ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 解雇

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/01(火) 20:24:14.31 ID:CAP_USER.net
     ホテルニューオータニ=東京都千代田区=に入る高級すし店で板前補佐として勤務していた男性(20)が1日、体にタトゥー(入れ墨)があるとの情報で解雇されたのは違法などとして、店を運営する紀尾井久兵衛=同=に計580万円の損害賠償と係争中の賃金支払いを求める労働審判を東京地裁に申し立てた。

     
     男性の代理人弁護士によると、男性の友人は7月26日、すし店店長に男性にタトゥーがあることを示唆。その話を聞いた紀尾井久兵衛社長は2日後、事実確認をしないまま男性を解雇した。同月末には、男性が住んでいた杉並区内の寮も退去するよう求めた。

     男性と紀尾井久兵衛双方の代理人の協議後、解雇は8月に撤回されたものの、体にタトゥーが入っている間は調理準備の仕事しかできないと告げられたという。

     男性の代理人弁護士は、男性にタトゥーがあるかは明らかにしていない。弁護士は「就業規則でタトゥーは禁じられておらず、解雇は違法。退去の強要行為も損害賠償の対象となる」としている。 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/61e7c0828f32c9e4dd2bce7cb26ce17fc28270f1

    【入れ墨情報で高級すし店解雇】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/07/02(Thu) 14:47:04 ID:CAP_USER.net
    新型コロナウイルスの感染拡大に関連した解雇や雇い止めの人数(見込みを含む)が1日時点で3万1710人になった。6月4日に2万人を超えて1カ月足らずで1万人増えた。雇用情勢は一段と厳しくなっている。

    厚生労働省が2日、明らかにした。6月26日時点での業種別集計では宿泊業が5千人を超え最多。飲食業と製造業が続き、ともに4千人を上回った。同省は全国の労働局やハローワークを通じて2月から日々の最新状況を集計している。

    総務省の労働力調査では5月の完全失業者(季節調整値)は197万人と前月から19万人増えた。このうち勤め先の都合などによる「非自発的な離職」は7万人の増加だ。潜在的な失業リスクを抱えた休業者は423万人で、今後、さらに失業者が増える可能性がある。
    2020/7/2 14:40
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61064460S0A700C2EE8000/

    【新型コロナでの解雇3万人超に 1カ月で1万人増加】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/06/27(土) 13:38:17 ID:CAP_USER.net
    タイのLCC(低コスト航空会社)のノックスクート・エアライン(NCT/XW)は現地時間6月26日、会社を清算すると発表した。従業員425人は解雇された。14日後を目処に開催予定の株主総会で同様の決議をする見通し。


    バンコクのドンムアン空港を拠点とするノックスクートは、タイのLCCのノックエア(NOK/DD)とシンガポール航空(SIA/SQ)系LCCのスクート(TGW/TR)の出資により、2014年設立。日本には成田空港と関西空港、新千歳空港に乗り入れていた。機材はボーイング777-200ER型機が7機で、座席数は2クラス415席だった。

    最初の日本路線となったバンコク-成田線は、2015年3月末までの就航を目指していたものの、同時期にタイ航空局(CAAT)が国連の専門機関ICAO(国際民間航空機関)から「重大な安全上の懸念(SSC)」を指摘されたあおりを受けて就航を延期。チャーター便を運航後、2018年6月1日に就航した。2路線目のバンコク-関西線は同年10月28日に、3路線目のバンコク-札幌(新千歳)線は2019年10月27日に開設した。

    旺盛な訪日需要により成田線の増便もみられたが、26日の声明によると「2014年の設立以来、非常に厳しい状況の中で運航している」と、採算性の改善がみられなかったようだ。競争環境の激化に加え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による渡航制限や需要急減で業績がさらに悪化。「需要回復と持続的な成長への道筋が見えていない」として、同社の取締役会は精算を決めた。

    従業員は解雇手当を支払った上で解雇したとしており、今後は少人数が清算完了まで残るという。
    https://www.aviationwire.jp/archives/205573

    【タイLCCノックスクートが清算手続き 従業員は解雇】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/06/03(水) 06:08:59 ID:CAP_USER.net
    新型コロナウイルスの影響で、解雇や雇い止めにあった人は全国でこれまでに1万6000人余りで、業種別では宿泊業が最も多く、およそ4000人に上っていることがわかりました。

    厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの影響による経営悪化を理由に解雇されたり雇い止めにあったりした人は、見込みも含めると、ことし1月末から先月29日までで1万6723人に上っています。

    業種別に見てみますと、最も多いのは宿泊業で3702人、次いで観光バスやタクシー運転手といった道路旅客運送業が2287人、製造業が2269人、飲食業が2122人などとなっていて、観光分野での影響が大きくなっています。

    都道府県別では、東京が最も多く2495人、次いで大阪が1789人、北海道が1025人などとなっています。

    一方、全国のハローワークなどに休業や解雇の相談に訪れた事業所の数は、先週1週間だけで8000件余り増え、3万214件にのぼっています。

    厚生労働省は「先行きが見えない経済状況が続けば、従業員の解雇が、さらに増えるおそれがある。企業は、雇用調整助成金などを活用して、できるだけ雇用を維持してほしい」としています。
    2020年6月3日 4時30分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200603/k10012455751000.html

    【新型コロナで解雇や雇い止め1万6000人余り 最多は宿泊業】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/22(金) 18:08:10 ID:CAP_USER.net
    加藤勝信厚生労働相は22日の記者会見で、新型コロナウイルス関連の解雇や雇い止めが21日時点で1万835人に上ったと明らかにした。政府が緊急事態宣言を発令した4月から急増し、5月だけで全体の7割近い7064人を占める。雇用情勢が急速に悪化している実態が浮き彫りになった。

    厚労省は2月から、解雇や雇い止めについて見込み分も含めて都道府県労働局の報告を集計している。月ごとに見ると、2月が282人、3月が835人、4月が2654人。5月は20日時点で5798人だったが、21日には7064人となり、千人以上増えた。

     加藤氏は「日を追うごとに増加している」と述べた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/57938f22468dad313030e71eceae6c285cc962d8

    【コロナ解雇1万人超 5月だけで7千人】の続きを読む

    このページのトップヘ