ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 外国人

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/14(金) 10:51:47.37 ID:CAP_USER.net
    「中国は日本よりも生活水準が低い」というのは過去の話だ。都内の大手メーカーに勤務する永住者の中国人女性は「上海の友人のお手伝いさんは、自分よりも月給が高い」と嘆く。また埼玉県に住む50代の中国人男性は「“全身エルメス尽くし”の知人を満足にもてなす余裕がない」と話す。日本で働く中国人たちの本音とは――。

    日本のパスポートは憧れ“だった”
    10年ほど前、上海である商談に臨席したときのことだ。同行させてもらった男性が、日本の名前を刷り込んだ名刺を渡そうとした瞬間、客先の中国人女性からこんな言葉が口をついてでた。

    「あなた本当に日本人なの?」

    その質問に対し、「いえ、帰化したんです」と男性が答えると、中国人女性はすかさずこう言ったのだ。

    「なーんだ、ニセの日本人か」

    その物言いは確かに皮肉たっぷりだった。だが、名刺を渡した男性も、そして筆者も彼女がその言葉を発した根底に嫉妬心があることを知っていた。当時、「日本のパスポート」を持つことは中国の人々の憧れでもあったからだ。

    日本の暮らしを選んだ中国人は満足しているか
    日本で生計を営む中国出身の人々は少なくない。法務省によれば、2017年末の在留外国人数は約256万人、そのうち中国を祖国に持つ人たちは全体の3割を占め73万人にものぼる。永住者や留学生、日本人を配偶者にした人たちなどがこの日本で生活しているのだ。他方、日本には中国籍を捨て日本に帰化した人たちもいる。1952年~2017年の統計(法務省民事局)を累計すると、その数は14万1668人を数える。だが、日本での暮らしを選んだ彼らは今、その生活に本当に満足しているのだろうか。

    朱麗さん(仮名)は永住者として都内の大手メーカーに勤務する20代の女性だ。筆者はこの中国人の朱さんと池袋の喫茶店でお茶をした。よもやま話が続いた後、朱さんはおもむろにスマホの画像を差し出してこう切り出した。

    「これね、すごく高級な茶葉なの。誰からもらったと思います? 幼なじみの家のアーイーからもらったんです」

    アーイー(阿姨)とはお手伝いさんを意味する中国語だ。聞けば、朱さんが上海に一時帰国した際に訪れた幼なじみの家で、お手伝いさんからお土産として高級茶葉を渡されたのだという。

    筆者からすれば耳を疑う話だ。お手伝いさんは主(あるじ)に雇われる低賃金労働者であり、「低賃金でこき使われている」というのがその典型だからだ。たまに理解のある雇用主が、気を遣って便宜を図ることがあっても、外省出身のお手伝いさんが「(上海人の)主の友人にお土産を直接渡す」なんて考えられない。

    お手伝いさんの月給は32万円
    朱さんはこのお手伝いさんについてこう語り始めた。

    「幼なじみの友人はそのアーイーに2万元(約32万円)の月給を渡しているそうなんです。最近、上海ではアーイーの需要がすごくて、まれに1万元(約16万円)を超える月給をもらう人も出てきました。確かにこのアーイーは学歴があるようなんですが、だからと言って2万元はあり得ない。私の日本の月給を超えているんですよ!」

    “お手伝いさんからもらった高級茶葉”は、「あなたより私のほうが上」という無言のメッセージだったのか。茶葉は朱さんに大きなショックを与えた。さらに朱さんのショックは、「2万元」をポンと払える幼なじみ夫婦にも向けられていた。

    幼なじみ夫婦はともに上海の外資系勤務。その暮らしぶりのよさは、自宅マンションの立地や室内の家具からも伝わってきた。朱さんによれば、「早晩子どもが生まれる予定の幼なじみは、この学歴あるアーイーを家庭教師にさせるつもりで、今から高給で囲い込んでいるのではないか」と語る。

    一方の朱さんは、新卒採用で都内の有名大手企業に入社した上海出身者だ。今の職場には不満はない。人間関係もいいし、仕事の内容も充実している。だが、ひとつだけ気に食わない点があった。それは「日本企業の給料の低さ」だった。

    「上海に帰ってお手伝いさんでもやろうかな」
    「私は家族と同居だから家賃や光熱費は考えなくてもいいけど、そうでない場合は大変です。母国との往復もしなければならない外国人にとって、手取り十数万円なんかじゃ生きていけないのです」

