ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: ブラック企業

    1: Egg ★ 2019/08/01(木) 22:28:03.79 ID:Vj213o1L9.net
    女優の釈由美子(41)が1日、芸能事務所「トミーズアーティストカンパニー」との業務提携契約を7月31日をもって解除したことを、自身のブログで報告した。

    「新たなスタートを切るには遅い、人生の旬も見頃も薄れゆく41歳の転機ではございますがかねてより一番情熱を燃やしております俳優としてまた表現する場をいただけますよう初心に返り、
    より一層の努力と研鑽を重ね精進して参りたいと思います」と心境をつづっている。

    釈は今年4月に個人事務所を設立。同事務所を巡っては、先月に一部週刊誌が「1年半に渡りトミーズが釈に給与を支払っていなかった」などと報道。
    これを受けて同30日にトミーズ側が公式サイトに声明を掲載し、「掲載記事と事実が異なる」としながらも

    「数年に渡り本来支払うべき金額を過少に見積もった金額をお支払いしていたことは事実であり、積算された本来受け取る金額との差額について、
    釈氏と協議の上、支払い計画を講じて支払いをしております」と給与満額を支払っていなかったことを認めた。

    トミーズ側は「当事務所を離れたいという申し出は何度かございました」と釈から申し出があったことを認めつつ、「今後については協議の上、
    本人の意思を尊重しながら芸能活動のサポートをさせていただきたいと思っております」と記していた。

    事務所の発表を受け、釈は同日のブログで「本来ならタレントの情報について、注意深く管理しなければならないはずの事務所から、
    不用意にこのような情報が出されたことに正直困惑しています」と複雑な心境を吐露し、「トミーズアーティストカンパニーと協議のうえ進んで参ります」としていた。

    スポニチ 8/1(木) 22:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000197-spnannex-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190801-00000197-spnannex-000-view.jpg

    【<釈由美子>事務所との業務提携契約解除を報告!「41歳の転機」 先月に給与過少見積もり判明・・・】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/07/31(水) 22:38:32.90 ID:Ib8Ut5RL9.net
     死亡しても責任は一切負いません、賠償請求もできません――。所属芸人の多くと契約書を交わしていなかった吉本興業が、そんな規約を承諾する誓約書を提出するよう、芸人養成所「NSC」の合宿に
    参加を希望する研修生に求めていることがわかった。朝日新聞が規約の内容について尋ねたところ、吉本興業は「間違った内容が記載されているため修正する」と説明した。

     吉本興業が提出を求めていたのは、9月9~11日に静岡県掛川市で同社が主催する「NSCお笑い夏合宿」に参加するための誓約書。合宿費用は税込み4万500円で、参加を申し込む場合、同社が示す
    「規約及び注意事項」について、「私の保護者も含めて熟読、十分に理解したうえで参加する」と記された誓約書に署名し、提出するよう求めている。

     その「規約及び注意事項」では、合宿の費用や持参物とともに、15項目の順守事項を列挙。時間厳守や飲酒、喫煙の禁止などのほかに、「合宿中の負傷、これに基づいた後遺症、あるいは死亡した場合、
    その原因を問わず吉本興業に対する責任の一切は免除されるものとする」との免責事項を組み込んでいた。

     さらに、こうした傷害については「賠償請求、訴訟の提起などの支払い請求は行えないものとする」とも記載。こうした内容を含む規約について、「遵守(じゅんしゅ)しない者は、強制送還や退学処分となる
    場合もある」としている。

     一般的に、契約時に免責事項が設けられることはある。だが、2001年に施行された消費者契約法は、たとえばイベントの主催者の不法行為で生じた損害の責任をすべて免除するような条項は無効だと
    している。消費者問題に詳しい紀藤正樹弁護士は「書く必要のないことが記載されている。今の法制度にのっとらない、人を人として扱わない規約」と指摘。
    「訴訟ができない」ことについても、「憲法で認められた裁判を受ける権利を放棄させようとする内容だ」と問題視する。

     吉本興業によると、今年の合宿の規約のほかに、少なくとも17、18年に実施した合宿の規約にも、こうした内容が含まれていた。大崎洋会長が社長に就任した09年にコンプライアンスやリスク管理の
    強化方針が打ち出され、免責範囲を広めるような内容にしたという。

