ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2017年01月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/24(土) 11:10:13.44 ID:CAP_USER.net

    http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/nhk_black_b_13828782.html

    このニュースをNHKが定時ニュースの中で全国的に報道したことは「ブラック企業大賞」の関係者の間で大きな話題になった。
    今回で5回目を迎える「ブラック企業大賞」の実行委員会。
    ニュースの原稿にあるように「労働問題に取り組む弁護士やNPO、ジャーナリストなど11人の委員」
    からなるゆるやかなグループで、私も委員の一人を務めている。

    長時間労働や過労死、過労自殺などの悲劇をなくすために、社会に注意を喚起しようと始めた市民運動的なイベントが
    「ブラック企業大賞」だ。過労死や過労自殺など働く人間の命にかかわるような労働事件が起きても、
    日本では企業の名前がなかなか実名で報道されることが多くないので、せめて「ブラック企業」だ
    と名指しすることで反省を促そうと5年ほど前に開始した。 

    あくまで、注意喚起が目的なので、権威ある人間たちが厳正な審査の末に選ぶ「賞」とは性質が違う。
    むしろ賞に選ばれることは企業にとっても不名誉であり、もらってもありがたくない「賞」なのだ。
    このため、前の4回は、表彰式の会場に大手テレビ局のカメラクルーや大手新聞社の記者たちが取材で来ることはほとんどなかった。
    いきおい取材にやってくるのは、ネットでの記事配信や映像ニュース配信、さらには紙媒体も週刊誌やスポーツ紙、
    夕刊タブロイド紙など、どちらかというとマイナーなメディアばかりだ。

    ましてや全国ニュース用にテレビカメラが入る、ということは一度もなかった。
    ところが12月23日に表彰式が行われた今年、どの企業が「ブラック企業大賞」に選ばれるかということにこれまでにないほど関心が集中し、
    大勢のメディア関係者が会場に集まった。
    理由はいうまでもなく、電通の過労自殺の事件である。

    (中略)


    去年のクリスマスに自殺した高橋まつりさんが残したツイッターの文面を改めて振り返り、「働くの辛すぎ」
    「神様、会社行きたくないです」などの言葉を読み上げた。
    その上で、ニュースでは電通に対して今年11月に厚生労働省が強制捜査を行ったことやそれを受けて
    電通が労働環境の改善に取り組んでいることを伝えた上で、現役の電通社員の覆面インタビューを報道した。
    長時間労働の対策では一定の効果が出始めている、としつつも、高橋さんの自殺が明らかになる前には新入社員に対してパワハラともいえる厳しい対応が行われていたと明かす。
    「新入社員は3ヶ月まったく休みなく土日も出て仕事するのが当たり前のように言われたり、個室に詰め込み、
    個人的なことまで含め誹謗中傷して『死ね』やそれに近いことを2~3時間浴びせ続ける説教は多く起こっている。」
    こうした企業の体質は本質的には変わっていない、という。

    「俺はこれを乗り切ったからお前も乗り切れる」
    「乗り切れないと電通マンになれない」という風土が根強く残っているのではないか。
    それが原因で(高橋さんの)事件が起きたと思っているが多くの社員は反省しようとしていない。
    NHKは、電通についてのニュースに続いて、新人の教員についても、精神疾患やその果ての自殺について報道し、
    過労死や過労自殺の問題が今、いろいろな職場で起きていること、そして対策が社会全体で急がれることを伝えている。

    こうした報道姿勢は「ブラック企業大賞」の委員たち一人ひとりの思いと同じだと思う。
    市民レベルの社会運動や活動のひとつにすぎない「ブラック企業大賞」。
    それをわざわざ全国ニュースのなかで大きく取り上げたNHKの勇気に敬意を表したい。
    高橋まつりさんが苦しみのあまり自殺したのはクリスマス。
    あれからちょうど1年後のクリスマスがやってきた。
    メディアはどんな責任を果たすことができるのだろう。



    【【ブラック企業大賞】「電通」受賞、NHKが大手メディアとして初めて全国的に報道する異例の事態】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 18:04:00.45 0.net

    いい上司持ったわ



    【上司「今日ノー残業デーだろ?終わったら係の全員で飲みに行こう!」】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/18(月) 18:13:03.57 ID:CAP_USER.net

     リクルートホールディングスが18日発表した2019年の新卒採用の調査で、大学生・大学院生の採用が18年より「増える」と答えた企業は15.8%となった。8年連続で「増える」が「減る」(5.1%)を上回った。人手不足が続くなか、企業の約4割が初任給の引き上げを実施もしくは予定しており、待遇面を改善して人材の確保につなげようとしている。

    調査は全国の6992社を対象に10~11月に実施し、4669社から回答を得た。大学生・大学院生の採用見通しを業種別でみると、「増える」と回答した割合が最も多かったのは飲食サービス業(28.6%)だった。次いで半導体・電子・電気部品(21.9%)、小売業(21.6%)が多かった。

     19年卒の採用で「増える」と回答した企業の割合は、比較可能な期間である11年卒以降で最も高い。リクルートワークス研究所の古屋星斗研究員は企業の採用意欲が堅調な見通しについて、「人手不足感が増していることに加えて、企業の業況感も良くなっていることが大きい」と分析する。

     給与などの待遇面を見直して人材を確保しようとする動きも出ている。「新卒の人材確保のために初任給を引き上げているか」を聞いたところ、「既に取り組んでいる」と「今後取り組む予定である」の合計が42.5%だった。従業員の規模別では「300~999人」が51.2%と最も多く、「1000人以上」(47.5%)を上回った。人手不足に悩み、給与面での待遇改善を進めている中堅・中小企業が多いという。

     ただ、初任給の引き上げが人手不足を解消する特効薬になるかというと、現実はそんなに甘くないようだ。古屋氏は就活生が企業を選ぶ際に「給与は条件のトップ5には入るが、最も気になる点ではない」と指摘している。

     最近は仕事と私生活を両立する「ワークライフバランス」を企業選びの軸にする学生も目立つ。「入社後はどんなキャリアパスが描けるかなど、働く意義をアピールしなければ学生は集まらなくなっている」(古屋氏)。「超売り手市場」が続くなか、学生が企業を選ぶ目はますます厳しくなりそうだ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24767230Y7A211C1XXA000/



    【19年の新卒採用、「増える」は15.8% リクルート調べ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 20:48:06.00 0.net

    無資格者はとらないのでしょうか?
    最底辺の介護職に4社も落ちるとは信じられません



    【無資格・無職歴38歳ですが介護職を4社受けました、4社落ちました】の続きを読む

    このページのトップヘ