ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    2020年07月

    1: 田杉山脈 ★ 2020/07/17(金) 22:58:49.80 ID:CAP_USER.net
     老後2000万円問題が話題になってから1年。当時は「2000万円なんて無理だ」「平均値は高くても、ほとんどの人は達していない」などの声が挙がるも、老後を年金だけに頼ることはできないという意識が高まった。では、日本人はそこからしっかり老後を見据えて準備をするようになったのだろうか?

     フィデリティ投信が行った、勤労者を対象にした退職準備に関するアンケートによると、日本人の多くが、まだまだ退職後に必要な資金を楽観的に捉えていることが分かった。フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史氏は、こう警鐘を鳴らす。

     「かなり甘く見ている。日本人は楽観的だと強く出た。計画通りにいっていると思っている人のうち、実際に計画通りにいっている人は45%しかいない。4人に1人は逆に警戒水準だ」

    日本人の36%が「警戒」水準
     これは、アンケートを元に、退職までに用意できる資産額を推計し、老後に必要な資産額で割ってポイント化したもの。フィデリティは「退職準備スコア」と呼び、ポイントによって4段階に分類した。日本人全体で見ると、運用成績が過去を下回っても退職後の生活をカバーできる「計画通り」は30%。一方で、このままでは退職後の生活設計を大幅に見直す必要がある「警戒」は36%だった。

     しかし、この客観的なデータに対し、主観評価はもっと甘い。計画通りだと思っている人の過半数が、実際はそうなっていない。また、客観的には「警戒」水準なのに、「計画通り」「あと一歩」だと思っている人は59%もいる。

     背景には、2000万円問題があれだけ騒がれたにも関わらず、退職までに必要な資金を把握していない現状もある。「分からない」と答えた人は52%に上った。これは、同時に調査を行った英米ドイツ、香港と比較しても高い。野尻氏は、「分からない人の比率が高い日本と英国は、ほかの国に比べて公的年金のカバーが厚い。または厚かった。これが、どれくらい必要なのか自分で考える力を抑制しているのではないか」と分析した。
    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af45644c7f5df09ccc76645cce33e2b959a7d512

    【若い人ほど早くリタイアしたい 日本人の退職準備は楽観的か】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/07/20(月) 20:09:28.20 ID:CAP_USER.net
    吉野家ホールディングスは7月17日、同社が運営する店舗を間借りできてるマッチングサービス「シェアレストラン」において、共創して飲食店問題を解決する事業パートナーを募集すると発表した。

    シェアレストランは、これから飲食店をはじめたい開業希望者などに対し、好みに合う地区の店舗を月額定額で間借りできるマッチングプラットフォーム。

     飲食店やバー・レストラン・カフェなどの空き時間帯や希望する地区などが検索でき、投資をせずに低リスクで飲食店を開業できるのが特徴。また、飲食店オーナー側も、保有店舗の空き時間の有効活用し収益化することで、より安定的な飲食店経営が可能になる。

     同社によると、新型コロナウイルス感染拡大による飲食店に対する影響が大きいことから、飲食店に関する問題解決のために共創できる事業パートナーを募集するという。

     具体的には、飲食チェーン店や個人店、腕に覚えのある料理人やシェフ、フードベンチャーやアイデアのあるITベンチャー、食系ユーチューバーやインスタグルマー、不動産会社やディベロッパー、飲食店関連の営業マンや飲食店の友人が多い主婦や学生、業種問わず企画に賛同いただける企業や個人・副業会社員などを挙げている。
    https://japan.cnet.com/article/35157021/

    【吉野家HD、間借りのマッチングプラットフォーム「シェアレストラン」でパートナー募集】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2020/07/20(月) 05:21:25.13 ID:CAP_USER9.net
    アキラ100%が明かした「キツかった建築仕事」1位は圧送工
    7/18(土) 11:32 SmartFLASH
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e889985e2cc361626ec7759b8d4f91b2c00c0103


     7月15日放送の『それって!?実際どうなの課』(日本テレビ系)で、アキラ100%が、これまで同番組で挑んできたガテン系仕事から「キツかった高額作業ベスト5」を発表した。

     さまざまな建築関係の現場仕事に本気で汗を流し、気絶寸前になりながらも必死で食らいついてきたアキラ。

     5位は「外構工事 アスファルト舗装」で、高温のアスファルトを扱う過酷な作業に奮闘。4位は鳶職、3位は解体工、2位は配管工の床下配管、1位は圧送工だった。

     圧送工は、生コンクリートを流し込む仕事だが、ホースの重さが30キロにもなるという。アキラは汗だくになりながら「握力、全部持っていかれます」と最も苦労したことを明かした。

     さらに、アキラは年収1億円稼げる人もいるという「基礎工事」に挑戦。
     砕石を敷く作業では、手押し車で60キロもの石を全速力で走って何度も運搬。アキラは息も絶え絶えになりながら、必死で運び続けた。

     また、土を埋め戻す作業に挑むが、水気を多く含んだ土は重く、わずか数メートル運んだだけでアキラは息が上がり、めまいを起こしてしまう。

    「酸欠になっちゃう」と悶絶しながらも、現場に復帰して仕事をやり遂げたアキラ。「土台を固めるのがいかに大切か知りました。僕の土台はお盆と蝶ネクタイ。原点に帰ってもっといいネタを作っていきたい」と芸人としての決意も語っていた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【アキラ100%が明かした「キツかった建築仕事」1位は圧送工】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/07/15(水) 06:05:38.13 ID:CAP_USER.net
    新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにテレワークを一時、導入したものの、すでにやめたという企業が26%にのぼるという調査がまとまりました。情報管理の難しさをあげる企業が多く、テレワーク定着の課題といえそうです。

    民間の調査会社「東京商工リサーチ」が先月末から今月はじめにかけて全国の企業にアンケートを実施し、およそ1万4000社の回答をまとめました。

    新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにテレワークの導入について尋ねたところ現在、実施している企業は31%で、一度も実施していない企業は42%でした。

    一方で、感染拡大で一時、実施したが、すでにやめた企業が26%にのぼりました。

    テレワークをやめた企業に理由を尋ねたところ、自宅などで会社の情報を扱う際のセキュリティーの確保が難しかったことやテレワークのシステムを使いこなせない社員が多く浸透しなかったことなどをあげています。

    調査会社は「いざ、テレワークを始めたものの、継続できない企業が多いことが示された。感染を防ぐためにも定着を支援する必要があるのではないか」と話しています。
    2020年7月15日 5時20分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200715/k10012516141000.html

    【テレワーク 導入後26%の企業がもうやめた…定着への課題は】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/07/16(木) 12:51:38.18 ID:CAP_USER.net
    政府の個人情報保護委員会はサイバー攻撃で個人情報が漏洩した企業に対し、被害が発生した全員への通知を義務付ける。違反には最高で1億円の罰金を科し、悪質な場合は社名も公表する。2022年春にも実施する。対応を誤れば訴訟リスクも高まり、企業は厳密な対応が必要になる。

    東京商工リサーチによると12~19年に上場企業とその子会社で個人情報漏洩・紛失を公表した企業は372社で、事故数は685件あった。漏洩・…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2020/7/16付
    日本経済新聞 朝刊
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61558710V10C20A7MM8000/

    【サイバー被害 通知義務化 個人情報漏洩の全員に 企業の対応不可避】の続きを読む

    このページのトップヘ