ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 起業

    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/28(水) 21:16:16.95 ID:CAP_USER.net
    出生数が下がり続け、人口減が顕著な日本。国内のマーケットに将来を望めず、海外進出を狙う企業が増えています。6年ほど前にマレーシアの首都クアラルンプールで起業し、家族5人で現地に移住した中村芙美子さんも、そうした起業家の一人でした。

    今回、彼女に海外進出のリアルなエピソードを聞いたところ、「3つの成功法則」が見えてきました。現地で幾多の困難を乗り越え、事業を継続してきた中村さんの体験談は、これから海外進出を目指す方にとって、貴重なアドバイスとなりそうです。

    ──中村さんがクアラルンプールに移住したきっかけは、なんでしたか?

    3人の子供たちの教育が目的でした。私は高校生時代にカナダの高校に留学した経験があり、それが人生の転機の一つになっています。実は日本の高校が合わなくて2回退学しているんですが、カナダに行ってから英語力が身に付いて視野が広くなったし、勉強をおもしろいと感じるようになり、無事に高校を卒業できました。

    だから、いずれは子供たちを外国で育てたいという思いがあったんです。当時、5歳、3歳、1歳の子供がいたのですが、彼らをインターナショナルスクールに通わせたいと思って調べていたところ、マレーシアなら費用や条件面で可能であることがわかりました。

    ──海外移住ではビザ問題がありますが、どのように解決したのでしょうか?

    マレーシアのインターナショナルスクールに子供を通わせた場合に得られる保護者ビザでは、片親しか現地に住むことができません。私たちは夫も含めて家族全員での移住を希望していたので、現地で就職するか、起業するか、年齢的にもどちらかの選択肢しかなかったんですよね。

    夫は英語が流暢ではなく、私は宝石鑑定士の資格とWEBマーケティングの知識が少しあるだけで、現地での就職は困難でした。なので、現実的にビザを取得できる方法が"現地での起業"だったんです。まずは日本人向けのWEBマーケティング会社を夫婦で立ち上げました。

    ──右も左もわからない異国の地で事業を軌道に乗せるのは、相当のご苦労があったのではないですか?

    移住して少ししてから、マレーシアの情報を発信するWEBメディア「マレーシアマガジン」を立ち上げたんです。当時は日本語でマレーシアの情報を得られる情報サイトが、ほぼなかったので、そこから仕事の幅が広がりましたね。

    ──メディアを通じて、仕事の依頼が増えたということですか?

    メディア運営だけで十分な収入を得るのは難しいですが、メディアを窓口にして撮影依頼やコーディネートなど、さまざまな問い合わせをいただくようになりました。

    このような案件について、マレーシアには柔軟に対応できる日本人が少ないんです。すべての依頼にお応えすることは困難でしたが、未経験でもとにかくチャレンジしてみようと、「できる・できない」を振り分けていきました。日本にいたらおこがましくて請けられないような仕事も、こちらでは単純に人がいないから、「下手でもやらないよりはマシ」ということで、チャレンジさせていただけることが多いんです。

    ──当初、想定していたWEBマーケティング事業だけでなく、仕事の幅を広げていったことで活路を開いていったんですね。

    クアラルンプールで6年以上、事業を続けてきて悟ったのは、「事業計画書どおりに仕事を進めるのは、ほぼ不可能」だということです。日本企業の多くはキッチリ事業計画書を作って、計画に沿って忠実に進めようとしますが、海外ではそれが通用しません。

    事業計画に忠実になりすぎず、「なんでもやります」のスタンスでいるほうが、事業が順調に回ることが多いのではないかと思います。

    ──クアラルンプールで腰を据えて事業を展開するなかで、もっとも大変だったことはなんでしたか?

    日本人とマレーシア人の間で板挟みになることですね。多くの日本人は商習慣の違いを考慮せず、日本のやり方をそのままマレーシアに持ち込もうとしますが、それは無理な話です。先程もお伝えしたように、計画書通りに進んだ事例は見たことがありません。

    ──具体的にどんなトラブルがありましたか?

