ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2017年09月

    1: ノチラ ★ 2017/09/14(木) 12:56:58.40 ID:CAP_USER.net

    人工知能(AI)やロボットが銀行の雇用を奪うのか――。米大手銀シティグループの元最高経営責任者(CEO)のビクラム・パンディット氏は13日、「銀行の仕事の3割は今後5年間で消滅する可能性がある」と米ブルームバーグテレビのインタビューで語った。AIなどが既存の業界秩序の地殻変動を引き起こす「ディスラプション」はあらゆる産業でホットな話題だが、金融界の危機感はとりわけ強いようだ。

     パンディット氏は2…
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14H8D_U7A910C1000000/



    【AI・ロボで「銀行の仕事3割消える」 シティ元CEO】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/09/13(水) 17:07:47.63 ID:CAP_USER.net

    世界経済フォーラムは13日、それぞれの国がどれだけ健康で教養のある人材を育成して維持できるかを示す2017年の「人的資本指数」を発表した。日本は調査対象130カ国のうち17位で、前年の4位から急落した。今年から指数の算出方法が変わり、雇用における男女格差の比重が上昇。女性の社会進出が遅れている日本に不利に働いた。

     今回のランキングで重視された「雇用の男女格差」を年齢別に見ると、日本は15~24歳に限れば世界で最も平等。だが25~54歳では69位で、それ以上の年齢枠でも50位以下にとどまっている。算出方法の変更で人口構成の違いも大きく影響するようになり、高齢化が進む日本は順位が大幅に低下した。

     世界ランキングの上位は首位がノルウェーで、フィンランド、スイスが続いた。上位10カ国は4位の米国と7位のニュージーランドを除き、8カ国を欧州勢が占めた。アジア太平洋ではシンガポールが11位、オーストラリアが20位に入った。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASGT13H0S_T10C17A9EAF000/



    【日本の人材育成力、17位に急落。世界ランキング】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/09/12(火) 21:19:27.25 ID:CAP_USER.net

    システム開発を事業としてウェブサイトに記載している企業の中には、実際には到底システム開発の会社とは言えず、その実態はほとんど派遣企業である場合があります。しかも本当の派遣企業ではなく、実態は派遣なのに契約形態は請負契約や準委任契約としている偽装請負という違法行為を行っている企業が大量に生息しているというのが今のIT業界の実態です。

    他業界からするとIT業界の客先常駐は派遣契約で行われていると思ってしまっている方が結構いらっしゃるようですが現実は違います。きちんとした派遣契約でエンジニアが派遣されるケースの方がレアケースで、多くの場合は偽装請負が行われているという状況です。

    これは将来エンジニアを目指す学生や、システム開発を発注したいと思っている企業にとっては害悪でしかありません。普通のシステム開発会社で働くことを目指す学生に誤解を与えないためにも、実態がシステム開発会社ではないのに開発会社を名乗るべきではありませんし、普通のシステム開発会社に発注したい企業に誤解を与えないためにも、こうした会社はシステム開発の会社を名乗るべきではありません。

    これまでもちょくちょく客先常駐の特徴はブログで書いてきたのですが、まとまった記事として書いたことはなかったことと、学生や顧客企業がこうした企業に騙されないようにするためにも、実態がシステム開発会社ではないにも関わらず、表向きは開発会社を名乗っている企業の見分け方をまとめてみました。

    協力会社(ビジネスパートナー)を募集している

    人売りを稼業としている企業はエンジニアを人身売買のように右から左に流します。その結果として業界構造としては多重下請け構造が当たり前となっています。
    http://axia.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/16105234/079e1cf1a615b9813abd87a4bc3ef716-1-e1497577954167.jpg

    エンジニアを他社に派遣するわけですから本来であれば派遣契約が結ばれるべきですが、正式な派遣契約だと多重下請けが法律で禁止されてますから多重下請け構造は成立しません。彼らが派遣契約の形を取らずに偽装請負を行う理由の一つです。派遣法で禁止された多重派遣が常態化しており、中間マージンの搾取が横行し、まさにやりたい放題の状態です。

    こうした企業にとってはいかに案件の情報とエンジニアの情報をかき集めてきてマッチングさせるかという点が肝ですので、常に横のつながりを拡大しようとしています。というよりもどれだけ横のつながりを拡大させることができるかが全てと言っても良いでしょう。

    横のつながりを拡大させるためにSESを行っている企業では、多くの場合会社のウェブサイトに「協力会社(ビジネスパートナー)募集」の記載があります。このページを見て彼らはお互いに問い合わせをして横のつながりを作るのです。

    SES企業でなくても協力会社を募集していることはありますので、協力会社を募集していたからといってそれだけでSES企業確定というわけではありませんが、SES企業であればほぼ確実に協力会社(ビジネスパートナー)の募集を行っていると考えて良いでしょう。

    取引先が同業者ばかり

    社員数の割にオフィス規模が小さい

    勤務場所が「東京23区」となっている

    勤務時間が「客先に準ずる」となっている

    月1回の帰社日をアピールしている

    飲み会や社員旅行の写真ばかりで仕事風景の写真がない

    飲み会の写真の人達の服装が全員スーツ

    http://axia.co.jp/2017-09-12



    【人売りIT派遣企業(SES・客先常駐)の見分け方】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/10(日) 12:53:32.85 0.net

    情けなくて涙でた



    【【悲報】俺ニート(33)、茶碗を洗っただけで母ちゃんに誉められる】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/09/11(月) 14:49:25.69 ID:CAP_USER.net

    人材紹介大手のパーソルキャリア(東京・千代田)が11日発表した8月の中途採用の求人倍率は前月に比べて0.13ポイント高い2.44倍だった。サービスや小売・外食といった業種で求人数が伸び、5カ月ぶりに前月を上回った。

     求人数は前月より0.5%増え、33カ月連続で過去最高を更新した。業種別ではサービスが同3.2%増と大きく伸びた。中小の不動産や建設関連の求人が活発だった。小売・外食は同3.0%増。大手チェーンを中心に店舗スタッフの募集が多い。「週休2日制や勤務地域限定など、求職者の働きやすさを意識した案件が増えている」(パーソルキャリア)

     職種別では技術系(化学・食品)の求人数が前月に比べ5.5%伸びた。機能性素材の開発を担うエンジニアの採用が活発になっている。専門職も増えた。金融関連で投資運用経験者などの求人が多い。

     パーソルキャリアは9月について「3月期決算の企業が上半期の採用活動にめどをつけようとするため、求人数はさらに増える」と予想している。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ11H0H_R10C17A9000000/



    【中途求人倍率2.44倍に上昇 8月、求人数は33カ月連続で最高】の続きを読む

    このページのトップヘ