ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 解雇

    1: ノチラ ★ 2018/02/08(木) 19:23:52.46 ID:CAP_USER.net

    マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とする、コンテンツデリバリーネットワーク兼ネットワークサービスプロバイダーであるAkamaiは、昨日(米国時間2月6日)開催されたアナリスト向け業績発表会で、400人を解雇したことを発表した。

    発表の席で、AkamaiのCEO、Tom Leightonは、この400人という数は同社の世界中の従業員数8000人のうちの5%であることを示した。「業務効率を向上させるための取り組みの一環として、特にメディア事業に関連する分野を中心に、いくつかの事業分野の人件費を削減しました。全体として、400の職、すなわち全世界の従業員の5%を削減しました」とLeightonはアナリストたちに語った。

    彼は続けて、このレイオフが実際に始まったのは昨年の終わりであり、それが今週までかかったのだと語った。同社はこれを、昨年の12月に行われた、Elliott Managementによる株式の6.5%の買収に先立つ、経営のスリム化とコストカットに向けた努力の一環としている。

    Elliottは、活動的投資家の歴史を持ち、企業に大きな変革を促すことで有名である。とはいえこのケースでは、既にElliottが登場する以前に、同社はコストを削減する方法を探していたようだ。

    同社の広報担当者の1人は「今回の従業員の削減は、Akamaiを長期的な成功に導くための投資を続ける過程での、コスト削減に関わる一連の決定の一部です」と付け加えた。

    これは、Leightonがレイオフの衝撃を和らげるために、他の分野への投資を計画しているというニュースで語ったポイントでもある。「私たちはビジネスの一部を縮小しましたが、同時にこの先より大きな価値を得ることができる分野に、投資したということに着目していただくことが大切です」と彼は語った。そうした分野には、セキュリティやIoTなどが含まれており、それらのマーケットは今だに成長を続けていて、大いに切り込む余地があるのだ。

    同社は実際にはまずまずの四半期を終えた。アナリストの予想を上回り、収益が8%増え6億6300万ドルに達したのだ。この執筆を行っている今朝(米国時間2月7日)の時点では、同社の株は4.65ドル高となり、7.30%上昇している。
    http://jp.techcrunch.com/2018/02/08/2018-02-07-akamai-has-laid-off-400-workers-or-5-percent-of-global-workforce/



    【Akamaiが世界の全従業員の5%である400人を解雇】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/26(火) 20:51:48.29 ID:CAP_USER.net

    「認知症介護研究・研修大府センター」(愛知県大府市)が若年認知症の人とその家族を対象に実施した2014年度調査結果によると、発症前と同じ職場で引き続き働いている人は、わずか1.8%。逆に、退職した人は66.1%に上り、解雇された人は7.7%だった。この二つを合わせると7割を超え、多くの人が仕事から離れざるを得ない実態が浮き彫りになった。

     一方、認知症になってからの世帯の収入状況は、「減った」が約6割を占め、「変わらない」は3割弱だった。

     ローンについては「ない」が約8割、養育を必要とする子どもが「いない」が8割超といずれも多数を占めたが、家計が「やや苦しい」「とても苦しい」の合計は約4割。ローンや扶養家族の有無にかかわらず、発症することで世帯の経済状況が悪化する傾向がうかがえる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000052-mai-soci



    【若年認知症で退職解雇 7割超】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/08(月) 10:29:34.34 ID:CAP_USER.net

    インターネット上の交流サイトなどに個人が公開しているプロフィールをAI=人工知能が分析し、人材を求めている企業への転職をすすめるサービスが登場し、企業の採用活動の新たな方法として広がるか、注目されそうです。

    東京・渋谷区のベンチャー企業「Sansan」は名刺を交換したビジネスマンの個人が交流できるSNSを運営しています。
    この会社では、200万人に上るSNSの利用者に企業から転職の誘いがくるという人材の仲介サービスを始めました。