    価格や見積もりといったお金の交渉は困難を極めることが多いです。交渉しているうちについ感情的になり、結果的に決裂してしまうことも少なくありません。

    あとは、日本人の「察する」とか「根回しする」といった文化も、こちらには一切ありません。契約で取り決めたことしかやらないのが基本スタンスで、それ以上を求めるなら追加料金が必要です。実際に動き始めてみないと、どこまでやってくれるかが不透明な部分もあり、この辺りの調整が非常に難しいところで
    以下ソース
    https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/travel/entry/2019/020094.html

    【マレーシアで起業して家族5人で移住! 中村芙美子さんに聞く「海外進出3つの成功法則」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/02(金) 15:48:54.95 ID:CAP_USER.net
    2020年度中にもスマートフォンで法人設立が可能になりそうだ。内閣府がこのほど「マイナポータル申請API」についてバージョン1.0ドラフト版の仕様を公開した。同API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)は法人設立に関する行政手続きをワンストップ化するものだ。2020年度中にバージョンアップを計画しており、登記を含む法人設立に関する全手続きをワンストップでこなせるようになる。

     マイナポータル申請APIの仕様書は内閣府のホームページで申し込むことによって入手できる。ソフトベンダーなどが同APIを使うことで、法人設立や従業員の社会保険・税手続きの一括申請を行える企業向け業務システムやWebサービスを提供することが可能になる。

    個人が法人を設立する際は、マイナンバー制度を基にした個人向けポータルサイト「マイナポータル」とマイナンバーカードの内蔵ICチップに搭載した公的個人認証サービス(JPKI)を利用する。スマートフォンがマイナンバーカードの内蔵ICチップのリーダーになるため、スマホで法人を設立することも可能になる。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/02674/

    【スマホで法人設立が可能に、内閣府が「マイナポータル申請API」の仕様公開】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 17:35:41.61 0.net
    田舎もんはチェーン店大好きだぞ

    【脱サラした意識高い系の人が田舎で古民家カフェとかごじゃれたことやっちゃうけど 採算取れるの?】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/27(月) 06:39:57.36 ID:CAP_USER.net
    インターネットを利用して副業をする人が増える中、確定申告などの事務作業を支援するサービスが相次いで始まっています。

    このところインターネットのフリーマーケットの普及などで副業をする人が増えていますが、こうした人は一定以上の所得があると確定申告をする必要があるほか、契約書が必要になるケースも多く、事務作業が負担になっているという指摘が出ています。

    このため、会計ソフト大手の「フリー」は、今月からホームページで、副業で確定申告が必要かどうかや、納税額がいくらになるかを無料で診断するサービスを始めました。
    さらに、確定申告を行う場合には、必要な書類を作成するサービスも提供しています。

    担当の前村菜緒さんは「大企業の中には、副業をやってみたいけど、自分で税金のことを考えたり確定申告をしたりするのが不安で、一歩を踏み出せない人がいると聞いているので、そういう人への後押しになればと思う」と話しています。

    このほか、業務委託の仲介を行っている「ランサーズ」も、副業やフリーランスで働く人を対象に、ことし6月から1か月480円で契約書の作成支援などを提供するサービスを始めています。

    副業をする人が増える中で、こうしたサービスはさらに増加することが予想されます。
    2018年8月27日 4時30分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180827/k10011595201000.html

    【広がる「副業」 事務支援のサービス 相次ぎ始まる】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/07/29(日) 05:07:09.31 ID:CAP_USER.net
     東南アジアに軸足を移す日本人起業家が増えている。共通するのは成長性の高い6億人市場で足場を固め、世界展開を最終目標に掲げる点だ。東南アジアのベンチャーキャピタル(VC)投資額は日本の16倍。規制や商習慣が独特の日本でサービスを立ち上げて「ガラパゴス化」するよりも、東南アジアで事業の急拡大をめざす。

     「最初から世界で通用するビジネスをつくりたかった」。人工知能(AI)を活用した広告事業や採用支援の…
    2018/7/28 23:42
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33543260Y8A720C1EA4000/

    【日本人起業家は東南アジアへ 6億人市場、VCも活況】の続きを読む

    このページのトップヘ