ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2017年01月

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:04:51.63 0.net

    会社の新年会で椎名林檎似の美人経理が酔っ払ってレズだと言って来たので
    俺も酔ってたのでレズってどんなエッチすんのとか聞いちゃって
    そしたらその女が俺の直属のパワハラ上司にその事を報告
    上司がブチ切れて俺に「お前を生んだ親の顔が見てーわ!」とみんなの前で発言
    その場にいた無関係な同僚(あまり仲良くない)が何故か別の上司にその発言を報告
    パワハラ上司が呼び出され謹慎
    パワハラ上司が明日俺に謝罪する為だけに出社して、その後辞めるとの報告を課長から受ける
    イマココ



    【俺が職場で大変なことになってる件】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:33:34.01 0.net

    宅建士 簿記2級 ホムヘル2級 FP3級
    を持ってるが高卒です
    大学受験の時もっと頑張ってれば
    もっとましな人生おくれたようなきがする
    低学歴って大卒にバカにされてる気がするし



    【大人になって資格勉強に目覚めたが大学受験の大事さを知った】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 14:44:36.37 0.net

    女ばっかりでしょ



    【男でも事務のバイトって受かるの?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/15(日) 10:35:03.38 ID:CAP_USER.net

    https://dot.asahi.com/aera/2016121200217.html

     大学が、世間と隔離された「象牙の塔」と言われたのはまさに「今は昔」。国からの補助金も削られ、
    若年人口も減少する中、自ら「稼ぐ」ことなしに生き残りを図れない傾向が強まっている。働く環境の悪化に苦しむ教職員。
    経営難の地方私大の中には「ウルトラC」の離れ業で大逆転を狙うところも出てきた。そんな大学
    の最新事情を12月19日号のAERAが「大学とカネ」という切り口で特集した。

     40歳で年収1千万円超。定時勤務で休みも取れるそんなイメージがあった「大学職員」というお仕事。今、そんな現場に変革の嵐が吹き荒れている。

    *  *  *
     そういえば、だいぶ変わった。職員の顔ぶれを見て、東京都の私大職員の女性(37)は思う。
     大学院や留学を経て、新卒として入職して11年あまり。当時は就職氷河期で、優秀な先輩や同期が就職活動に苦労し、
    就職後は過酷な就労環境にさらされるのを見てきた。
     自分は体力があるほうではないし、競い合うのも苦手。
    「学生時代に大学の図書館でアルバイトをしていました。職員はあくせくしておらず、物腰は丁寧で、定時にきっちり帰る。
    そういう『大学らしい』環境に引かれたんです」
     だから、この職場を選んだ。
     ところが、配属された先の課長は、当時は珍しかった企業出身者。大学らしい働き方を全力で否定する、企業系大学職員の先駆け的存在だった。
    「定時で帰れることはなく、あらゆることにダメ出しをくらいました。いわゆる『しごき』だったのかもしれませんが、1、2年目は本当につらかった」

    ●崩れる年功序列
     新人に業務を教えるという土壌がなかった。
     経理課に配属された同期が、泣きながら仕事をしているのも見た。入職1年目で補助金の申請業務を担当していた。
    「学部のことを理解していなければ務まらない。新人がやれる仕事ではなかったと気づいたのは、かなり後になってからです」

    憧れてなった大学職員。しかし現場は、よく言えば世間の影響をあまり受けず、悪く言えば閉鎖的な空間だった。
    明確な評価基準は存在せず、昇給は年功序列。抜擢や昇進は「上司に気に入られたから」。技量にかかわらず、管理職が大きな権力を持っていた。

    (続きはサイトで)



    【大学職員というお仕事「勝ち組」今は昔】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/14(土) 11:00:21.88 ID:CAP_USER.net

    http://best-times.jp/articles/-/4271

    新卒入社の若者に対し言われることの多い「まずは3年働け」という言葉。「3年以内離職率」という指標もあるように、「3年」という
    年数がある程度の説得力をもって使われることは多いようですが、林先生は、「まずは3年」という考え方についてどのように思っているのでしょうか。

    「この会社で自分はトップ争いに加われないな」と思ったときも同様
     僕は新卒で入った長銀(日本長期信用銀行)を5か月で辞めた人間なので、「まずは3年働け」なんて言ったことはないですし、言う資格もありません。


     長銀を辞めたのは、入行してすぐに「この銀行はいつか潰れる」と、感じたからです。このバブルに浮かれ立つ人の中にいても、得るものはないと思ったので、スッパリ辞めました。
    ただ、実際破綻したのは9年後でしたし、辞めた後の3年くらいはよくわからないことばかりしていたのですかから、「まずは3年」働いたほうがよかったのかもしれません。(笑)

     会社って入ってみないとわからない部分が多いと思うんですよ。入社前に、問題点をちゃんと教えてくれるような会社は、あまりありませんからね。実際に働いてみて、会社の将来性に不安を感じたらさっさと辞めるという判断を、僕は否定しないし、できません。

     入ってみたら、会社の将来性に疑問を抱くようになった、あるいは周りの社員を見て「この会社で自分はトップ争いに加われないな」と思い、しかも二番手としてやっていく覚悟もできないのであれば、辞めるという判断も十分あり得ると思います。
    たとえば、デザイナーの事務所に入ったものの、どう見ても他のデザイナーがすご過ぎて、ちょっとやそっとじゃ追いつかないと思ったようなとき、そこで頑張り続けることに意味があるかどうか。

    (続きはサイトで)



    【林修が「まずは3年働け」の定説に異論 「会社の将来性に不安を感じたらさっさと辞める判断もあり」】の続きを読む

    このページのトップヘ