ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 企業

    1: 名無し募集中。。。 2018/10/11(木) 17:45:15.04 0.net
    よしもとプロデュースのクラウドファンディングサービス「SILKHAT」運営をベルロックメディアがサポート
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031227.html

    芸人を中心とした表現者のクリエイティブな夢をバックアップ

    株式会社ベルロックメディア

    株式会社ベルロックメディア(本社:東京都新宿区 以下ベルロックメディア)は、よしもとクリエイティブエージェンシー(以下、よしもと)が
    プロデュースするクラウドファンディングサービス「SILKHAT」の事務局運営をサポートします。

    た芸人を中心とした多くの表現者の夢を叶えるためのクラウドファンディングサービス「SILKHAT」をプロデュースします。

    「単独ライブがしたい!」「個展を開催したい!」「主演映画を撮影したい!」

    表現者の可能性を拡張し、諦めることのない「夢」を叶えるための場所「SILKHAT」の提供を開始しました。所属タレントだけではなく、
    クリエイティブな夢のためというコンセプトに合致すれば、プロジェクトを立ち上げることができます。

    >>1
    C to C…Consumer to Consumer。一般消費者と一般消費者の間の取引。

    ■事務局運営をサポート。プロジェクト成功を支える

    ベルロックメディアはこれまで培ってきたデジタルフィールドにおけるビジネスの知見を活かし「SILKHAT」の事務局運営をサポートします。
    表現者たちが多くの人を楽しませようと抱いたクリエイティブな夢。その成功までの道を支え、タレントとファンの新しい関係づくりを
    支援していきます。

    ■SILKHAT公式URL
    https://silkhat.yoshimoto.co.jp/

    <会社概要>
    社 名 :株式会社ベルロックメディア
    旗艦サイト:https://connect.vision/
    本 社 :東京都新宿区新宿5-18-14 新宿北西ビル8階
    代 表 者 :代表取締役社長 相澤 崇裕
    設 立 :2005年3月

    【よしもと、クラウドファンディングサービス「SILKHAT」開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/10/12(金) 15:03:59.83 ID:CAP_USER.net
    富士通は12日、担当者と顧客エンジニアが協力してソフトウエアやシステムを開発する新拠点を都内に開いた。食事や休憩を一緒にとりながら短期間開発の手法を学び、実際にプログラミングに取り組む。システム開発のスピード感が一層求められるなかで、IT(情報技術)サービス企業と発注者側の意識をともに改革する狙いがある。

    「今までの業務経験は」「社内ではどう評価されているの」。プロジェクトを立ち上げたばかりの技術者同士が言葉を交わす。一見しただけではどちらが発注者でどちらが請負者か分からない。

    富士通が東京都大田区で開設した「アジャイルラボ」は「主客協働型」と呼ばれるソフトウエア開発拠点だ。気分転換の卓球台にキッチンまでそろう。チームワークの向上も狙いの一つで、中村記章エグゼクティブアーキテクトは「原則、朝食を含む食事を一緒にとってもらう」と話す。

    「世界では10年以上前からある手法だが、さらに一歩踏み込みたい」。中村氏が意気込むのは「アジャイル」と呼ばれるシステム開発手法の普及だ。アジャイルは最低限必要な機能をそろえてまずサービスを始め、後から柔軟に機能を追加していく。比較的簡単なソフトウエア開発では、すでに広く浸透している。

    ただし日本企業の基幹システムは「ウオーターフォール」と呼ぶ完成形で運用開始に臨む手法が主流。欧米では製造業の部品や工程の管理、サービス業の顧客分析といった基幹システムも5割がアジャイルでつくられている。一方で、日本は1割にとどまるという。

    富士通はこの領域に斬り込む考えで、アジャイルラボが足場となる。自社エンジニアの教育を進めると同時に、システム開発の発想を根本的に変えることの重要性を顧客エンジニアにも伝える。従来のITサービス企業による「ご用聞き」ではなく、主客が協働して効率的な開発と運用のアイデアを出し合う新たな形を共同でつくりあげる。

