ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 資格

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/24(火) 18:56:38.91 ID:CAP_USER.net
    「今、どの資格を取るべきか」。IT関連資格の取得動向は、ITエンジニアに求められるスキルやノウハウの変化を映す。デジタルトランスフォーメション(DX)の台頭で、クラウドやAI(人工知能)関連資格に注目が集まる。日経 xTECH会員へのアンケート調査から、「いる資格」「いらない資格」を探った。

     「IT資格実態調査」として2019年8月、Webサイト「日経 xTECH」でアンケートを実施。編集部がピックアップした49種類のIT資格について、保有状況や役立ち度合い、取得意向を調べた。読者会員455人の回答を得た。調査結果から、IT資格取得のトレンドを読み解こう。

     まず、回答者が現在持っているIT資格を見よう。

    保有者の伸びトップはPMP
    「保有している」というIT資格を全て答えてもらい、10人以上が保有するものについて多い順に並べた。

    1位は「基本情報技術者」で281人が保有、全回答者455人に占める「回答率」は61.8%に上る。2位は47.9%(218人)で「応用情報技術者」。3位は「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」で31.6%(144人)だった。ベスト3に入った資格の順位は、2018年8月に実施した前回調査と同様だった。

     保有者が増えているIT資格を、前回調査の回答率との差分から調べた。回答率の伸びが最大なのは「PMP(Project Management Professional)」でプラス6.1ポイント。「情報処理安全確保支援士」(プラス5.9ポイント)、AWS(Amazon Web Services)の「AWS認定各種(ソリューションアーキテクトなど)」(プラス4.5ポイント)がそれに続いた。

     49種類のIT資格のうち、15が前回に比べて回答率を落とした。減少幅が最も大きいのは応用情報技術者でマイナス2.0ポイントだった。後述するが、セキュリティー関連資格のマイナスも目立つ。

     全体を通じて、IPA(情報処理推進機構)が実施する資格が上位を占める構図は前回と変わらない。民間資格では、「ITIL系(EXIN認定試験/ITILファンデーション試験など)」が20.7%(94人)で全体の5位に入った。回答率が最も伸びた「PMP」は、前回の11位から7位へ順位を上げた。米Oracleの「オラクル データベース分野(ORACLE MASTER、認定MySQLなど)」は17.1%(78人)で9位と、堅調さを示した。

     クラウド関連のIT資格保有者が増えてきたのが注目点の1つだ。「AWS認定各種」は8.1%(37人)で、ベスト20に食い込んできた。「マイクロソフト クラウド分野(Cloud Platform、Linux on Azure)」は2.2%(10人)で、今回初めてランクインした。

     今回の調査では、日本ディープラーニング協会のAI(人工知能)関連のIT資格を2つ選択肢に加えた。その保有者は、ジェネラリスト向けの「G検定(JDLA Deep Learning for GENERAL)」が13人、エンジニア向けの「E資格(JDLA Deep Learning for ENGINEER)」が3人だった。後述するが、どちらの資格も「これから取得したい」という意欲が強い。DX推進の圧力が増す中、高度なデータ分析のニーズが背景にあるのは間違いない。
    https://cdn-tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00969/091100002/zu01.png
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00969/091100002/

    【「役立つIT資格」ランキングに異変、8位に初登場したあの資格】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/01(金) 12:02:02.51 0.net
    デスクワークの仕事をしたいのだが
    行政書士より使える資格なのだろうか

    【宅建という資格を取ろうと思うのだが この資格があれば食うには困らない感じなの?】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/07/20(金) 15:21:19.13 ID:CAP_USER.net
     2017年に発足した日本ディープラーニング協会(JDLA、東京・港)の活動が活発になってきている。18年7月には、人工知能(AI)の検定試験「G検定」合格者の交流イベントが開かれた。将棋AI開発のHEROZも協会に正会員として加入する。ソフトウエアエンジニア向けの本格的な試験も9月に控えている。JDLAが起こした運動が産業界にも広がり始めている。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20180720/96958A9F889DE1E1E0E2E1E2E5E2E0E2E2E5E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3320303020072018XY0001-PB1-1.jpg
    岡田事務局長は、約180人の合格者を前に「この景色が見たかった」と叫んだ

    https://www.nikkei.com/content/pic/20180720/96958A9F889DE1E1E0E2E1E2E5E2E0E2E2E5E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3320305020072018XY0001-PB1-1.jpg
    G検定の成績優秀者らと写真に写る松尾豊東京大学特任准教授(前列右から6人目)

     「皆さんが、ディープラーニング(深層学習)を世界に広げる役割を担ってください」。東京都内で開いた合格者の集いで、JDLAの岡田隆太朗事務局長はこう叫んだ。これまで2回行った試験では合計3495人が受験し、1959人が合格している。この日は、大手システム開発会社や飲料メーカー、AIスタートアップの開発者など約200人が一堂に会した。

     JDLAは、東京大学の松尾豊特任准教授が理事長を務める一般社団法人で、AIスタートアップのアベジャ(東京・港)の岡田陽介最高経営責任者(CEO)や、ブレインパッドの草野隆史会長などが理事に名を連ねる。

     問題意識は、「AIをブームで終わらせない」の一点につきる。深層学習が何が得意で何ができないのか。技術を扱う上では基本的なことを民間企業の役員などに伝える。G検定が狙うのは企業の上層部など、AIをビジネスに使う側だ。「仕事を発注する側のリテラシーが上がればいいと思う」(松尾特任准教授)