    SNSに公開されている名刺のデータや交流の履歴をAIが分析し、人材を求めている登録企業の中から条件や相性が合いそうなところをSNSの利用者に提示します。
    担当者の西村晃さんは「日々のビジネス活動が蓄積されたデータを基に客観的に企業を推薦できるのが強みだ」と話しています。

    一方、東京・渋谷区のベンチャ-企業「スカウティ」はツイッターやフェイスブックといった交流サイトやブログなどに個人が載せているプロフィールや書き込みをAIで分析し、人材を求めている企業に紹介するサービスを始めました。

    この会社のサービスは、ネット上のあらゆる場所を対象に書き込みの内容を分析し、書き込んだ個人が転職を希望しているかどうかにかかわらず、人材を求めている企業に紹介するのが大きな特徴です。
    現在は人材を探す対象を技術系の職種に絞っていますが、すでに35の企業が利用しているということです。

    島田寛基代表は「個人が情報をオープンにし、誰でも人工知能が使えるようになって企業の採用活動は変化していくのではないか」と話しています。

    こうしたAIを活用して人材を探し企業に紹介するサービスは欧米では浸透しはじめていて、今後、日本でも企業の採用活動の新たな形として広がっていくか、注目されます。

    “AIスカウト”で転職した人
    AIに見いだされて、実際に転職に踏み切った人がいます。
    ソフトウエアエンジニアの清水陽一郎さん(31)は、大手の精密機器メーカーに勤めていましたが、去年ベンチャー企業から突然面会を希望するメールが届きました。

    このベンチャー企業が利用していたのが、「スカウティ」のサービスです。清水さんがツイッターやブログ、それに技術者の交流サイトで発信していた情報の内容がスカウティのAIの目にとまり、スカウティのサービスに登録している35の企業のうち特に相性がよいと判断されたベンチャー企業からメールが送られてきたのです。

    勧誘のメールは、転職したベンチャー企業の人事担当者が書いたもので、清水さんは、その裏側にAIによる推薦があったとは全くわからなかったといいます。

    清水さんは「モノを作るメーカーからウェブ系の会社に転職できるとは思っていませんでした。自分で探そうと思っても見つけられない企業との巡り合わせが生まれたので、情報を公開していたかいがありました」と話していました。
    サービスの仕組みは
    「スカウティ」が手がける人材サービスは、SNSやブログなどインターネット上に公開されている情報を、AIが分析して人材を探す材料にしているのが最大の特徴です。

    AIは、書き込みの内容からその人が持っている技術や資格のほか参加した勉強会などのイベント、それにどんな職種や業種の人との交流が多いかを判断し、これらを基に業務上の能力や社会的な影響力を類推して数値化します。

    例えばソフトウエアの技術者の場合は、どんなプログラミング言語を使えるかや過去に携わった仕事の開発案件などもリスト化して、人材を探している企業に示します。

    一般的な転職支援サービスは、希望者がみずからサイトに登録しますが、スカウティのサービスは、転職を望んでいるかどうかは関係なくスカウトの対象になり、企業に紹介されます。

    またSNSに掲載している経歴や書き込みの内容から本人の勤め先や勤続年数、今の仕事に対する満足度を読み取って、それによって転職の可能性が高いか低いかを分析し、どの人材が採用につながりやすいかを企業側にアドバイスする機能も備えています。

    AIが発掘した人材のデータベースは、現在90万人を超えているということで、今後は、ネット上に公開されている学術論文なども分析の対象にして、より幅広い業種や職種を発掘の対象にして、精度も高めていく計画です。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180107/k10011281441000.html



    【“AIスカウト“で変わる人事 ネットで人材発掘 企業に紹介】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/14(木) 15:01:04.47 ID:CAP_USER.net

    エン・ジャパンは12月12日、「年収1,000万円以上の転職」に関するアンケート結果を発表した。調査は10月18日~24日、同社運営の転職サイト「ミドルの転職」を利用する転職コンサルタントを対象に、インターネットで行われた。有効回答数は126名。

