ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: AI

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/10/07(日) 15:19:05.31 ID:CAP_USER.net
    大手商社が新たな収益源を目指して国内外のベンチャー企業への投資を活発化させています。「丸紅」は、世界的にインフラの維持管理が課題となる中、深刻な事態につながりかねない「ひび割れ」や「さび」を、AI=人工知能を活用して早期に発見できる技術を持つアメリカのベンチャー企業と資本提携しました。

    関係者によりますと、丸紅はカリフォルニア州にあるベンチャー企業「エーセレント」と資本提携しました。

    この企業はスタンフォード大学の研究者らが設立し、機械などに超音波を当てた際の波形を特殊なセンサーで検知しAIで分析することで、亀裂につながる「ひび割れ」や「さび」を早期に把握できる独自の技術を開発しました。

    鉄道や航空機、風力発電など幅広い分野の安全検査に応用できるということで、丸紅では数億円を出資するとともに、みずからのネットワークを生かし世界各地の企業などへの販売を支援することにしています。

    このほか住友商事が3年間で200億円のベンチャー投資を進めているほか、三井物産もIT分野に特化した投資ファンドに50億円を投じるなど、大手商社の間では新たな収益源の獲得に向けて国内外のベンチャー企業に投資する動きが活発になっています。
    2018年10月7日 13時21分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181007/k10011662351000.html

    【AIでインフラの“ひび割れ”把握も ベンチャーへの投資活発】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ラテ ★ 2018/09/25(火) 23:01:40.07 ID:CAP_USER.net
    2018年9月25日 22:00 日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35740880V20C18A9L71000

    東京都は25日、都営地下鉄の駅で、案内ロボットと警備ロボットの実証実験を今冬に実施すると発表した。都では先端技術を実際の社会で普及させるためには、民間の事業者が現場で実験をすることが不可欠と判断。実験で見つけた課題を今後の製品・サービスの開発につなげてもらう考えだ。

    案内ロボは都営大江戸線都庁前など2駅、警備ロボは同新宿西口など4駅でそれぞれ実験する。事業者の募集を25日から始めた。実験期間は11月下旬~2019年2月下旬までとする。

    案内ロボは駅の出口やトイレなどの設備を画面上で案内することなどを想定。警備ロボでは決められたエリアを自走しながら落とし物や不審物を発見し、通知するなどを見込む。多言語の案内もできるロボの利用も想定する。

    都では2020年の東京五輪・パラリンピックで、都内をICT(情報通信技術)のショーケースにしたい考え。ロボの実験もその一環と位置付ける。

    【都営地下鉄で案内ロボと警備ロボ、今冬に実証実験】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/09/16(日) 13:35:42.10 ID:CAP_USER.net
     遠鉄タクシー(浜松市中区)は、人工知能(AI)で乗車需要を予測して、乗客を効率的に確保する「AIタクシー」の実証実験を開始する。18日から3か月間行い、結果を踏まえ、同社は本格導入を検討する。静岡県内で初めての取り組みという。

     AIタクシーは、NTTグループのAI技術を活用。携帯電話の利用者の位置情報や気象情報などに加えて、遠鉄タクシーの過去1年分の運行データを組み合わせて、30分以内のタクシー需要を予測する仕組みだ。

     普段よりも、人が多いエリアや乗車獲得率の高い進行方向などを割り出して、10分おきに車内に配備したタブレット端末へ配信。ドライバーが、それを見て進行ルートを考える。

     タクシー会社にとっては、実車率の向上など業務の効率化が見込める一方、利用者にとっては、待ち時間の短縮が期待できる。

     遠鉄タクシーは、NTTドコモ東海支社と共同で実験を実施。実験期間中10台のタブレットを借り、うち9台はタクシーに配備し、1台は配車センターで使用する。

     同社によると、近年の同社の業績は緩やかに悪化している。ただ、病院に通う高齢者などを中心に昼間の迎車は増えている。人手不足を背景に、運転手の確保も課題で、業務の効率化は喫緊の課題となっている。

     同社の丸山晃司社長は「お客様の待ち時間短縮はもちろん、限られた乗務員で効率的な業務をこなせるようになれば良い」と期待を寄せた。

    2018年09月16日 12時57分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180916-OYT1T50045.html

    【タクシーの需要、AIで予測…実証実験へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/13(木) 21:18:36.45 ID:CAP_USER.net
    ジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は13日、日本経済新聞などのインタビューで農業分野などへの期待を示した。

     ――農業に何を期待しますか。

     「農作物は信じられないほど難しい。ブロッコリーやキャベツを個別に見分けるプログラムを人間が書くのは不可能だ。深層学習でここにブレークスルーが起こる。様々な野菜などの特徴をAIで機械に教え込めば、人間を超えられる」

     ――自動運転でトヨタ自動車などとの関係をどのように広げますか。

     「当社にとって幸運なことに、トヨタと未来の車の開発で協業している。一方、当社の開発基盤は学生や研究者を含め誰でもアクセスできる。健康や交通、農業といった分野で新しいモデルをつくるため、多くの人と協業を進める必要がある」
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35334980T10C18A9TJ3000/

    【「AI農業、人間を超える」 米エヌビディ・フアンCEO】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/14(金) 20:37:43.66 ID:CAP_USER.net
    義務で参加させられたような立食パーティだと、あまりに退屈で眠くなってしまう。しかし、そういう場に限って中座するわけにいかず、興味のない会話を延々と続ける必要があったりする。コーヒーで眠気を誤魔化そうとしても、パーティ中盤だと用意されていないことが多く、意外と入手が難しい。

     IBMは、そんな状況で役立つかもしれない技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間8月7日に「DRONE DELIVERY OF COFFEE BASED ON A COGNITIVE STATE OF AN INDIVUDUAL」(特許番号「US 10,040,551 B2」)として登録された。出願日は2015年12月22日、公開日は2017年6月22日(公開特許番号「US 2017/0174343 A1」)。

    この特許は、ドローンのような無人航空機(UAV)を使い、眠気覚ましになる飲み物を欲している人に届ける技術を説明したもの。請求項(クレーム)の内容は限定的であり、人が集まっている状況において、そのなかの眠そうな人に向かって飲み物を届けるというアイデアだ。

     眠気を感じているかどうかは、UAVに搭載されているセンサからの情報を解析して判断する。センサで計測するデータとしては、心拍数、血圧、瞳孔の状態、呼吸数、体温、呼気に含まれる化学物質、顔の表情がクレームで挙げられている。こうしたデータから眠いと感じているであろう人を抽出し、届ける飲み物は、眠気を忘れさせるような刺激を与えるものとしているが、第5クレームには「coffee(コーヒー)」に対する言及がある。
    https://japan.cnet.com/storage/2018/09/14/43c6889101f0cde65fdef80d02753c93/2018_09_13_sato_nobuhiko_015_image_02.jpg

     また、このUAVは、何らかのジェスチャーも認識して飲み物を届ける機能も備える。たとえば、話している相手が眠そうにしていたら、UAVに向かって手を振るとコーヒーが運ばれてくる、といった動作がこの特許で可能になる。
    https://japan.cnet.com/storage/2018/09/14/ca6ea4e4f4e3852e9c7ed343d4313d89/2018_09_13_sato_nobuhiko_015_image_03.jpg
    https://japan.cnet.com/article/35125614/

    【IBM、眠そうな人にコーヒーを届けるドローンで特許取得】の続きを読む

    このページのトップヘ