ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2018年02月

    1: ノチラ ★ 2018/02/10(土) 04:22:25.82 ID:CAP_USER.net

    政府は6日の閣議で、今国会に提出予定の働き方改革関連法案に盛り込まれる裁量労働制について、雇用形態や年収に関する要件はなく「契約社員や最低賃金で働く労働者にも適用が可能だ」とする答弁書を決定した。

    裁量労働制は実際に働いた時間にかかわらず、事前に労使で取り決めた分だけ働いたと見なす。指示を受けずに仕事の進め方を決めることができる人を対象としているが、長時間労働を助長するとの批判もある。実際に裁量がない人にも拡大される恐れがあるとして、野党は反発している。

    政府はこの制度のうち、事業運営の企画などを担う「企画業務型」の対象業種拡大を法案に明記する考えだ。
    https://this.kiji.is/333447181561136225



    【契約社員も裁量労働に 「適用可能」と政府答弁書】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/13(火) 17:29:16.71 ID:CAP_USER.net

    2月といえばバレンタイン。以前ほどではないにしろ、今でも職場でバレンタインデーという行事は行われているのでは。そこで、職場でのバレンタイン“あるある”をみていきましょう!

    ●義理チョコが横流しされている

     甘いものが苦手な男性は多いもの。自分があげたチョコが、知らないうちに甘党男性社員のもとにいっていたなんて、よくあるお話ですよね。渡した女性も横流しされた男性も、いい気分はしないのでは?

    ●職場でのチョコ渡しに反対の社員がいる

     2017年のm3.com意識調査『職場でチョコ、どう思う?』では、職場で同僚に義理チョコを渡す慣習について、女性は52.1%、男性は55.9%が反対と答えています。あなたの職場でも、約半数はあまりいい思いはしていないと覚えおきましょう。

    ●お返しをもらいたいがために値を張る

     とくに本命がいるわけでもないのに、チョコを渡す女性社員。実は、ホワイトデーのお返しをもらいたいがためということも……。

     40代を過ぎた男女にとって、バレンタインは勝負がかかった大事な日。朝からドキドキ、ソワソワしたものです。でも、こうしてみると、男女ともに、徐々に意識が変わってきているようですね。そんな今年のバレンタインのトレンドは、2017年の流行語大賞にも輝いた「インスタ映え」という路線がきそうです。賛否両論のある職場では、インスタ映えを意識しつつも、大人しめに実施したほうがよさそうですね。
    https://asajo.jp/excerpt/46087



    【ドキドキしたのは遠い昔?バレンタインデーの“職場あるある”】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/06(火) 20:19:44.69 ID:CAP_USER.net

    日本郵政グループ労働組合(JP労組)は2018年の春季労使交渉で、非正規社員にも扶養手当や年末年始勤務手当を支給するよう要求する。正規・非正規の差を縮め、政府が掲げる同一労働同一賃金制度の導入にいち早く対応したい考えだ。郵政事業も人手不足は深刻で、今春の交渉は非正規の処遇改善が焦点のひとつになる。

     15~16日に開く中央委員会で提案し決める。手当はこれまで、正社員のみが対象だった。差があるのは客…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26584380W8A200C1EA2000/



    【郵政労組「非正規に手当」要求へ 同一賃金いち早く】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/06(火) 08:31:37.20 ID:CAP_USER.net

    人口減少が進む中、若い人材を地域で確保しようと、大学などを卒業後、地元の企業に就職することなどを条件に県や地方自治体が奨学金の返済を肩代わりする動きが全国に広がっています。
    奨学金の返済を支援する動きは地方の過疎化対策として3年前、国が通知を出して、積極的な制度づくりを促しています。

    文部科学省などのまとめによりますと、これまでに少なくとも青森、新潟、富山、高知、鹿児島など24の県、それに15の市で制度が作られていて、このうち、富山県では、基幹産業の医薬品を支える人材不足を解消するため、県外の薬学部を卒業した学生がUターンをして指定する企業に就職すれば返済を支援します。

    また東日本大震災の被災地、宮城県石巻市では、学校を卒業したあと看護師や保健師、それに保育士などの職種に就き、市内の事業所で働けば返還を支援していて、震災後の人口流出に歯止めをかけて復興を進めたい考えです。

    奨学金の返済支援は、学生のUターンなどの後押しになると期待されていて、自治体が予算を組んだり基金を作って国からの特別交付税を受けて運営したりしています。

    今後、人材の確保につながるかどうかは返済支援の原資となる財政基盤を安定させられるかどうか、また学生が希望する仕事を地元で確保できるかどうかが、鍵となっています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316431000.html



    【奨学金の肩代わり返済広がる 地元企業への就職条件に】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/02/10(土) 13:53:48.89 ID:CAP_USER.net

    企業の採用選考に人工知能(AI)が使われ始めている。志望動機や経験談などを記入するエントリーシート(ES)の精査や性格診断だけでなく、実際の面接にまで登場。AI面接官はデータで判断するので、人のように相手の外見による印象などに左右されにくく、客観性や公平性が高い。ただ、全てを任せるには技術的な信頼性に欠けるとの声もある。

    ■「外見で判断されず」安心感

    「学生生活で頑張ったことを教えてください」

    面…

    2018/2/10 12:15
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26786040Q8A210C1905E00/



    【人間より公平で客観的?企業に広がるAI面接官】の続きを読む

    このページのトップヘ