ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 就活

    1: 47の素敵な 2018/10/09(火) 12:39:18.94 ID:Rsh/i/zx0.net
    電通PRの企業広報戦略研究所は、2019年3月に卒業予定の内々定・内定を1件以上獲得した大学生・大学院生1000名を対象に就職活動調査を実施。

    (中略)

    また、内々定を1件以上獲得した就活生は、就活を通じて企業を「好きになった経験がある」が78.0%、「嫌いになった経験がある」が43.6%。

    好きになった理由は「面接官の丁寧な対応」「社風の良さ」「経営理念に共感」など。

    嫌いになった理由は「オワハラがきつかった」「社員の傲慢(ごうまん)な態度」「圧迫面接」「人事と社員の発言内容に齟齬(そご)がある」などが挙がった。

    企業を嫌いになった経験がある就活生のうち、
    「周囲の人に企業のネガティブな情報を伝えた」39.2%、
    「周囲の人に就職先や転職先として選ばないよう勧めた」14.0%
    などが目立ち、就活自体が企業ブランドに影響を与えることがわかった。

    https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12164-215449/

    【就職活動で「その企業を嫌いになった」学生が4割 関係者のリアルな情報を重視の傾向】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/10/01(月) 20:38:03.49 .net
    今は終活か?
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【就職氷河期の時に就活してたやついる?】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/09/09(日) 14:56:53.19 ID:CAP_USER.net
     外国人留学生らが日本で就職しやすくするため、法務省は在留資格を得られる職種を広げる方針を固めた。現在は大学卒業後、医療や芸術など
    18分野について技術や知識を身につけた「高度な人材」に限って在留資格の取得を認めていたが、より幅広い職種を対象とすることで、日本にとどまる
    留学生が増えることを期待しており、来春からの運用開始を目指す。

     留学生をめぐっては、2016年度に日本の4年制大学を卒業した約1万2千人のうち、国内に就職して残ったのは約4割にとどまり、
    「日本語を学んで、日本のよき理解者になった人が帰国せざるを得ない現状があった」(法務省幹部)。また、日本料理やアニメなど「クールジャパン」の
    分野に関連する専門学校の卒業生も、日本について学びながらも、日本で就職ができなかった。

     法務省は優秀な外国人材を国内に定着させるには、こうした日本の学校を卒業した留学生の就職機会を拡大する必要があると判断。
    アマチュアスポーツ選手ら、法相が指定して在留資格を与える「特定活動」の対象に「日本語を使った円滑な意思疎通が必要な活動」や
    「クールジャパン分野に関連する活動」を追加する方向で検討している。実現すれば、現在は資格が与えられないホテル内のレストランでの接客担当や、
    アニメーターのアシスタントなどの職に就くことが可能になる。

     政府は現在、外国人労働者の受け入れ拡大のための検討をしている。留学生の就職をしやすくすることとは別に、来春には就労のため
    日本に来る人を対象とした、新たな在留資格も設ける予定だ。(浦野直樹)

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000026-asahi-soci

    【留学生の就職、門戸拡大へ アニメ関連の職種追加も検討】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/09/06(木) 06:24:02.99 ID:CAP_USER.net
    大手半導体メーカー、「東芝メモリ」が岩手県に建設を進める新工場で働く大卒者の採用が募集人員の3割程度にとどまる見通しになっていることがわかりました。東芝メモリは、高卒者の募集人員を増やすなど、生産拠点と位置づける新工場の稼働に向け、採用計画の見直しを迫られています。

    「東芝メモリ」は東芝が経営再建の一環でアメリカの投資ファンドなどに事業を売却した大手半導体メーカーで、記憶用半導体、「フラッシュメモリー」の生産拠点と位置づける新工場を岩手県北上市に建設しています。

    会社では新工場を来年完成させ、再来年までに生産を軌道に乗せる予定で、これに合わせて来年春に卒業する大学生や高校生など合わせて510人の採用を計画しています。

    しかし、このうち、大卒者は、県外に就職を希望する学生も多く企業間の競争が激化していることから、170人の募集人員のうち、3割程度の採用にとどまる見通しになっていることが関係者への取材でわかりました。

    このため東芝メモリは、新工場の生産計画への影響を避けるため、今月始まった高卒者の採用で、募集人員を200人から290人へと大幅に増やすなど、採用計画の見直しを迫られています。

    東芝メモリの関係者は、今のところ新工場の生産計画に変更はないとしていますが、安定的な稼働に向けて人材の確保が課題となっています。
    2018年9月6日 6時01分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011611201000.html

    【東芝メモリ 新工場の大卒者採用が募集人員の3割程度に】の続きを読む

    1: ラテ ★ 2018/09/04(火) 19:37:16.69 ID:CAP_USER.net
    2018年09月04日17時32分 JIJI.COM
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2018090400854&g=pol

    経団連の中西宏明会長が就職活動の解禁時期を縛る「就活ルール」廃止を検討する意向を示したことに対し、政府は学生への配慮を求めつつ、議論の行方を見守る考えだ。政府内には優秀な人材確保のため見直しが必要との意見もあるからだ。菅義偉官房長官は4日、安倍晋三首相が廃止方針に反対を唱えたとの見方を打ち消し、首相官邸として中立的な立場であることを強調した。

    経団連の現行ルールは、2020年春入社の学生までは前年6月1日に採用面接を解禁するというもの。就職活動の早期化が学業の妨げになるという教育界の懸念を背景に、首相が13年に経済3団体トップに直接、解禁時期繰り下げを求め、まとまった経緯がある。

    政府は企業に順守を求めており、首相は3日の自民党の集会で、大学生の質問に「しっかりと守っていただきたい」と語った。これに先立ち、中西氏が記者会見で21年春以降に入社する学生に関してルール廃止に言及したため、首相が反発したと受け止められた。

    首相発言に関し、政府関係者は4日、「経済界の動きが、首相に詳しく伝わっていなかったようだ」と釈明した。菅長官は同日の会見で「19年度までのルールを守っていただきたい旨を発言された」と述べ、20年度の採用活動を縛らないと強調。新たなルールについては「関係者が学生のことを十分に考えながら議論をする必要がある」と語り、方向性を曖昧にした。

    【官邸は「中立」強調=安倍首相の発言を軌道修正-就活解禁】の続きを読む

    このページのトップヘ