ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2018年08月

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/07/20(金) 15:21:19.13 ID:CAP_USER.net
     2017年に発足した日本ディープラーニング協会(JDLA、東京・港)の活動が活発になってきている。18年7月には、人工知能(AI)の検定試験「G検定」合格者の交流イベントが開かれた。将棋AI開発のHEROZも協会に正会員として加入する。ソフトウエアエンジニア向けの本格的な試験も9月に控えている。JDLAが起こした運動が産業界にも広がり始めている。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20180720/96958A9F889DE1E1E0E2E1E2E5E2E0E2E2E5E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3320303020072018XY0001-PB1-1.jpg
    岡田事務局長は、約180人の合格者を前に「この景色が見たかった」と叫んだ

    https://www.nikkei.com/content/pic/20180720/96958A9F889DE1E1E0E2E1E2E5E2E0E2E2E5E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3320305020072018XY0001-PB1-1.jpg
    G検定の成績優秀者らと写真に写る松尾豊東京大学特任准教授(前列右から6人目)

     「皆さんが、ディープラーニング(深層学習)を世界に広げる役割を担ってください」。東京都内で開いた合格者の集いで、JDLAの岡田隆太朗事務局長はこう叫んだ。これまで2回行った試験では合計3495人が受験し、1959人が合格している。この日は、大手システム開発会社や飲料メーカー、AIスタートアップの開発者など約200人が一堂に会した。

     JDLAは、東京大学の松尾豊特任准教授が理事長を務める一般社団法人で、AIスタートアップのアベジャ(東京・港)の岡田陽介最高経営責任者(CEO)や、ブレインパッドの草野隆史会長などが理事に名を連ねる。

     問題意識は、「AIをブームで終わらせない」の一点につきる。深層学習が何が得意で何ができないのか。技術を扱う上では基本的なことを民間企業の役員などに伝える。G検定が狙うのは企業の上層部など、AIをビジネスに使う側だ。「仕事を発注する側のリテラシーが上がればいいと思う」(松尾特任准教授)

     こうした取り組みは産業界にも波及している。マーケティングやプロモーション事業の西川コミュニケーションズ(名古屋市)は、社員数百人に情報通信機構(NICT)のAI白書や深層学習関連の書籍を読ませ、G検定を受けさせているという。大手自動車部品企業も、技術の見極めができる目安となるG検定を社内で重視し始めた。「工場などをIT(情報技術)化した時に、専門家に任せすぎて失敗したことが背景にあるようだ」(岡田事務局長)

     過去2回のG検定では、受験者の半数以上をシステムエンジニア(SE)やIT技術を扱う人だった。しかし問題意識を持つ一般企業の社員の合格者も多い。大手飲料メーカーの経営企画・財経本部の課長職の男性は「業務効率化などに生かしたい」。最近まで保育士だったという杉本美緒さんは「AI関係の仕事をする父の手助けになれば」と半年足らずの猛勉強でG検定に合格した。

     情報技術に触れてこなかった人にとってAIにつかう数式や深層学習のアルゴリズムはとっつきにくい。しかしJDLAをはじめとした普及活動で少しずつ裾野が広がってきている。 (矢野摂士)

    2018/7/20 14:59
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33203070Q8A720C1000000/

    【AIの知識を問う「G検定」 合格者の裾野広がる】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/23(月) 18:54:48.88 ID:CAP_USER.net
    アイリスオーヤマは7月23日、同社の「サポート・問い合わせページ」にAI(人工知能)を用いた自動応答システムを導入したと発表した。ユーザーが入力した質問内容に応じ、回答候補を表示する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/23/ne_aiailis_01.jpg

     ユーザーが問い合わせをしたい製品のカテゴリーを選択し、質問内容をテキスト入力すると、AIが適切と判断した回答候補を複数表示。例えば、製品カテゴリー「エアコン」で「動かない」と入力すると、「エアコンが動かない」「エアコンが冷えない」といったケースの回答へと誘導する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/23/ne_aiailis_02.jpg

    AIベンチャー・エーアイスクエア(東京都千代田区)のAI自動応答システム「QuickQA」を採用。アイリスオーヤマが持つQ&Aのデータベースを活用し、自動応答のアルゴリズムを生成した。ユーザーの質問や回答内容を蓄積し、分析と学習を繰り返すことでサービスの精度を上げ、商品開発にも役立てるという。

     自動応答で解決しない場合は、従来通りサポート窓口に電話、ファクシミリ、メールなどで問い合わせるよう案内している。
    2018年07月23日 17時46分 公開

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/23/news117.html

    【アイリスオーヤマ、問い合わせサポートにAI自動応答システム導入】の続きを読む

    1: ラテ ★ 2018/07/23(月) 20:34:57.35 ID:CAP_USER.net
    神奈川県を中心にドラッグストアを展開するクリエイトエス・ディーで、従業員の出退勤時間を15分単位で切り捨てる処理がされて、時間外賃金が未払いになっているなどとして、神奈川県内の店舗につとめる30代女性が7月23日、労働基準法違反の是正をもとめて、厚木労働基準監督署に申告をおこなった。

    クリエイトエス・ディーは、クリエイトSDホールディングス(横浜市/東証1部)の子会社で、アルバイト含めて、約8000人の従業員がはたらいている。女性の代理人弁護士によると、同社は、従業員がタイムカードで打刻した時間があるにもかかわらず、15分単位で切り捨てる処理をおこなうなどして、実際の労働時間を少なく処理しているという。

    たとえば、タイムカードの打刻開始が「12時46分」で、打刻終了が「22時20分」だったとすると、開始時刻が「13時00分」で、終了時刻が「22時15分」として処理されていた。行政通達の解釈から、1日単位で端数処理(四捨五入や切り捨て)をしてはいけないとされている。代理人によると、会社全体で数億円規模の未払い賃金が発生しているという。

    すでに女性は会社を相手取り、未払い賃金を支払うよう求める訴訟をおこなっている。今回、自分の賃金未払いだけでなく、全従業員についても是正をもとめた。この日、東京都内で記者会見を開いた女性は「会社側の対応は不誠実だと思うことがある。全員に対して、ちゃんとしてほしい」とうったえていた。

    弁護士ドットコムニュースは、クリエイトエス・ディーに対して問い合わせしている。回答があり次第、追記する予定。

    (弁護士ドットコムニュース)2018年07月23日 17時07分
    https://www.bengo4.com/c_5/c_1224/c_1657/c_1658/n_8242/

    スレ立て依頼スレ@ビジネスnewsより依頼

    【タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬局従業員、労基署に「是正」求める】の続きを読む

    このページのトップヘ