ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2018年10月

    1: ばーど ★ 2018/10/27(土) 20:20:33.50 ID:CAP_USER9.net
     政府は、2018年度の国家公務員給与を増額するよう求めた8月の人事院勧告を受け入れる方針を決めた。24日に開かれた自民党の会合で引き上げに必要な給与法改正案を示し、了承を得た。近く閣議決定し、臨時国会に提出する。成立すれば月給、ボーナスとも5年連続の増。

     一般的な職員で月給を前年度より平均655円(0.16%)引き上げ、4月にさかのぼって差額を支給。ボーナスは夏、冬を合わせ月給の4.45カ月分(0.05カ月増)とする。平均年収は3万1千円プラスの678万3千円になる。

    2018/10/24 17:36
    共同通信
    https://this.kiji.is/427747672275666017

    ★1が立った時間 2018/10/24(水) 17:50:33.96
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540533312/

    【国家公務員の給与増額へ 政府、臨時国会に法案 月給、ボーナスとも5年連続の増】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/28(日) 19:28:04.12 ID:CAP_USER.net
    ソフトウエアをクラウド上で利用する「SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)」が急速に広がってきた。導入の黒子役はスタートアップ企業だ。労務管理や営業支援といった幅広い分野のソフトを開発し、顧客を増やしている。継続課金による収入の安定性を評価した投資家の資金を集め、国内各社が調達した金額は1千億円に迫っている。

    SaaS(サース) クラウドサービスの一種で、インターネットを介してソフトウエア…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36980290W8A021C1FFR000/

    【日本は「SaaS元年」、スタートアップが引っ張る】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/10/28(日) 08:07:09.35 ID:CAP_USER.net
     政府の有識者会議が「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制強化策についてまとめた中間報告書案が27日、明らかになった。専門家による監視チームの新設や、企業との取引条件など重要情報の開示の義務づけを検討するよう提言する。欧州で先行する規制強化の流れを受け、日本政府も取り組みを本格化する。

     有識者会議は11月上旬にも中間報告を公表し、年内に最終報告をまとめる。政府は報告書を踏まえ、年明けから具体的な制度の検討を進める方針だ。

     報告書案は、グーグルやアマゾンなどの巨大IT企業の特徴について、〈1〉社会経済に不可欠な基盤を提供〈2〉市場を設計・運営・管理するが、証券取引所などと異なり特段の法規制を受けない〈3〉この市場は操作性や不透明性が高い――と整理した。

    (ここまで335文字 / 残り675文字)
    2018年10月28日 06時00分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181028-OYT1T50001.html

    【巨大IT企業、情報開示を義務化…政府検討】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/10/26(金) 20:34:30.49 .net
    1回5万円で出社いらずの退職代行が増加 「犯罪者のように上司に引き留められる」煩わしさを解消?

    総務省統計局が公表する労働力調査によると2017年の転職者数は311万人。過去5年をさかのぼると、年々増加傾向にある。
    ”転職熱”が高まる中、あるサービスが話題になっている。

    「退職代行」。文字通り、退職に必要な会社との連絡を担うサービスだ。
    「リピートいただいているお客様もいますよ」。そう明かすのは退職代行サービス「EXIT」を運営する新野俊幸さん(28)と
    岡崎雄一郎さん(29)。新野さん自身もこれまでに3社を渡り歩く経験をしてきたが、退職時の引き留めや調整に苦労したことから
    サービスを立ち上げた。

     昨年春にサービスを開始し、500件近くの退職を代行してきた。今では相談件数が5000件に上り、需要の高さがうかがえる。
    料金は退職1回につき正社員5万円、その他の勤務形態では4万円。オプションなどはなく、退職完了までのやり取りは無制限だ。
    5万という金額をどう見るかは「その人の置かれた状況次第」と新野さんは言う。

    「高いと感じる人は恵まれた環境で働いている人。精神的にすり減って会社のことを考えるだけで吐き気を感じる人も多く、
    そういった方からは安いという声が多いです」(新野さん)

     今年4月にメガバンクを退職した20代男性は最近サービスの存在を知ったという。5万という価格について「安い」としたうえで、
    退職時の苦労をこう語る。

    「まず課長に退職を伝えた際に2週間粘られ、部付部長への報告で2週間粘られ、人事権を持つ部長に行きつくまでに1カ月以上かかりました。
    引き留めの際も『転職しても何もできないぞ』『親御さんが何て言うか分かるだろう』とまるで大犯罪者になったかのような気持ちでした。
    退職前に知っていれば、相談してみたかった」(20代男性)

     EXITは主に会社と依頼者の間に入り、円滑な退職をサポートする。辞表や保険証などのやり取りは依頼者がする必要があるが、
    交渉は全てEXITが担う。7月26日時点での退職成功率は100%。顧問弁護士の指導のもと、大きなトラブルに発展したこともないという。

    https://dot.asahi.com/dot/2018072900030.html

    https://www.taishokudaikou.com/
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【1回5万の退職代行サービス 引き留められず社保や残務もスムーズに。これが高いと思う人は良い会社に勤めてる】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/28(日) 02:06:56.45 ID:CAP_USER.net
    https://japan.cnet.com/storage/2018/10/26/c2ffd96f66eb3c0c80177bc8e8f81c19/04.jpg
     オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンクと、タクシー会社の日本交通は10月26日、車内でオーディオブックを楽しめるタクシー「本のない図書館タクシー」を期間限定で運行すると発表した。

     これは、タクシー車内に備え付けられているタブレットにオーディオブックを収録。乗車時に貸与し、任意の作品を聴くことができるというもの。収録作品は30でジャンルはビジネスからエンタメまで幅広く用意する。タクシーの平均乗車時間18分を想定し、ダイジェストとして編集した内容になっているという。

    運行エリアは東京23区、三鷹市、武蔵野市で、期間は10月29日から11月11日までを予定。ラッピングを施した3台を用意し、さらにそのうち1台は乗務員が書店員の格好をしたラッキータクシー仕様になっているという。

     特設サイトから事前予約が可能で、事前予約での乗車した場合はタクシー運賃と予約料金、迎車料金は無料となる(10km以内)。事前予約は26日から開始している。もちろん期間中は常時運行しており、道や乗り場から予約なしでの乗車も可能。その場合は通常通りのタクシー運賃が必要となる。また高速道路を利用した場合は、別途通行料も必要。乗車した利用者は、audiobook.jpのクーポンとなる「本のない図書館利用者カード」をプレゼントする。
    https://japan.cnet.com/article/35127667/

    【オーディオブックが聴ける「本のない図書館タクシー」--移動中の耳のスキマ時間狙う】の続きを読む

    このページのトップヘ