    そしてこう本音を訴えた。

    「日本って本当に魅力ある国なんでしょうか。魅力があるのは、日本の風景や日本の製品だけなのでは? 生活するにしても働くにしても、この国で生きていくのは結構キツイです」

    「私も上海に帰ってお手伝いさんでもやろうかなー」
    https://president.jp/articles/-/26878

    【日本を選んで"貧困"に落ちた中国人の後悔。上海のお手伝いさんより月給が安い】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/17(月) 01:03:49.79 ID:CAP_USER.net
    日本経済新聞社の世論調査で、政府が2019年4月から人手不足が深刻な分野に限って外国人労働者を5年間で最大34万5000人受け入れることについて聞いたところ、反対が48%で賛成の40%を上回った。男性は賛成が47%で反対の44%を上回ったが、女性は賛成31%…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39013010W8A211C1PE8000/

    【外国人受け入れ 反対48% 賛成40% 39歳以下は賛成56%】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/20(火) 09:25:43.74 0.net
    岐阜はかつて日本有数の繊維の町として知られていた。安い海外製品に押され続け今問屋街のメインストリートは昼間から閑散としている。
    繊維関係の会社は20年前に比べ半分以下に減った。苦境に立つ業界。生産の現場を支えているのが数千人に上る外国人技能実習生。
    彼らが今待遇の改善を求めて声を上げ始めている。会社から不当な扱いを受けていると訴える実習生と連絡が取れた。 婦人服の縫製工場で働く20代の3人。
    おととしベトナムから来日し、見せてくれたのは自ら書き留めた勤務の記録。去年3月1か月に140時間残業して手取りは11万6000円。1時間当たりに換算すると333円。
    岐阜県の最低賃金を400円以上下回っている。半年間で100万円前後の賃金が支払われていない事になる。

    彼女たちが撮影した会社の寮の映像。台所にネズミが出る部屋に14人で暮らしていた。この寮の家賃も賃金から差し引かれていたという。
    違法な残業時間と低い賃金。来日前に聞いた話とは大きく食い違っていた。名古屋にある労働組合。外国人技能実習生からの訴えは去年4月以降24件に上る。
    労働組合は会社を告発するための証拠として経営者側との会話を録音させていた。こうした証拠を基に組合は半年間で5つの会社を労働基準監督署に告発した。
    未払いの賃金を要求する実習生の訴え。それが繊維の町岐阜を揺るがし始めた。

    労働組合には思いもしなかった事態の報告が相次いでいた。労基署に訴えた5社のうち3社が僅か数か月で廃業を決めていた。
    未払いの賃金を要求される事で経営者はどのような状況に追い込まれるのか。一人の元経営者を訪ねた。外国人を受け入れ始めたのは20年余り前。
    技術を学びながら働く実習生はコストを抑えられる貴重な戦力だった。賃金は低かったが実習生も満足して働いていたという。

    http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/nhk/51700/566088/

    【時給333円で外国人を働かせてた企業 訴えられ相次ぎ廃業「賃金は低かったが実習生も満足して働いていた」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/22(木) 19:56:49.30 ID:CAP_USER.net
    外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は二十一日、衆院法務委員会で実質審議入りした。法務省は、失踪した外国人技能実習生に対する調査結果に誤りがあったことを陳謝する一方、失踪の主な原因が「より高い賃金を求めて」だったとの見解は維持した。野党側は、失踪は実習生に原因があるかのような表現だと批判。調査結果の一部を閲覧した集計を基に、失踪者の約八割は最低賃金以下で働いていたとして反論した。(坂田奈央、村上一樹)

     問題となっている調査は、失踪後に摘発された二千八百七十人から聴き取った二〇一七年の調査。同省は当初、約87%が「より高い賃金を求めて」失踪したとしていたが、約67%に訂正した。法務委で山下貴司法相は、この点を「おわびしたい」と謝罪。国会答弁の修正には応じなかった。

    法務省は、失踪の原因について新たな見解も示した。従来の見解にあった「技能実習を出稼ぎ労働の機会と捉え」という表現を削る一方、「契約賃金以下」「最低賃金以下」の低賃金に「不満を持ち」という文言を追加。聞き取り調査で選択肢になかった「より高い賃金を求めて」という表現は削らず、この動機での失踪が「最も多い」とした。