     こうした取り組みは産業界にも波及している。マーケティングやプロモーション事業の西川コミュニケーションズ(名古屋市)は、社員数百人に情報通信機構(NICT)のAI白書や深層学習関連の書籍を読ませ、G検定を受けさせているという。大手自動車部品企業も、技術の見極めができる目安となるG検定を社内で重視し始めた。「工場などをIT(情報技術)化した時に、専門家に任せすぎて失敗したことが背景にあるようだ」(岡田事務局長)

     過去2回のG検定では、受験者の半数以上をシステムエンジニア(SE)やIT技術を扱う人だった。しかし問題意識を持つ一般企業の社員の合格者も多い。大手飲料メーカーの経営企画・財経本部の課長職の男性は「業務効率化などに生かしたい」。最近まで保育士だったという杉本美緒さんは「AI関係の仕事をする父の手助けになれば」と半年足らずの猛勉強でG検定に合格した。

     情報技術に触れてこなかった人にとってAIにつかう数式や深層学習のアルゴリズムはとっつきにくい。しかしJDLAをはじめとした普及活動で少しずつ裾野が広がってきている。 (矢野摂士)

    2018/7/20 14:59
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33203070Q8A720C1000000/

    【AIの知識を問う「G検定」 合格者の裾野広がる】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/04/05(木) 00:51:59.31 ID:CAP_USER.net

    IT系の教育事業を行う米グローバルナレッジは、米国において現在取得可能なIT系の資格のなかから高い収入を得られる15の資格をランキングで紹介した記事「15 Top-Paying IT Certifications for 2018」を公開しています。

    同社は、収入のレベルはおもに働いている場所や本人の経験、企業の種類などに依存するとしつつも、資格を取得しようとするときにはこうしたリストが参考になるのではないかと説明。紹介された資格は一定の信頼性を保つために少なくとも100人分の情報が得られたものだけにしてあるとのことです。

    1位は公認ITガバナンス、2位はAWS認定ソリューションアーキテクト
    同社のランキングによると、1位から10位までは次のようになっています。

    1位 公認ITガバナンス専門家
    (Certified in the Governance of Enterprise IT (CGEIT) - $121,363)

    公認ITガバナンス専門家(CGEIT)は、ISACA(Information Systems Audit and Control Association:情報システムコントロール協会)が設定する資格です。

    公式サイトの情報によると公認ITガバナンス専門家は、IT戦略計画の策定や保持の監督、ITを活用した投資ポートフォリオの管理、ITガバナンス改善のため、業界で受け入れられている実践や枠組の助言などの職責を担うとのこと。

    経営の観点からITのガバナンスを実現できる人材のようですね。こうした人材と肩書きであれば、高収入であることは当然のように思えます。

    2位 AWS認定ソリューションアーキテクト ? アソシエイト
    (AWS Certified Solutions Architect ? Associate - $121,292)

    AWS認定ソリューションアーキテクト ? アソシエイトは、Amazon Web Services(AWS)が設定する資格で、AWSプラットフォームでの分散アプリケーションとシステムの設計経験がある個人を対象としています。

    公式サイトの情報によると、AWSにおけるスケーラビリティ、高可用性および高耐障害性の設計とデプロイ、既存のオンプレミスアプリケーションのAWSへの引き上げおよびシフト。データ、コンピューティング、データベースまたはセキュリティ要件に基づく適切なAWSの各種サービスの選択などを理解していることが求められています。

    現在のところクラウドが分かる開発者は引く手あまたで、しかもシステム設計が可能な開発者であれば高い収入が得られることも理解できます。

    3位 プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル
    (Project Management Professional (PMP) - $114,473)

    プロジェクトマネジメント・プロフェッショナルは、PMI(Project Management Institute:プロジェクトマネジメント協会)が設定する資格。

    公式サイトの情報によると、試験はPMIが策定した知識体系であるPMBOK(Project Management Body of Knowledge)ガイドに基づいて実施され、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施されます。

    4位 AWS認定デベロッパー ? アソシエイト
    (AWS Certified Developer ? Associate - $114,148)

    AWS認定デベロッパー ? アソシエイトは、AWSでのアプリケーションの開発と保守についての技術的な専門知識を認定する資格です。

    公式サイトの情報によると、アプリケーションについて適切なAWSサービスを選択すること、アプリケーションとAWSサービスが相互にやり取りするためのAWS SDKを取得すること、アプリケーションによって使用されるAWSサービスのパフォーマンスを最適化するためのコードを記述することなどについて理解していることが求められます。

    5位 情報セキュリティ・プロフェッショナル認証資格
    (Certified Information Systems Security Professional (CISSP) - $111,475)

    CISSP認定資格とは、(ISC)2(International Information Systems Security Certification Consortium)が認定を行っている資格です。
    http://www.publickey1.jp/blog/18/it_1_it2_aws3.html



    【高収入なIT資格はどれ? 1位 公認ITガバナンス、2位 AWSソリューションアーキテクト】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 00:00:10.58 0.net

    おいらは今30歳偏差値53の大学既卒無職職歴1年
    病気で療養中のため4年後ぐらいに正規の仕事に復帰したい
    それまでは療養プラス作業所みたいなところにいくつもり
    今は宅建士試験合格簿記2級FP3級ホムヘル2級持ち
    これから34歳で正規の仕事につくためコスパのよく
    社会復帰できる資格教えてくれ
    あと26歳の彼女が大学を卒業できるか不安定で
    高認で大学にきたからもしかしたら中退して中卒に
    なるかもしれないんだが中卒でも宅建士とれば
    雇ってもらえるの?不動産業界で



    【コスパがよく30代でも人生のやりなおせる資格を教えてくれ】の続きを読む

    このページのトップヘ