     しかし、5年前に顧問弁護士の指摘を受け、14~16年は「責任の一切は免除される」などの記載を修正したという。17年以降の規約に記載されていることについては、「担当者が代わり、引き継ぎが
    うまくいかずに修正前の規約を渡してしまった」としたうえで、「生徒と親御さんに与えた不信感を払拭(ふっしょく)できるよう説明していきたい」と謝罪した。

     同社は合宿の内容について、「プールで大喜利をしたり、ギャグで競い合ったり、罰ゲームはおかずの一品を減らす程度で、命の危険はない」と説明している。

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000003-asahi-soci

    【芸能】契約書作らぬ吉本、研修生から誓約書 規約に「死亡しても責任負わない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564524954/

    【吉本「死亡しても一切責任負いません」 研修生に誓約書】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/30(火) 07:22:43.40 ID:KUKo778Z9.net
    「たしかに、釈さんに対しては、1000万円にのぼる給料の未払いが発生しています。昨年4月から現在まで、約1年半にわたり、ギャラを払っていません」

     そう頭を下げるのは、女優・釈由美子(41)や山本梓(38)らが所属する、芸能事務所「トミーズアーティストカンパニー」の代表取締役を務める、倉持賢一社長(37)だ。

     同社は、ジャニーズ事務所出身の小林謙治氏が1986年に創業し、多くのアイドルや女優を輩出したプロダクションだ。そんな名門プロが「深刻な経営難」に見舞われ、看板タレントである釈への給料の支払いすら滞っているという。

     倉持社長に取材を申し込むと、「給料未払い」を認めたうえで、こう現状を説明した。

    「じつは、私は社長になったばかりなんです。6月末に、この会社を300万円で買収して社長に就任してみたら、財務状態が事前に聞いていたよりはるかに悪くて、私自身も驚いているところです」

     精査したところ、現在、同社が背負う債務は総額4000万円にのぼるという。

    「12月に受ける融資で、給料の未払いは解消する予定です。釈さんにも、それで全額を払うということで、話し合いもすんでいます。飲食店や芸能スクール運営の事業計画もあり、経営再建は問題ないと思っています。

     一方、山本梓とは連絡も取っておらず、開店休業状態。来年、契約が切れる予定です」

     倉持社長は強気だが、元社員のA氏は、本誌にこう話す。

    「借金は、前社長時代につくられたもので、使途がよくわからないものもあります。釈さんも相当怒っています。彼女は会社に籍を残したまま、4月に個人事務所を立ち上げてしまいました」

     給料が未払いならば、当然だろう。倉持社長は、釈がトミーズ専属の前提で再建計画を練っているが、厳しそうだ。

    「通常、事務所側とタレントのギャラの取り分は6対4程度のところ、釈さんの取り分は8割。この異例のギャラ配分は、釈さんを擁しているという看板代でもあり、引き留めたいという気持ちの表われです。しかし、未払いが発生したことで、信頼関係は崩壊しています」(A氏)

     そんな状態では、釈に頼った営業で経営再建するなんて、甘すぎる見立てなのでは? 釈本人は、現在3歳の男の子の育児の真っ最中。

    「今年5月、『仮面ライダージオウ』にゲスト出演し話題になりましたが、今はあくまで芸能活動より育児が最優先。子供が手を離れてから本格的に復帰するとみられます」(スポーツ紙記者)

     育児に加えてタダ働き。余裕 “しゃくしゃく” になるのはまだ先か。


    (週刊FLASH 2019年8月13日号)


    7/30(火) 6:02配信 SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00010000-flash-ent
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/07/29212930/shaku_1_t.jpg

    【釈由美子、タダ働き1年半「給料1000万円」未払いトラブル】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/29(月) 16:29:15.80 ID:25Gjeq469.net
    大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も
    発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(71)が、読者からの相談に答える!

