ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2019年08月

    1: 名無し募集中。。。 2019/07/31(水) 15:26:39.13 0.net
    レコードプレス機オペレーター(短期アルバイト)

    仕事内容
    アナログレコードのプレス工場にて、プレス機を操作し、アナログレコードを製造します。
    短期での募集となります。採用後すぐ勤務開始していただき、年内には終了の予定です。

    応募資格 
    特別な知識や経験は必要ありません。

    勤務地
    横浜市鶴見区(末広工場)

    勤務時間
    8:30~17:30(休憩1時間)

    給与
    時給 1,000円 ~

    https://pbs.twimg.com/media/EAoNG33U0AE6UPx.jpg
    https://twitter.com/toyokasei/status/1155756326749736960
    https://toyokasei.co.jp/new/recruit/index.html
    (deleted an unsolicited ad)

    【横浜でおまえらでもできそうなバイト募集してるぞ! 中年ニートウルファー急げ】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/29(月) 07:26:10.44 ID:CAP_USER.net
    働き方改革はどの程度進んでいるのか。内閣府が東京のオフィス街と繁華街でスマートフォンの位置情報などのビッグデータを分析した結果、若い世代を中心に残業時間が減り、外食やショッピングに時間を充てているとみられることがわかりました

    内閣府はNTTドコモの基地局を通じて東京23区内のエリアごとにスマホや携帯電話の数を計測したビッグデータを使って分析しました。

    その結果、23区全体では昼間の滞在人口が景気回復による働く人の増加を反映して前の年に比べ2.3%増えたのに対し、夜間の伸びは1.2%にとどまり、帰宅時間が早くなっていることがうかがえます。

    また、年齢別に見てみると、20代では昼間の伸びが3.9%だったのに対し、夜間は2.7%にとどまったほか、30代の場合、夜間は2.6%減少しました。

    さらに地域別では金融業などが多いオフィス街では、昼間の人口に比べて夜間の人口が大きく減った一方、飲食業などの多い繁華街では夜間の人口はあまり減っていなかったということです。

    内閣府では「特に20代と30代の男性を中心に働き方改革が進み、残業時間が減った分、外食やショッピングに充てているとみられる」と話しています。
    2019年7月29日 4時10分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190729/k10012011971000.html

    【若い世代中心に残業時間減少】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/07/30(火) 07:13:08.52 ID:pOh1Tmo29.net
    35人が犠牲となった「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件は、国内外のファンに悲しみを与えるとともに、追悼の声と支援の輪が日に日に増す。そこには、作品のファンであることと同時に、「作り手」への強い思いがある。京アニは、どんなスタジオなのか。

    【写真】「たまこまーけっと」の舞台になった商店街の花屋。献花台の花を求める人が訪れていた=2019年7月28日午後0時34分、京都市上京区


     質が高く丁寧な作品づくりを支えたのが、京アニの人材育成や労働環境だった。氷川竜介・明治大学大学院特任教授(アニメ・特撮研究)は「東京一極集中で外注・フリーランスによって回すことの多いアニメ制作に対し、京都を拠点に定常的な雇用で映像クオリティーの向上と安定化を行った。アニメスタジオがブランド化するきっかけとなり、地方スタジオ(富山県のP.A.WORKSなど)が幾つも設立される呼び水となった」と評価する。

     1981年に創業。東京のプロダクションで働いていた経験をもつ八田英明社長の妻・陽子さんが、近所の主婦を集め、セルに色を塗る「仕上げ」の工程を請け負ったことが始まりで、のちに作画、演出やデジタル処理なども手がけるようになった。

     作品づくりのための取材に協力し、スタッフと親交がある京都文化博物館学芸課の森脇清隆・映像情報室長によると、八田夫妻はスタッフのことを「親から子供を預かっている気持ち」と言っていたという。完全出来高払いで新人なら月収数万円という低賃金・長時間労働が問題視されて久しい業界にあって、八田夫妻は、アニメで食べて行ける人材を社内で育てることを目標に、正社員で雇用し、安定した収入を保証した。

