ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 海外

    1: 47の素敵な 2018/09/10(月) 18:49:55.88 .net
    【社説】韓国で急増する失業給付、不吉な前兆か

     先月の求職給与(失業給付)の給付額が6158億ウォン(約605億円)となり、過去最高を更新した。
    前年同月を30.8%上回った。求職給与の受給者は43万6000人で、13.4%増加した。
    求職給与の給付額は4月から5カ月連続で20-30%台の伸びを示している。受給者数も5カ月連続で10%台の増加だ。

     求職給与が非自発的失業者に雇用保険から給付される。予期せずに仕事を失った人の生計を支えるための制度だ。
    保険料を支払う余力すらなく、雇用保険に加入していない零細企業の勤労者、自営業者は失業しても求職給与を受給できない。
    求職給与の受給者が急増したということは、経営事情が悪化した企業がそれだけ多くの人を解雇したことを意味する。

     「雇用政府」を自負してきた現政権で雇用情勢が悪化しているという統計が相次いでいる。
    政府はその原因を天候、中国人観光客の減少、前政権の責任だと主張しても事足りず、人口構造のせいにまでしている。
    少子化で就労人口が減少すれば、雇用も減少するという論理を探し当てた。
    しかし、求職給与の給付額と受給者が5カ月連続で急増しているのは、既存の雇用まで急速に減少していることを示す証拠だ。
    人口構造という要因だけでは説明できない。これがそんな災難の前兆なのかをよく観察すべきだ。

     政府は昨年と今年、雇用拡充のために54兆ウォンの税金をつぎ込んだ。それでも足りず、来年には23兆ウォンを投じるという。
    これだけ税金をつぎ込んでも雇用事情が大きく改善するという保証はない。
    大統領府(青瓦台)は年末から改善すると言っているが、与党は来春まで待ってほしいと言う。つまりは自信が持てないのだ。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/10/2018091000655.html

    【「失業手当」給付額が過去最高を更新 労働者の救世主「雇用大統領」を自負していた文在寅大統領が、今や雇用の破壊者に】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/23(木) 23:01:47.89 0.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3150830

    日本は常に劣化した状態でアメリカの後追いをしている国
    これが日本の未来ですわ
    持ち家の無い連中はせめてアパートの部屋でも買っとけ
    部屋があればバイトで月10万程度の稼ぎでも暮らしていける



    【13~25歳の若年層ホームレス、全米に420万人以上】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/24(金) 17:29:29.84 ID:CAP_USER.net

    グーグルの本社がある、郊外の豊かな町、マウンテンビュー。その同じ町で、テス・サルダナは、混みあって窮屈なキャンプカーを道に止め、小ぎれいにして暮らしている。

    「お世辞にもいい住まいとは言えないわ」とサルダナは言う。だが、これは特段珍しい話ではない。警察に移動を命じられるまで、マウンテンビューのスーパー「ターゲット」と高級マンションの間の並木通りには、1ダースを超えるキャンプカーが並んでいた。中には、家賃を払えない人たちが大勢生活していたのである。

     15ドルのアボカドの炭火焼を食べて、1,000ドルのiPhone Xをポンと買える若い資産家がいる一方で、家に住めない家庭は数千世帯にのぼる。ホームレス支援団体や市の職員も、ハイテクブームの影で起こっているこの現象に対して、まったくひどい話だと口をそろえる。ホームレスの多くには定職があり、こうした資産家の下で働く人もいる。その資産こそが、多くの人が家に住めなくなっている元凶なのだ。

     例えば、サルダナのキャンプカーの向かいには2ベッドルームのマンションがある。コンシェルジュ付きで、家賃は3,840ドルから。稼ぎがいい月でも、サルダナの給料を上回ってしまう。

     サルダナは、同居する三人の大きな息子とともに、よりマシな住まいを探しているが、家賃は3000ドル以上するし、空いている家はたいてい遠い。だから、取り締まりで駐車場所から追い出されても、勤め先近くのキャンプカーに寝泊まりして、明るい未来のために貯金したほうがよいと言うのだ。

    「それでも食べていかないと」と51歳のサルダナは言う。「たまには子供たちを、映画やレストランに連れて行きたいんだけどね」。

     サルダナは、近隣の町パロ・アルトの2つのホテルで料理を作り、客に出している。大抵は、朝5時から夜10時までの勤務だ。息子のうち二人は20代で、パン屋で働き、キャンプカーの代金として毎月700ドルを支払う。シリコンバレーの経済格差をいやというほど思い知らされる生活だ。

