ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: ニート

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/21(火) 10:59:38 ID:CAP_USER.net
    【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は20日、2020年に世界全体で失業者が250万人増える見込みだとの報告書を発表した。失業率は19年から横ばいの5.4%と予想した。米中貿易摩擦による世界経済減速などが背景にある。失業率はリーマン・ショック後の09年から18年まで低下傾向が続いたが、改善が止まったもようだとしている。

     また、15~24歳の若者で、仕事や職業訓練、通学をしていない「ニート」が世界で2億6700万人に上り、この世代の人口の22%にも達していると指摘。若者は非正規雇用の比率も高く、特にアフリカでは95%に達している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000019-kyodonews-bus_all

    【世界の若者 22%が「ニート」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/06/04(火) 05:05:05.77 O.net
    駐車場のおじさん

    【氷河期ニートに適してそうな職業】の続きを読む

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/22(月) 09:30:02.084 ID:6pXU/asIa.net
    クソ田舎に生まれる
    家族から虐待されネグレクトされクソみたいな学校で不細工だからいじめにあいはぶられる
    まともな恋愛なんて経験ないしいつも二番手か金払ってセックスそれも飽きた
    クソみたいな忌々しい工場に就職して酷使され潰され薄汚い派遣労働と期間工転々とし金が尽きてニート
    アフィを始めるも失敗、株で200万負けてニコ生をするもコミュ人数20人不細工すぎてようつべもできないしとにかく金がない
    20後半だがこの忌々しい呪われたクソ人生を終わりにしてやりたい、が怖いし理不尽すぎて腹が立つ
    金持ちかイケメンかどちらかに生まれたかった
    天は二物を与えない?何もねえよカス
    あるのはストレスと怒りと悲しみと嫉妬心と年老いた体だけ
    加藤智大先生を崇拝しないお前らはカスだ甘えるな

    【ニートだが人生が理不尽すぎる】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 22:14:22.72 ID:S+BDNiK99.net
    タレントのマツコ・デラックスとお笑い芸人の有吉弘行が、会社で仕事が回ってこない“社内ニート”に物申した。マツコの「社会は平等じゃない」という強烈な一言が話題になっている。

    会社で仕事が回ってこない“社内ニート”に、マツコ&有吉は>>

    4月10日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」に、視聴者から悩み相談が送られてきた。投稿者は、「優秀な同僚がすべて1人でこなしてしまうため、1年近く、私に大した仕事が回ってきません。上司に「何かできることありませんか?」と聞いても、やはり回ってくる仕事は雑務ばかりで途方に暮れています」と、いわゆる社内ニート状態を脱したいらしい。

    しかし、マツコは、「優秀な同僚の“せい”で仕事が回ってこないニュアンスだったけど、そんなに仕事したいならその人越えなきゃ無理でしょ」と厳しく指摘。続けて「みなさん、どうにかしてくださいよー、私のこと平等に扱ってくださいよーのニオイがするんだよね。平等じゃないですから、社会は」と一刀両断した。

    最終的にマツコは、「なんかやればいい。なんでもいいからやったことを、誰か見てるから」と投稿者にアドバイスを送り、有吉も「腐って何もやらないのが一番ダメ」と同意していた。マツコの厳しくも的確なアドバイスに、ネット上では、「ほんとにそう。平等なんかじゃない」「マツコさんの言う通りだと思う」「説得力がある」「厳しく見えて優しい」など称賛する声が多数上がった。

    4/11(木) 16:29配信 トレンドニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00010000-trendnewsn-ent

    【<マツコ&有吉>会社で仕事が回ってこない“社内ニート”に物申す!「平等じゃないですから、社会は」と一刀両断.】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/18(月) 21:59:04.72 0.net
    昼までに髭を剃らなかったらその日はターンエンド

    【ニート「一日一ターンしか動けない」「用事がないと外出しない」「声の出し方忘れる」】の続きを読む

    このページのトップヘ