    中村氏は「現在大きな影響力を持っている企業にも危機感がある。ITをテコに、新しい産業の担い手が次々と登場しているからだ」と強調する。スタートアップから大企業まで、ITを軸にしたサービスの発想とその運用のタイミングが生死を分ける時代になっている。富士通などITサービス企業にとって、顧客の啓発は避けて通れない道になりそうだ。
    2018/10/12 14:09
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36410510S8A011C1X12000/

    【富士通「顧客教育」の新ラボ開設、システムを短期開発】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/10/12(金) 07:51:54.59 ID:CAP_USER.net
    ヤマトホールディングス(HD)は米社と共同で、無人輸送機の開発に乗り出す。最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中での衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する。深刻な人手不足に直面する物流業界で、技術面で課題克服を目指す動きが本格化する。

    米ヘリコプター製造大手のベル・ヘリコプターと共同開発することで基本合意した。ベル社…
    2018/10/12 6:54
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36399740S8A011C1MM8000/

    【ヤマトHDが「空飛ぶトラック」、米社と開発 人手不足解消へ無人輸送機】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/10/12(金) 14:07:52.14 ID:CAP_USER.net
    家具のシェアリングサービスを運営するElaly(エラリー、東京・港、大藪雅徳社長)は7月から試験提供していたサービスを本格的に始めた。このほどサムライインキュベート(東京・品川)や複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資で数千万円を調達した。調達資金を活用し、現在は500~600種類の家具の品ぞろえを1000種類に増やす。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20181012/96958A9F889DE1E4E6E2E7E7EAE2E3E0E3E2E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3640487012102018XY0001-PB1-1.jpg
    airRoomでは月額500円から家具を借りられる

    同社が運営するサイト「airRoom」はイスやテーブルなどの家具を月額500円から借りられる。利用期間は1カ月から12カ月。引っ越しや単身赴任、模様替えなどのニーズに応える。初期費用はかからず、決済はクレジットカードで行う。試験版ではすでに数千人の利用者を集めているという。

    「東京だけで90億円、日本全体で500億円もの家具の廃棄が発生している。シェアを活用することで無駄をなくせる」。大藪社長は起業の背景をこう説明する。一人暮らしや転職者の増加で短期間で引っ越す人が増える一方で、「2人に1人は引っ越し時に家具を買い替えている」と指摘する。洋服のシェアを手がけるエアークローゼット(東京・港)などシェアリングエコノミーが普及する中で、家具でも購入から利用に切り替える動きが広がると予想する。

    エラリーは地方の家具メーカーなど提携する数十社から家具を調達して利用者に貸し出す。家具の市場は年々縮小しており、特に地方では倒産件数が増えているという。「デザインなど品質は良くてもマーケティング力が弱いのが苦戦の原因」とみており、東京を中心に都心部の利用者を開拓する。

    大藪社長は23歳で、2018年5月に同社を設立した。今回の調達資金はサービス機能や品ぞろえの拡充に充てる。月額5000円ほどで、イス、テーブル、ソファなど部屋に必要な家具をパッケージで借りられるプランも始める。将来的にはクッションなどの雑貨や家電製品に広げることも視野に入れる。現在の従業員数は5人で、今後は10人強に増やしていく。

    2018/10/12 12:19
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36405580S8A011C1000000/

    【Elaly、月額500円から家具シェアリング】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/10/11(木) 15:28:15.21 ID:CAP_USER.net
    ユニクロを運営するファーストリテイリングは11日、柳井正会長兼社長の長男と次男を取締役に昇格させる人事を固めた。創業家として経営を監督する体制づくりに一歩を踏み出す。

    同社は創業者の柳井氏が経営全般の指揮を執ってきた。柳井氏はかねて「息子の世襲はない」と述べ、長男や次男は経営を執行するより、会長や副会長の立場から会社のお目付け役になると説明してきた。

    取締役に就くのは柳井氏の長男の一海氏と次男の…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2018/10/11 14:31
    日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36356590R11C18A0TJ1000/

    【ファストリ、柳井氏の長男と次男を取締役に】の続きを読む

    このページのトップヘ