    「ITのやつらのために働く私たちはどうよ」とサルダナは言った。「あいつらとはもらってる額が違う」。

     これは、西海岸に広がる危機の一端でしかない。多くの市や郡では、路上生活者の数がここ二年間で急増している。今年初頭の調査では、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンの各州で合計16万8,000人のホームレスがいることが明らかになった。わずか2年前に比べ、2万人も増加している。

     テクノロジーが景気をけん引する一方、数十年におよぶ住宅建設の停滞により、手ごろな価格の住宅がかつてないほど不足している。ホームレスは失業者だという固定観念はもう過去のものだ。ショップの店員、配管工、用務員、いや、教師までも、仕事には行くが夜寝る場所は選べず、シャワーを浴びるためにジムの会員になっている。

     ホームレスの急増により、西海岸の少なくとも10の地方自治体が緊急事態を宣言し、サンディエゴからシアトルまでの一帯の町は、短長期的な解決策を求めて苦しんでいる。

     サンフランシスコにホームレスのテント地があるのはよく知られているが、ホームレスの問題は今やシリコンバレー一帯に広がっている。そこでは貧富の差があまりにも拡大しているのだ。

     シリコンバレーで車上生活をしている人々の数についての正確な推計はないが、目抜き通りにずらっと並ぶキャンプカーを見れば、誰の目にも問題は明らかだ。夜になると駐車場に入る車も、目立たないが、ある。ホームレス支援団体によると、安価な住宅が新たに建設されない限り問題は悪化する一方だと言う。

     サンホセ中心部の平均家賃は月額3,500ドルだが、外食産業の平均賃金は時給12ドル、ヘルスケア関係でも19ドルと、住宅コストを賄うことすらできない水準である。パーソナル・ファイナンスに特化したウェブサイトGoBankingRatesの調査によると、サンホセで快適に暮らすために必要な最低年収は87,000ドルだという。

     そういった訳で、パロ・アルトのスタンフォード大学東端にオンボロのキャンプカーが並ぶことになる。隣町マウンテンビューの役人たちは、キャンプカーが集うエリアを1ダース以上突き止めたが、中にはグーグル本社から1.6kmほどしか離れていない地点もある。
    以下ソース
    https://newsphere.jp/technology/20171123-1/



    【シリコンバレーの影:家賃高騰、仕事のあるホームレスが急増 月11万の車上生活も】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/04(土) 17:23:13.58 0.net

    3600万円: オーストラリアに移住して最低賃金で10年働いた日本人の収入
    ≒1500円×8時間×300日×10年

    2280万円: 東京で最低賃金で10年働いた日本人の収入
    ≒950円×8時間×300日×10年

    英語ができないだけで10年後には1320万円の格差……
    日本の東京以外の最低賃金で考えるとさらに悲惨……



    【オーストラリアの最低賃金1500円…東京の最低賃金950円… 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/09/27(水) 18:54:09.38 ID:CAP_USER.net

    給料アップを望むなら、ジェッダかジュネーブに行くといいだろう。

    大手プライベートバンク、商品トレーダー、製薬会社などが集まるスイスでは、外国人の年収は平均で19万3000ドル(約2175万円)余りと世界一。この従業員らが自国で働いていた場合と比べ、54%多い。HSBCホールディングスが27日公表した外国生活の実態調査「HSBC・エクスパット・エクスプローラー」が示した。国内で働く場合との差が最も大きいのはサウジアラビアで58%だった。

    個人にとっての金銭事情とキャリア展望、地元経済の強さなどを元にHSBCが付けた経済番付では、スイスが3年連続で1位。外国人10人のうちほぼ8人が同国に移って可処分所得が増えたと回答した。ノルウェーとドイツが2位と3位、シンガポールが4位だった。
    https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iDz37nhKLOBg/v1/-1x-1.png

    シンガポールは総合的なランキングで3年連続の1位となった。「経験」と「家族」の項目の点数が高かった。「経験」は生活の質、現地の人との融合、住居を見つける容易さなどにスコアを付ける。「家族」はソーシャルライフと教育、子育てについて比較する。

    スイスは経済では1位だが経験と家族の項目のスコアが低く、総合では11位に後退した。地元の人との融合や親交の点で36位、多様性の視点から外国人を歓迎するかという点やソーシャルライフで46国中44位だった。
    https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iw2iXJbeAGbo/v1/-1x-1.png
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-27/OWXGY46K50Y301



    【給料アップならスイス、住みやすいのはシンガポール-外国生活調査】の続きを読む

    このページのトップヘ