    転職コンサルタントに「昨年と比較して、年収1,000万円以上の求人は増えていますか?」と質問したところ、37%が「増えている」と回答。昨年の同調査と比べ、11pt増加した。

    次に、年収1,000万円以上の求人募集の特徴について調べたところ、企業の特徴は「外資系企業」(65%)が最も多く、次いで「大手企業」(43%)。役職は「本部長・事業部長クラス」(72%)や「部長、次長クラス」(58%)、職種は「経営企画・事業企画」(64%)や「経営者・COO・経営幹部」(55%)がトレンドであることが明らかに。また、募集の背景としては、「既存事業の拡大を目指したマネジメントポジションの募集」(64%)、「既存事業の拡大を目指したスペシャリストの募集」(44%)、「急成長企業における経営・役員層の強化」(33%)が上位に並んだ。

    次に、年収1,000万円以上のポジションで採用される人に共通する能力を調べた結果、1位「問題意識に基づき、課題や目標を設定する能力」(58%)、2位「立場や価値観の違う社内外の関係者同社を調整し、まとめる能力」(42%)、3位「自分の見解やビジョンを周囲に伝え、動かす能力」(39%)となった。

    また、年収1,000万円以上のポジションの求人について「今後減っていく」と回答した人はわずか9%にとどまり、60%の人が「増えていく」と回答した。
    https://news.mynavi.jp/photo/article/20171214-556664/images/001l.jpg
    https://news.mynavi.jp/photo/article/20171214-556664/images/002l.jpg
    https://news.mynavi.jp/article/20171214-556664/



    【年収1,000万円以上の求人が増加 ? 求められる能力とは】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/02(土) 11:07:15.79 ID:CAP_USER.net

    機長の退職により定期便の欠航を余儀なくされているエア・ドゥ。これまでもピーチ・アビエーションやバニラ・エアで運休が相次ぐなど航空業界を取り巻く「パイロット不足」の問題は年々深刻さを増している。

     そこで起きているのがパイロットの争奪戦だ。元パイロット、現役の航空業界関係者、航空経営研究所の研究員らの情報をもとに、厳しい内実に迫った。

    ■パイロットは何人足りないのか

     国土交通省は2022年に必要なパイロットの数を6700~7300人と予測している。だが、現状いるパイロットは5700人足らずで、定年退職による自然減も考慮すると、新たに年間200~300人の確保が必要とされている。

    「副操縦士の数はそこそこいるが、能力的にそのすべてが機長に昇格できるわけではないし、現役バリバリでやっている機長は定年退職直前の60代の人たちも多い。このままでは今以上にパイロット不足で運航できない状況が出てくるだろう」(業界関係者)

     パイロットの一斉リタイヤが懸念される“2030年問題”はすでに始まっているのだ。

    ■若手パイロットの養成はどれだけ期待できるか

     パイロット不足の対策として、国が航空大学校の採用枠を増やしたり、航空会社がパイロット養成課程を持つ私立大学への奨学金制度を創設したりするなど若手の育成に力を入れ始めているが……。

    「パイロットになるには、専門的技術はもちろんのこと、一般的な基礎学力も必要だし、日々努力する素養がなければ務まらない。若手の養成枠を増やしたところで、その分採用数も増えるとは限らない」(航空経営研究所)

    ■機長ヘッドハンティングの現場

     パイロットを自社で養成するのは長期的な戦略としては有望だが、直近の人材難を解消する手立てにはならない。より高度な能力が求められる機長ならなおさらだ。

     そこで、一番手っ取り早いのが、他の航空会社から優秀な機長を引き抜くヘッドハンティングだ。実際にどんな手法で行われているのか。
    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00000007-pseven-bus_all



    【パイロット不足で争奪戦が激化 年収2000万円超の攻防】の続きを読む

    このページのトップヘ