ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: AI

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/11/21(水) 07:48:00.60 ID:CAP_USER.net
     NTTコミュニケーションズは20日、飲食店や宿泊施設での予約の無断キャンセルを防ぐために、人工知能(AI)が予約確認の連絡をするサービスを12月1日から開始すると発表した。合わせて大手の飲食店の予約サイトで約3カ月間の実証実験を実施。予約確認の手間を省き、サービス業の人手不足に対応する狙いがある。

     予約確認サービスは、来店日の数日前にAIが通話やショートメッセージサービス(SMS)などで自動的に予約者に連絡し、無断キャンセルを予防する。応対の内容記録などの後続処理も自動化しており、従業員の仕事が効率化できる。

     実証実験は大手飲食店予約サイトで12月から来年2月まで実施する。AIが予約者の返答から来店の意向を判断して店側に通知する。予約を変更する場合は手順などを案内する。

     店舗側は原則として、インターネット回線があれば、月額の利用料を負担するだけでシステムを導入できる。NTTコムは、同様の業務にあたるオペレーター1人あたりの人件費は月額数十万円としたうえで、「2~3割低い料金設定になる」としている。3年間で数十社への導入を目指す。
    2018年11月21日 06時29分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/21/news058.html

    【予約「ドタキャン」防止、AIが確認電話 NTTコム】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/11/19(月) 13:22:57.32 ID:CAP_USER.net
    カタログ通販大手ディノス・セシール(東京・中野)は人工知能(AI)が電話に応答し注文まで完結する国内初のシステムを2019年3月に導入する。待ち時間を減らして顧客の満足度を高めると同時に、オペレーターを問い合わせ対応などに振り向ける。人手不足が深刻になるなか、AIとの「分業」により限られた人員を有効活用する動きが広がってきた。

    ■販売機会の損失を減らす
    ディノス・セシールが導入するのは、産業技術総…
    2018/11/19 11:48
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37920580Z11C18A1000000/

    【電話注文、AIだけで対応 ディノスが国内初導入】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/10/18(木) 09:46:30.19 ID:CAP_USER.net
    日本英語検定協会(英検協会)は18日までに、英検のスピーキング(話す)やライティング(書く)で、人工知能(AI)を活用した自動採点を2019年度から順次導入すると発表した。従来通りの人による採点と組み合わせ、精度向上や時間短縮を目指す。

    20年度に始まる大学入学共通テストでは、英検などの民間検定試験の結果が入試に利用される。英検協会の担当者は「入試利用も見据え、より公平公正な検定結果になるよう最新のテクノロジーの活用が重要だ」と述べた。

    自動採点は、19年度に「話す」の4、5級で、「書く」の1~3級で導入。大学入試に利用できるコンピューター端末を使った新方式では、2級、準2級、3級の全てで19年度から始める。

    英検協会は民間のAIサービス事業者と自動採点の精度について検証。「話す」の4級と5級で人による採点と比較すると、英文の音読や、決まった答えのある質問に英語で答える問題で、いずれも90%以上がほぼ一致した。一方、受験者が自身に関することを自由に答えられる問いでは一致率にばらつきがあり、課題もみられた。〔共同〕
    2018/10/18 9:37
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36622090Y8A011C1CR0000/

    【英検がAI自動採点を導入 共通テ見据え、19年度から】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 衛星軌道中立隊 ★ 2018/10/15(月) 23:22:55.69 ID:CAP_USER.net
    ソフトバンク傘下のロボット開発企業ボストン・ダイナミクスが、キモいと話題の4足歩行ロボット「Spot」を東京の建設現場でテストしている映像をYouTubeで公開しています。

    Spot Robot Testing at Construction Sites
    https://www.youtube.com/watch?v=wND9goxDVrY



    動画では竹中工務店とフジタ、2つの建設現場で実際に稼働し、作業進捗状況を調査する「Spot」の働いている姿を見ることができます。
    これまで同ロボットは、仲間を呼んでドアを開けてもらったり、人間とドアの開け閉めを争ったりと、コミカルな動画が公開されていましたが、
    説明によると今回は実際に商品としてのフィールドテストを行っているようです。

    また同日に公開された人型ロボット「Atlas」の動画も注目を集めていて、こちらはまるで中に人が入っているかのような動きでパルクールをこなす映像が衝撃を与えています。
    https://www.youtube.com/watch?v=LikxFZZO2sk



    イカソース
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/15/news093.html

    【キモいと話題の4足歩行ロボットが東京の建設現場でテスト中 実際に働く日はもう近い?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/10/07(日) 15:19:05.31 ID:CAP_USER.net
    大手商社が新たな収益源を目指して国内外のベンチャー企業への投資を活発化させています。「丸紅」は、世界的にインフラの維持管理が課題となる中、深刻な事態につながりかねない「ひび割れ」や「さび」を、AI=人工知能を活用して早期に発見できる技術を持つアメリカのベンチャー企業と資本提携しました。

    関係者によりますと、丸紅はカリフォルニア州にあるベンチャー企業「エーセレント」と資本提携しました。

    この企業はスタンフォード大学の研究者らが設立し、機械などに超音波を当てた際の波形を特殊なセンサーで検知しAIで分析することで、亀裂につながる「ひび割れ」や「さび」を早期に把握できる独自の技術を開発しました。

    鉄道や航空機、風力発電など幅広い分野の安全検査に応用できるということで、丸紅では数億円を出資するとともに、みずからのネットワークを生かし世界各地の企業などへの販売を支援することにしています。

    このほか住友商事が3年間で200億円のベンチャー投資を進めているほか、三井物産もIT分野に特化した投資ファンドに50億円を投じるなど、大手商社の間では新たな収益源の獲得に向けて国内外のベンチャー企業に投資する動きが活発になっています。
    2018年10月7日 13時21分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181007/k10011662351000.html

    【AIでインフラの“ひび割れ”把握も ベンチャーへの投資活発】の続きを読む

    このページのトップヘ