ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 企業

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/26(Thu) 12:50:12 ID:CAP_USER.net
    [25日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のマスク最高経営責任者(CEO)は、25日にツイッターで、米ニューヨークの工場を「人力の及ぶ範囲で可能な限り早く」再開し、新型コロナウイルスに感染した患者のための人工呼吸器を生産すると表明した。

    医療機器メーカー、メドトロニック(MDT.N)のオマー・イシュラックCEOは、この日CNBCに対し、すでにテスラとの協業を開始したと述べた。テスラはカリフォルニア州フリーモントの工場でも人工呼吸器の生産を近く開始するとみられる。

    世界各国の政府は、自動車メーカーや航空宇宙企業に、人工呼吸器やその他の医療機器の調達での支援や製造を要請している。

    マスクCEOは24日、テスラがこれまでに、中国で人工呼吸器を調達し、米国に出荷したと述べていた。

    2020年3月26日 / 11:46
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-tesla-idJPKBN21D09Z

    【米テスラ、「可能な限り早く」NY工場再開し呼吸器生産へ=CEO】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/23(月) 22:01:09.69 ID:CAP_USER.net
    [東京 23日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減に見舞われているANAホールディングス(9202.T)傘下の全日本空輸は、新たに採用した客室乗務員の入社時期を予定より後ろ倒しする。大幅減便で人員余剰となっているが、雇用は維持し、新人客室乗務員の入社時期の延期や客室乗務員5000人の一時休業などで難局を乗り切る。手元資金の減少に備えるため、金融機関からの借り入れも検討している。関係筋が明らかにした。

    全日空は、今後の国際線における新規就航や増便に備え、客室乗務員を大量に採用しており、4月以降に計658人の客室乗務員が訓練の関係上、段階的に入社する予定だった。新型コロナ感染拡大で大幅減便を余儀なくされているため、それぞれの入社時期を1カ月程度先送りするが、10月末までには全員入社する計画だ。事態の正常化に備え、人材は確保する。

    新型コロナ感染拡大防止のため、日本政府が人の集まる大規模イベントなどの自粛を要請。日本政府と世界各国が入国・出国・行動制限などを実施しており、新型コロナ問題発生以降、全日空の国内線は約15%、国際線は約40%の減便を強いられている。問題の長期化も想定されることから、金融機関からの借り入れの実施に向け、借り入れ期間や調達規模、条件などを現在、検討しているという。

    同社はすでに客室乗務員約5000人を対象に積極的な一時休業制度の活用を労働組合側に提案。一般職の労働条件見直しについても労使間で協議している。役員報酬や管理職賃金の削減も検討中だ。

    現時点では、新型コロナの終息時期を5月に仮置きした緊急対策を策定し、6月以降も続く場合の対応策も並行して講じる。3月中に公表する予定だった2022年度までの中期経営計画の発表も先送りする。

    ANAの広報担当者は、今後の財務状況などについてはコメントできないとした上で「乗客と従業員の健康と安全を常に最優先で考えている」と述べている。
    https://jp.reuters.com/article/ana-airline-japan-idJPKBN21A1R3?il=0

    【ANAが客室乗務員の入社時期後ろ倒し、借り入れも検討=関係筋】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/03/16(月) 08:08:18.77 ID:CAP_USER.net
     大阪商工会議所は12日、時差出勤やテレワーク(在宅勤務)の導入、子育て中の従業員の休暇取得促進など、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた企業の対応状況に関する緊急調査結果を公表した。大手企業では対応が進む一方、中小企業では人手不足やIT化の遅れなどを背景に対応が進まない現状が浮き彫りになった。

     調査は489社を対象に実施し、有効回答率は56.2%(275社)。手洗いや消毒液設置などの感染予防は8割超の企業が行っているが、政府が奨励する「時差出勤」は大企業(資本金3億円超)は83%が取り組んでいるのに対し、中小企業(同3億円以下)は20.7%にとどまった。テレワークも大企業は54.7%が実施している一方、中小企業は9.5%だった。

     時差出勤が困難な理由は「社員が少なく、朝の業務対応ができなくなる」ことなどがあった。テレワークができない背景には「必要なITシステムが整っていない」(建築材料卸)「仕入れ先との対面での打ち合わせが必須」(金属製品製造)などの声が上がった。

     学校の休校措置を踏まえた対応も、「有給休暇の取得奨励」は大企業の58.5%が実施しているのに対し、中小企業では40.1%だった。逆に「特段の対応は取っていない」と答えた大手は7.5%だったが、中小は41.9%に上った。人員に余裕がなく、他の従業員の負担が増大することなどが背景にあるという。

     大阪商工会議所の担当者は「多くの中小企業は現在、経営が急激に悪化し、従業員の給与支払いの維持などが喫緊の課題になっている」と分析し、政府が奨励する対策も「容易には取れない状況」としている。
    2020年03月16日 07時00分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/16/news044.html

    【テレワーク実施率、大企業と中小企業で大きな差 「必要なITシステムが整っていない」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/18(水) 18:45:30.91 ID:CAP_USER.net
    ソニーは2020年度、優秀な若手・中堅の従業員の年間の基本給を、最大で標準よりも250万円高くする。一般的な係長未満に相当する「上級担当者モデル」の従業員が対象。横並びの給与体系を見直し、貢献度の高い社員に報いる。若手・中堅社員の処遇を改善し、「GAFA」と呼ばれる米IT大手などとの業界の枠を超えた人材獲得競争に備える。

    18日にソニー中央労働組合に回答した。20年度の昇給率の平均は約2%だが、…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56952120Y0A310C2916M00/

    【ソニー、若手・中堅社員の基本給最大250万円高く】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/03/19(Thu) 12:13:08 ID:CAP_USER.net
    シャープの戴正呉会長兼社長は日本経済新聞の取材で、高精細映像技術「8K」や、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」と人工知能(AI)を組み合わせた「AIoT」で成長を目指す考えを示した。後任は自身と同様に「創業者のような意識」が必要だが見つかっておらず「困っている」と述べた。主なやりとりは以下の通り。

    ――2020年度からの中期経営計画ではどんな方向を目指しますか。

    「量から質へ焦点を移し、利…
    2020/3/19 11:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56944720Y0A310C2TJC000/

    【「後任探し、困っている」戴シャープ会長兼社長】の続きを読む

    このページのトップヘ