ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 派遣

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/15(金) 13:30:50.39 ID:???.net
    http://lite-ra.com/2015/05/post-1080.html

     多くの大企業が新卒採用には意欲的と伝えられている2015年の日本。しかし、
    中高年になればなるほど、厳しい労働環境が待ちうけているのは変わらない。
     リストラで正社員の地位を追われた。老親の介護のために会社を辞めて田舎に帰った。
    賃金カットで住宅ローンが払えなくなった。年金が少なくて生活できないなど様々な事情で困窮する中高年だが、
    「へたに中高年を採用すると売り上げに響く」という説がまことしやかに囁かれ、ひとくくりに忌避される。
    時給1500~2000円といった好条件の職場は「中高年はお断り」で、すんなりと採用されるのは時給800~900円といった
    低賃金の警備、清掃、介護ばかりだ(警備、清掃、介護は「三種の辛技」と言われている)。
     さらに、経済的に困窮する労働者の足元を見て、大ウソの就業条件をうち、低コストで人集めをする企業も多い。
    劣悪な労働環境で働かざるをえないのだ。
    「扱うモノがモノなので女性が多く、明るく楽しい職場ですよ」という謳い文句で集めた「化粧品の検品」。
    ところが、現地に行ってみれば、真っ赤なウソで、実際には、大手印刷会社の倉庫内で5時間えんえんとカレンダー作り……。
    「お菓子の工場での製造補助。女性に大人気の職場。パティシエにお菓子作りを教えてもらっちゃいましょう」
    という洋菓子工場の仕事。ところが、現地に行ってみれば工場街の一角にある灰色の建物、
    実際の仕事は消毒液の塩素ガスがたちこめる密室内でひたすら6時間、イチゴのヘタとりをさせられた……。
     ウソが横行する派遣の広告と、ウソと気づいても働かざるをえない中高年労働者の現実に迫ったのが、
    『中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇』(中沢彰吾/講談社現代新書)だ。
    元毎日放送アナウンサーという異色の経歴を持つ58歳のジャーナリストが
    試験監督・学会運営補助・検品などの日雇い派遣バイトを自ら体験し、労働法無視の奴隷労働の現場に迫っている。
     たとえば、さきほどの「化粧品の検品」と騙って集められた「カレンダー作り」は、タコ部屋同然の監禁労働だ。

    「派遣はエレベータ使用禁止」のため作業場のある5階に駆け上がり、点呼の際には、事務服姿の若い女性から、
    「(返事が)聞こえねえよぉ。声は大きくっていつも言ってんだろ」と罵倒され、ベルトコンベア前に並んで
    1個25秒で卓上カレンダーを作成し続けなければならない。午後5時から5時間の勤務で私語厳禁。
    休憩は2時間30分後に15分間のトイレ休憩のみ。体調不良で作業場から出ようものなら、欠勤扱いになるのだ。
     派遣会社で聞いた仕事の内容が違うと若い作業監督にクレームをつけようとするも、
    「言い訳するな。二五秒で一つできなければ欠勤扱いだからな」と刑務所の看守並みのドスのきいた低い声でドーカツされ、
    やむをえず作業を始めても、作業監督から「いい年して、どうして人並みのことができないんだ!? 
    いったいここへ何しに来てんだ」と怒声を浴びせかけられる……。

     これだけでも十分にブラックな現場なのだが、さらに異様なのは、押し黙って働いている70人ほどの多くが中高年ということだ。
    一方で派遣先のスタッフは若く、自分の親とそう変わらない年齢の中高年の派遣労働者を罵倒し続けるのだ。

    【仕事内容はウソ、奴隷並みの扱い…中高年の派遣労働のブラックすぎる実態】の続きを読む

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/05/14(木) 17:13:21.15 0.net
    ソース




    【政治】“三度目の正直” 派遣法改正案、きょうから審議へ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1431418461/



    働き方の多様化とは一体なんなのか??

    【【衝撃】「派遣会社」が多い国ランキングがおかしい】の続きを読む

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/05/11(月) 17:19:11.29 0.net
    僕の要領の悪さじゃライン作業はむりです
    辞めていいですか
    どうやって辞めるの

    【自動車組立工場に派遣で入って二週間目だけど向いてないから辞めたい】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/11(月) 22:20:32.29 ID:???.net
    http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150511_701155.html

    株式会社パソナは11日、日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)の協力の下、
    派遣社員・契約社員の指揮命令や勤怠管理のツールを活用し、顧客企業における「テレワーク等の柔軟な働き方」の導入を支援すると発表した。

     女性の活躍、多様な働き方を実現するため、多くの企業が在宅勤務を含めた「テレワーク」を検討している。
    しかし、導入には最適な環境選定をはじめ、情報管理、勤怠管理、就業規則、
    遠隔でのコミュニケーションなど懸念される課題も少なくない。中でも派遣社員の場合は、
    労働者派遣法で定められている派遣先企業の指揮命令や勤怠管理の必要性から、テレワークの導入は容易ではないという。

     そこで、パソナは派遣社員・契約社員など時間管理労働者のテレワークによる労務管理を可能にする
    「労務管理ツール」を提供し、導入のための環境構築や運営に関わる各種課題を加味した
    コンサルティングサービスを提供する。一方のマイクロソフトは、パソナによる「テレワーク」および
    「リンクワークスタイル」の推進をIT・クラウドベンダーとして支援する。

     なお、「リンクワークスタイル」とは、テレワークに最適な業務環境を導入することで、
    さまざまな人材が個々の能力を最大限発揮し、働く場所を問わず、ワーカー同士でつながって
    高い業務成果を生み出す働き方として、パソナが提唱するもの。

     マイクロソフトはテレワークを含む「フレキシブルなワークスタイル」への取り組みを、
    2011年から自社にて展開している。そこでの経験・実績を生かし、
    Office 365/Skype for Businessといったクラウドサービスや、テレワーク推進・啓発のための
    共同セミナーなどを通じて、「リンクワークスタイル」の推進を支援する。

     協業開始は5月18日から。これまで育児や介護など家庭環境によって働くことが困難だった人へ
    「テレワーク型派遣」を拡大することで、個人がライフスタイルにあった働き方の実現と、さらなる雇用機会の拡大をめざす。

    【“派遣社員”のテレワーク拡大へ、パソナとマイクロソフトが協力】の続きを読む

    このページのトップヘ