ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2019年11月

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/22(火) 20:56:43.16 ID:CAP_USER.net
    Stack Overflowは10月16日(米国時間)、「Coding Salaries in 2019: Updating the Stack Overflow Salary Calculator - Stack Overflow Blog」において、Stack Overflowを利用しているユーザーに関して居住地や業種と給料の関係を分析したデータを公開した。米国における給与が他の国の2倍前後と高い値を維持しており、依然として高い値を保っていることがわかった。

    2018年に公開されたStack Overflowの同様のデータと比較した場合、次のような変化が見られる。

    米国やカナダのプログラマーは昨年と比較して約5%ほど収入が増加
    欧州、ロシア、ブラジル、インドの情報はそれほど良好ではなく、2019年の給与はほぼ安定
    パリのプログラマーはフランスのほかの地域のプログラマーよりも約15%ほど収入が多い
    データサイエンティストの給与は高いものの、同レベルの教育を受けた開発者と比較するとそれほど高いわけではない
    学士およびそれ以上の学位を持っているプログラマーの給与は大きく増加
    Stack Overflowは世界中のプログラマが活用しているため、公開されるデータはある程度現実を反映したものと考えられている。なお、Stack Overflowの公開した給与の中央値は生活しやすさを表すものではないことには注意が必要。家賃や物価などが国や地域ごとに大きく異なり、所得税や保険などの制度も国や地域ごとに差がある。
    https://news.mynavi.jp/article/20191018-911011/images/001.jpg
    https://news.mynavi.jp/article/20191018-911011/images/002.jpg
    https://news.mynavi.jp/article/20191018-911011/

    【プログラマーの給料が一番高い国はどこ?】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/10/19(土) 18:02:55.58 ID:ml1eBf2O9.net
    https://bunshun.jp/articles/-/14852


    「アニメ業界で働く人間は、みんなアニメや映画が好き。残業代が出なくても魅力的だと思う瞬間もあるけれど、それでは『やりがい搾取』になってしまう。魅力的な仕事であることで(残業代未払いを)ごまかされてはいけないなと感じます」(Aさん)

    劇場版アニメ『海獣の子供』などの作品で知られるアニメ制作会社「STUDIO4℃」(正式名称は株式会社スタジオよんどしい)で残業代の未払いがあったとして、同社で制作進行を担当する男性社員・Aさん(25歳)が残業代と付加金など合計約535万円の支払いを求めて10月10日付で東京地裁に提訴した。Aさん、Aさんが加入する労働組合「ブラック企業ユニオン」、代理人弁護士が10月18日の記者会見で明らかにした。

    「STUDIO4℃」はスタジオジブリ出身の田中栄子氏が代表を務め、世界的にも評価が高い作品を世に出してきた。

    2016年4月に「STUDIO4℃」に入社したAさんは、制作進行を担当した。制作進行の業務とは、端的に言えばアニメーション制作の工程管理。TVアニメであれば1話数ごと、劇場用長編映画であればパートや工程ごとを担当して、スケジュール、スタッフ、素材などの管理を行う。2014年から2015年にかけて放送されたアニメ『SHIROBAKO』では、主人公の宮森あおいが制作進行を担当していた。

    『海獣の子供』では動画の制作進行を担当したAさんは、映画完成の直前、2019年3月には月103時間の時間外労働をしたものの、残業代が支払われることはなかった。会社側は、「専門業務型裁量労働制に当たるため」と説明している。

    一方、ブラック企業ユニオンの坂倉昇平氏は「制作進行の業務は、実際には裁量のある働き方ではなかった」としている。旬報法律事務所の大久保修一弁護士も、「基礎となる給料は、時給にして1100円~1200円。低賃金で長時間拘束して、果たして裁量労働制として認められるのか。裁判所にしっかり判断していただきたい」と述べている。

    今年4月にAさんが残業代を請求したところ、会社側は応じず、代わりに1年前の日付が記された労働条件通知書を出してきたという。さかのぼって1年前から「専門業務型裁量労働制」が適用されていたことを認めさせる狙いがあったと見られる。

    残業代の未払いに関しては、三鷹労働基準監督署が6月に「STUDIO4℃」に対して是正勧告を出している。しかし、会社側は「タイムカード記載の時間は実労働時間ではない」と主張して、そもそも残業代の算定ができないと支払いを拒否している。Aさんは「タイムカードの時間が労働時間でなければ何なんだろう」と首をかしげる。