     2000年代に入るころに下請けを脱し、オリジナル作品に力を入れるようになった。11年には「KAエスマ文庫」という出版事業を立ち上げた。原作の権利を持つ出版社がもうけるのではなく、原作も自社でまかない、「現場で汗を流した人が報われないといけない」という考えからだった。放火は、自社発のヒット作が次々生まれる順風満帆の時期のできごとだった。

     森脇さんは放火の現場となった第1スタジオを訪れたこともある。「育児中のスタッフのために、おもちゃなどが置かれた子供が遊べるスペースがありました」。男性でも女性でも才能を育てるために、働きやすい環境を整えた。その結果、女性も多く残り、女性スタッフが多いのも京アニの特徴だ。

    朝日新聞社
    7/30(火) 7:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000005-asahi-soci

    【京アニ「食べて行ける人材を」 業界常識覆す雇用と賃金】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/26(金) 12:56:07.70 ID:CAP_USER.net
     ゲームソフト開発や音楽制作などを手掛けるMAGES.(メージス)は7月26日、MBO(マネジメントバイアウト)で親会社のドワンゴから独立したと発表した。ドワンゴが保有する全株式を、MAGES.の志倉千代丸代表が経営するCHIYOMARU STUDIOが買い取った。MBOにより、スピーディーで柔軟な経営判断を行っていくとしている。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1907/26/l_yx_dwango.jpg

     MAGES.はドワンゴの100%子会社だった。MBOによりKADOKAWAの連結子会社ではなくなったが、KADOKAWAグループとは従来と同様の良好な関係を続けていくとしている。

     あわせて、ゲーム・音楽などの事業ブランド「5pb.」を順次「MAGES.」に統一。ブランディングを強化していく。

     ドワンゴは経営不振により、事業の選択と集中を進めている。7月1日にはゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」(電ファミ)の運営事業を他社に移管して注目を集めた。
    “選択と集中”進めるドワンゴ、「電ファミニコゲーマー」手放す 編集長の会社などに事業移管 - ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/01/news090.html

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    関連リンク
    ニュースリリース(PDF)
    http://mages.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/07/0726%E7%BA%E8%A1%A8_%E3%AA%E3%AA%E3%BC%E3%B9fix_clean.pdf
    MAGES
    http://mages.co.jp/
    志倉千代丸/Chiyomaru Shikuraさんのツイート:
    https://t.co/w0cLSbdA1M" https://twitter.com/chiyomaru5pb/status/1154596919013826560
    独立しました! 10年近くお世話になったドワンゴには感謝しかないです。まるで巨大サークルのようなあの独特の文化が大好きでした。今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 株式会社MAGES.代表取締役社長 志倉千代丸

    2019年07月26日 11時57分 公開
    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/26/news079.html
    (deleted an unsolicited ad)

    【MAGES.がMBO ドワンゴから独立】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/30(火) 14:11:00.47 ID:CAP_USER.net
    厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は30日午後、2019年度の最低賃金の引き上げに向けた最終協議を始める。政府は年3%超の引き上げを求めており、全国平均で時給900円台になる見通しだ。人件費の増加に直結する経営者側は大幅引き上げに反対しており、同日深夜まで決着がずれ込みそうだ。

    最低賃金は法律で支払いを義務づけた最低限の時給を指す。現在は全国平均874円。経営者と労働者の代表に学者を加えた公労使で構成する審議会が年1回、引き上げの目安を決める。この目安をもとに各都道府県で議論し、10月をメドに改定する仕組みだ。

    政府は最低賃金1000円をめざし、18年度まで3年連続で年3%のペースで引き上げてきた。23年度に達成する見通しだったが、19年度の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)でより早期に1000円を目指す方針を明記。厚労省の審議会は政府方針を踏まえ、19年度は3%を上回る目安を示すとみられている。

    最低賃金の最も高い東京都は985円で、10月には1000円台になるのは確実だ。大企業に比べ賃金水準の低い中小企業には影響が大きく、業務の見直しや省力化が迫られそうだ。

    2019/7/30 11:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47906370Z20C19A7EE8000/

    【最低賃金900円超へ詰め 審議会が最終協議へ】の続きを読む

    このページのトップヘ