ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 副業

    1: ムヒタ ★ 2019/08/16(金) 09:45:35.15 ID:CAP_USER.net
    35歳以上の68%が副業をしたいと考えていることが、人材サービス会社エン・ジャパン(東京)の調査で分かった。一方、実際に副業をしている人は24%にとどまった。政府は兼業・副業を促進しているが、同社の担当者は「年功序列や終身雇用が崩壊し、将来に金銭的な不安を感じて副業を希望する人が多いのに、企業側の体制が整わず、導入が進んでいない」と分析している。

    同社の転職サイトを利用する35歳以上の男女を対象に5~6月に調査を実施し、計2118人が回答した。

    今後どのような働き方をしたいかを尋ねたところ、「本業以外に副業したい」が68%、「起業したい」が14%、「本業だけで定年まで勤めたい」が13%だった。

    副業をしていない人に理由(複数回答)を聞くと、「会社が禁止している」が50%と最多。「どう始めていいか分からない」(39%)、「本業が忙しく時間がない」(33%)が続いた。

    一方、副業中の人に内容(複数回答)を質問したところ、「本業以外の単発の仕事」(45%)や「3カ月以上の長期の仕事」(29%)が多かったが、「フリマアプリでの物販」(13%)、「ネットオークションでの物販」(10%)といった回答もあった。〔共同〕
    2019/8/16 9:33
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48616870W9A810C1CR0000/

    【35歳以上の68%が「副業したい」 エン・ジャパン調べ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/18(日) 19:24:43.74 ID:CAP_USER.net
    配車サービス「ウーバー」の物流版といえる個人配送が本格的に広がり始めた。スマートフォンのアプリを用い、空き時間に荷物を配る。大量の荷物を扱うアマゾンジャパン(東京・目黒)はこうした個人を活用した配送網の構築に乗り出した。国内の宅配便数は急増し、運転手不足も深刻ななか、自由度の高い働き方が注目されつつある。長引く物流危機の解決策になる可能性もある。…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48687450X10C19A8EA5000/

    【宅配、広がる「ウーバー流」 隙間時間に運転手副業】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/15(月) 06:04:33.15 ID:CAP_USER.net
    副業や兼業を認めている企業で働く人のおよそ4割が、本業以外の仕事の経験があると回答し、身近に経験者がいることがきっかけになるケースが多いという民間の調査結果がまとまりました。

    この調査は、人材サービス大手のリクルートキャリアが副業や兼業を認めている企業の社員を対象にことし3月、インターネットで行ったもので、2062人から回答を得ました。

    それによりますと、「副業や兼業をしている」と答えた人が31.9%、「以前していた」と答えた人は6.9%で、合わせて38.8%の人が副業や兼業を経験していることがわかりました。

    経験した人にきっかけを尋ねたところ、「身近に経験者がいたから」と答えた人が40.4%、次いで「会社から制度説明があったから」が28.4%でした。

    さらに副業などを経験したことで、本来の仕事にどのような影響があったか尋ねたところ、「本業の仕事の魅力を改めて感じた」が31.2%、「新しい視点や柔軟な発想ができるようになった」が28%などとなっています。

    リクルートキャリアの狩野美鈴さんは「副業や兼業は、社員が自己を見つめ直すきっかけになるだけでなく、企業の側も社員が成長する機会として捉えるようになっている」と話しています。

    2019年7月15日 4時54分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190715/k10011993271000.html

    【副業・兼業認める企業 社員の4割が経験】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/16(土) 16:34:34.09 ID:CAP_USER.net
    平均月収およそ7万円。
    長時間労働の課題も浮かび上がった。

    総合人材サービスのパーソルグループが行った副業に関する調査によると、副業の平均月収は、およそ7万円であることがわかった。

    人気の職種には、株などの投資やライター、デジタルコンテンツの作成など、趣味やスキルを生かせるものが上位に挙げられている。

    監査法人(20代)「7万円は大きい。家賃払えるなっていう、それぐらい」

    副業している・食品関係(30代)「月7万円ですか? いや、ちょっと多くはないな。(自分は)普通にサラリーマンで営業職をしながら、いわゆる投資に少しお金をかけている。副業であれば、2桁はやっぱり稼ぎたい」

    また、本業と副業をあわせた1週間あたりの総労働時間では、およそ1割の人が70時間以上と回答。

    これは、週5日勤務に換算すると1日14時間も働いていることになる。

    こうした過重労働によって、「体調を崩した」さらに、「本業に支障をきたした」と回答した人がそれぞれ13%を超えた。

    サービス業(40代)「自分はなかなか...仕事でフルにエネルギー使うので、なかなかそこまで実際問題いかないかなと思う」

    施設管理(30代)「自己管理でそこはうまくやらないと、副業が副業じゃなくなるわけで。(本業の)仕事に支障をきたし、周りから見てちょっと集中力欠けてるとか、気づかないところ多い、至らないところ多いみたいなのは見え隠れしている」

    会社経営(30代)「働き方改革ではないが、自分でその辺はバランスとってできるんだったらいいと思うし、無理してやるならやっぱり良くないのではないか。基本給が上がっていくのが、本当はいいのだろうとは思う」

    政府が副業・兼業を後押しする中、副業を自分自身でコントロールする難しさも浮き彫りとなっている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190216-00412170-fnn-bus_all

    【副業の平均月収は約7万円 やり過ぎで体調崩す人も】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/08/14(火) 03:19:24.29 0.net
    そのニュースでやってた副業はアマゾンなどの荷物を開いてる時間に2時間、月に20時間ほど配達するだけで5万貰えるらしい

    福岡にはそんな割のいい副業ねーよ

    【ニュースでやってたが日本は副業天国になるらしい】の続きを読む

    このページのトップヘ