    今年9月には組合と会社側の団体交渉が行われたが、会社側からは何ら具体的な回答がなく、Aさんは提訴に踏み切ったという。
    中略

    現在、Aさんの月給は基本給15.9万円、職務給(見込残業手当)と見込深夜手当なども含めた合計が22.2万円。フリーランスのアニメーターは、月収10万円程度で毎月数百枚の作画を行っているケースもざらにあるという。Aさんは、労働環境について「自分よりも長時間労働だった人は周囲にたくさんいました。アニメ業界では、隣で働いている人が『明日死ぬんじゃないか』という思いは常にあります。健全であるとは思えません」と語っている。

    全文はソースをご覧下さい

    【「明日、隣の人が死ぬんじゃないか」“残業代未払い“で制作会社社員が「STUDIO4℃」提訴】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/25(金) 19:59:01 ID:CAP_USER.net
    米アマゾン・ドット・コムがネット通販事業で再び投資のアクセルを踏み込んでいる。翌日配送サービスのために追加で年4000億円規模の物流費を投じる見込み。アマゾンは自前の配送網の拡張を急ぐことで、小売り大手などの攻勢をかわそうとしている。

    アマゾンが24日発表した2019年7~9月期の最終利益は前年同期に比べ26%減り、21億3400万ドル(約2300億円)だった。9四半期ぶりの減益となった最大の要因は、会員制サービス「プライム」向けに始めた無料の翌日配送のコストが大きいことだ。

    同社は国土が広い米国では、プライム会員向けに2日以内に商品が届く配送サービスを提供しきた。だが競合が翌日配送で先行。「顧客第一」を掲げるアマゾンは19年4月、全米へ広げると宣言していた。

    そのころまで市場の関心は最高益がいつまで続くかというものだったが、同社はむしろ、コストのかさむ自前物流網への支出拡大を打ち出した。翌日配送の費用は4~6月で8億ドル、7~9月で10億ドル前後。さらに24日の決算で10~12月に15億ドルへ増えることを明らかにした。このペースなら1年で4000億円を超える。

    今まで以上に早く荷物を届けるためには、物流という「リアル」の世界で改めて投資も必要になる。自分たちの判断で動かせて、効率性の高いインフラが必要だ。アマゾンは米UPSや米郵政公社への依存を経営リスクととらえており、徐々に自前配送に切り替えるとみられている。

    6月末に米物流大手、フェデックスとの米国内の航空貨物の輸送契約を打ち切った。一方、米ケンタッキー州の空港で、21年の稼働を目指して航空貨物拠点の建設を進めている。アマゾンは貨物専用のリースの航空機を持ち、21年までに70機に増やす計画だ。

    倉庫から消費者宅までの「ラストワンマイル」については、商品配達の委託先をサポートする。情報システムやリース車両、制服などを割安に提供して物流基盤の構築を急いでいる。

    ブライアン・オルサブスキー最高財務責任者(CFO)は「長期的には物流大手と自社の配送能力を組み合わせることになる」と説明する。米モルガン・スタンレーのラビ・シャンカー氏は「アマゾンが新たな物流業界のプレーヤーとして台頭しつつある」とみる。

    翌日配送サービスは売り上げ増加につながっている。7~9月期の全体の売上高の半分を占めた直営ネット通販事業は350億3900万ドル。前年同期に比べ21%増えた。オルサブスキーCFOは「プライム会員は今までよりも支出を増やすようになった」と手応えを語る。

    ある証券会社は「歯磨き粉やフロスといった低価格の日用品についても翌日配送無料の対象とすることで、食料品店や薬局からシェアを奪った」とみている。

    米調査会社イーマーケッターによると、アマゾンは米ネット通販市場で37.7%(19年)のシェアを持つ。ただ、伸びは鈍っている。米調査会社グローバルデータ・リテールのニール・サンダース氏は「アマゾンは多くの世代を常連客にしたが、その浸透率ゆえにさらなる成長が難しくなっている」と指摘する。

    米ウォルマートなどは新興企業の買収などを通じ、ネット通販ビジネスのノウハウを蓄積しつつある。アマゾンは自前物流網の拡大によってライバルの封じ込めを狙う。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51385650V21C19A0TJC000/

    【amazon、物流網投資を再加速 翌日配送へ年4000億円】の続きを読む

    このページのトップヘ