    立憲民主党の山尾志桜里(しおり)氏は「(最低賃金の保証という)正当な権利を主張しているのに、なぜ『不満』という表現を使うのか。問題意識が薄い」と批判。「(失踪は)実習生側の原因であるかのような書きぶりは、改める必要がある」などと見直しを求めた。

    その上で野党側は、失踪者から聞き取った個別の「聴取票」のうち、無作為に百八十四人分を閲覧して集計した結果を説明。月収と一週間の労働時間が記された百七十六人分について、時給を試算したところ、最低賃金が全国で最も安い鹿児島県の七百六十一円を上回った人は、三十三人にとどまるとした。

    本紙が百七十六人の時給を金額別に分類したところ、五百円台が五十二人と最多。六百円台(三十四人)と合わせ約半数を占めた。

    聴取票は理事らに閲覧が許可されたが、複写は禁じており、野党理事らが手分けして一部を書き写した。法務委で山尾氏は「(二千八百七十人全体について時給を計算すれば)最低賃金割れの人が七、八割を占める可能性が高い」と推論。法務省の調査では、失踪の理由に「最低賃金以下」を挙げたのは0・8%の二十二人としている。

     法務委は二十二日、有識者らを招いて参考人質疑を行う。

     与党は今国会の改正案成立に向け二十七日の衆院通過を目指している。

    <最低賃金制度> 最低賃金法に基づき、国が定めた賃金の最低限度。これを下回る賃金しか支払わない雇用者は50万円以下の罰金が科される。中央最低賃金審議会が毎年、目安となる時間給の額を定め、各都道府県が目安額を参考に地域の実情に応じた最低賃金を決める。2018年度の都道府県別の最高額は東京都の985円、最低額は鹿児島県の761円。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201811/CK2018112202000134.html

    【失踪者、時給500円台最多「より高い賃金求め」政府は見解維持】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/14(水) 19:18:50.13 ID:CAP_USER.net
    「特定技能2号」なら家族帯同も認める
     外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案の審議が始まった。深刻な人手不足で、多くの業界から外国人労働者の受け入れ解禁を求める声が上がっており、政府は今の臨時国会で可決成立させ、2019年4月から施行したい考えだ。

     今回の入管法改正ではこれまで「単純労働」とされてきた業種で受け入れが可能になる。新たな在留資格を創設するのが柱で、「相当程度の知識または経験を要する技能」を持つ外国人に就労可能な「特定技能1号」の在留資格を与える。

     建設や介護、宿泊、外食といった人手不足が深刻な14業種が想定されている。農業や漁業のほか、飲食料品製造、ビルクリーニング、自動車整備、航空、素形材産業、産業機械製造、電気・電子機器関連産業が加わる。

     「技能実習制度」に基づく在留資格で外国人が働いている業種も多いが、事実上の「就労」にも関わらず「実習」が建前のため、様々な問題が生じている。他業種への転職や宿泊場所の選択の自由がないため、「失踪」する技能実習生が相次いでいるほか、最低賃金以下の報酬しか実際には支払われないなど、社会問題化している。

     一方で、技能実習(最長5年)を終えた人材は帰国するのが前提のため、せっかく技能を身につけたのに採用し続けることができないといった不満が企業の間からも上がっていた。

     今回の法改正では技能実習を修了するか、技能と日本語能力の試験に合格した場合に、「特定技能1号」という資格を与える。在留期間は通算5年とし、家族の帯同は認めない。

     さらに高度な試験に合格し、熟練した技能を持つ人材には「特定技能2号」の資格を与える。1~3年ごとなどの期間更新が可能で、更新回数に制限はない。配偶者や子どもなどの家族の帯同も認める。10年滞在すれば永住権の取得要件の1つを満たすことになり、将来の永住にも道が開けることになる。

     報道によれば政府は初年度に4万人の受け入れ増を想定しているという。一見多い人数に見えるが、実際は違う。2017年度末の在留外国人は256万人で、厚生労働省に事業所が届け出た外国人労働者だけでも128万人に及ぶ。いずれも過去最多だ。外国人労働者は1年で19万4900人も増えている。
    以下ソース
    https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/090200078/110900342/

    【「外国人に仕事を奪われる」は本当か】の続きを読む

    このページのトップヘ