    【Q】「役者をしていますが給料が安いため、事務所を通さない闇営業のイベントで稼いでいます。
    闇営業で自粛している芸人を考えると複雑です。蛭子さんは闇営業をどう思います?」(熊ち愛おさん・32・役者修業・千葉県)

    【A】「後ろめたいお金を使っても楽しめないので闇営業はしない」(蛭子能収)

    芸人さんが活動を自粛しているのは闇営業よりも、反社会的組織の宴会に出たからだと思うんですけどね。

    お金を稼ぐことは人生のなかでも尊い行為です。オレにとって「闇営業」は女房に知られないでギャラを手に入れること。
    かつては「とっぱらい」といって日払いでギャラを手渡してくれる仕事がありました。
    オレは「戸町少年合唱団」に入っていたから歌もうまいし、こう見えて、気の利いた挨拶もできるんです。
    いつでも「とっぱらい」に対応できるように三文判も持っていますよ。

    とはいっても、最近は、そんな仕事はないし、女房に対して後ろめたいし、怒られるかと思うと落ち着きません。
    だから女房に話してしまいます。この人も稼ぎ方が気になるなら事務所に話したらどうですかね。

    気がとがめない稼ぎ方だとお金は使っても楽しいですよ。
    先日、マネージャーが競馬で18万円も勝ったので「つばめグリル」の和風ハンブルグステーキをごちそうに! いつもよりおいしかったです。てへっ!

    https://news.livedoor.com/article/detail/16848007/

    2019年7月29日 15時50分 女性自身

    【蛭子能収のゆるゆる人生相談「闇営業、どう思いますか」】の続きを読む

    1: アンドロメダ ★ 2019/07/28(日) 22:33:55.91 ID:mIyCa9iA9.net
    反社の宴会に所属芸人が参加し、カネを受け取っていた「闇営業」問題を機に大揺れとなっている吉本興業。
    ここ数日は「辞める」発言で引っ込みがつかなくなった「なんちゃって加藤の乱」に話題が集まっているが、そんな吉本騒動を静かに注目しているのが税務当局だという。

     ◇  ◇  ◇

    「契約内容が不明確であることを通じて、優越的地位の乱用などの独禁法上問題のある行為を誘発する原因になり得る」

    公取委の山田事務総長は会見で、吉本がタレントと契約書を交わしていない実態を問題視。
    すると、吉本は急きょ、希望する芸人は書面で契約書を交わす方針を固めたと報じられた。

    「希望する」という部分が芸人に対する暗黙の“踏み絵”なのだろうが、かたくなに「人間関係で」(岡本社長)と突っぱねていた吉本がなぜ、態度を一転させたのか。
    ささやかれているのは、芸人との契約をめぐるカネの流れについて詳しく知られたくないからではないか――という話だ。

    「吉本は大阪、東京両証券取引所に上場していましたが、2009年9月にTOB(株式公開買い付け)を宣言して非上場化。経営の自由度を高めて海外進出なども描いていたようですが、うまくいかず、15年には125億円だった資本金を1億円に減資。なんばグランド花月などの不動産を多数所有しているとはいえ、公開された直近の純利益(18年3月期)は7億円ほど。財務体質の改善が急務の課題というのは金融業界の一致した見方ですから、芸人へのギャラを渋ってもおかしくない。問題は、岡本社長が会見で説明した会社と芸人の取り分が『5対5』『6対4』が本当なのか、ということです」(芸能担当記者)

    芸人に対するギャラは吉本にとって経費、損金に当たる。
    吉本と芸人の取り分が説明通りであればともかく、帳簿上は「5対5」「6対4」と見せかけて実際は「9対1」「8対2」だった場合に問題となるのが“差額”の扱いだ。

    「闇営業問題で表面化したように、芸能界はもともと反社とつながりが深い。ゼネコンが地元に配る近隣対策費じゃないが、どうしても公にしたくないカネがあっても不思議ではない。ゼネコンは高い税率を課せられる使途秘匿金や使途不明金扱いで処理していますが、吉本はどういう処理をしているのか。税務当局はそこに関心があるようです」(前出の芸能担当記者)

    元国税調査官の佐川洋一税理士は「吉本は(各芸人に対する)支払調書を本人だけでなく税務署にも提出することが義務付けられているため、(脱税などの)ウソをつくことは考えにくい」とした上で、こう続ける。

    「あくまで一般論としてですが、税務当局はメディア報道などにも注目しており、把握している(吉本の)申告内容と報道内容に差異があれば『あれ? 差額の申告処理はどうしているのだろうか』と税務調査のきっかけになることも考えられます」

    吉本に対し、ギャラや脱税疑惑について質問したが、期限までに回答は得られなかった。
    税務当局は果たして動くのか。

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/6/d671c_28_9c498999_0fcee8d4.jpg
    https://news.livedoor.com/article/image_detail/16842468/?img_id=21865068

    【 税務当局が吉本興業に注目 芸人ギャラの差額はどこに消えたか】の続きを読む

    このページのトップヘ