp/feature/372
    奨学金を借りても足りず、アルバイトに追われ単位が取れない。バイトを減らせば学費が払えない――。そんな状況に追い込まれた末に大学を中退し、安定した就職先に就けず、奨学金の返済ができなくなる
    「中退難民」が相次いでいる。中退すると、学業の機会が閉ざされるだけでなく、就職もより厳しくなり、多額の奨学金の返済だけは残る。「中退難民」の危機にある若者たちを追った。
    家賃払えず宿無し生活
    都内の国立大学に通う大学4年生の雄也さん(仮名・24歳)は、3年生の時に「ホームレス学生」になった。「1年間、大学の構内や公園、友達の家を転々としていました」雄也さんは淡々と振り返る。
    6年前、大学入学と同時に熊本から上京。アパートで一人暮らしを始めた。3人兄弟の長男で父子家庭に育ち、父親の年収はおよそ300万円。父親からの仕送りはなく、大学の授業料や生活費のすべてを自ら賄うしかなかった。
    国立大学の授業料は年間およそ50万円、年度末の支払いのためには毎月4万円を貯金しなくてはならない。さらに、アパート代や生活費、教科書代などを含めると、1カ月当たり、18万円ほど必要だ。奨学金8万円とアルバイト代10万円で賄おうと考えた。
    だが、大学に通うためにはほかにも様々な費用がかかった。ゼミ合宿の費用やレポートを提出するためのパソコンやプリンター、インターネットの通信料など、出費はかさむばかり。アルバイトに明け暮れるあまり、
    留年してしまったため、奨学金が止められてしまった。奨学金の分を補填するために、さらにアルバイトの量を増やしたがそれでも足りず、ついにアパートの更新料が払えなくなってしまった。1年間の宿なし生活。
    いまは家賃2万円の物件を見つけ一人暮らしをしているが、厳しい状況が続いた結果、4年生になっても卒業に必要な単位の3分の1を残したままだ。

    過酷なアルバイト勤務が学業に影響
    アジアを舞台にした仕事をしたいと夢見てきた。大学を何とか卒業するために、鉄道会社で泊まり勤務のアルバイトを始めた。夕方、大学の授業が終わると、アパートで自炊して100円以内で夕飯を済ませる。
    そして午後6時半から翌朝9時まで勤務するという生活を続けた。収入は14万円ほどになったが、過酷な勤務は学業に影響する。雄也さんが通っている国際関係の学部は語学の授業も多く、予習・復習が欠かせない。
    アルバイト先にテキストを持ち込み、休憩中に勉強をしていたが、睡眠不足で授業に出ても身が入らない。現時点ですでに留年は2回。卒業が危ぶまれる状況だ。ある日、ゼミの教官から「大丈夫か」と声をかけられ、
    事情を打ち明けたことがあった。返ってきた言葉に雄也さんは愕然とした。「学生の本分は勉強なんだから、勉強しなさいと言われたんです。そんなことは、言われなくてもわかっている。でも、アルバイトをしないと飯も食えないし、
    授業料が払えない。抜け出せない負のスパイラルにはまっているからこそ相談したのに・・・」

    泊まり勤務を続け、授業の合間に仮眠をとりながら、1年間で全単位の3分の1をとらなければならない。中退をすれば、残されるのは480万円の奨学金の返済だけだ。
    「中退をしてしまうと、奨学金を借りて、ここまで苦労してきた大学生活がなんだったのか、今までの人生の意味も分からなくなってしまいます。しかも、中退後にこれだけの奨学金を返せる仕事に就けるという保証はない。
    もういっそ、死んでしまおうかと思ったこともあります」
    東京大学大学院の小林雅之教授らが今夏発表した「大学中退者調査」によると、経済的に苦しく中退した人は31%に上った。全国の大学生を対象にインターネットで行った神奈川大学の調査によると
    「授業料や生活費を稼ぐためのアルバイトによって学業に支障をきたした」と答えた学生は、およそ6割。「金銭的な事情で中退も考えたことがある」と答えた学生は、5人に1人に上っている。



    【奨学金「中退難民」の危機―――バイトに追われ卒業できない】の続きを読む

    このページのトップヘ