ハロワ速報

仕事、職業、就職関係の2chまとめ 移転しました。

    カテゴリ: 外国人

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">へっぽこ立て子@エリオット ★</span> <span style="color: gray;"> 2019/02/12(火) 12:46:30.99 ID:CAP_USER.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> 外国人アルバイトを積極的に採用したいという企業が全体の1割にとどまっていることが、就職情報大手マイナビ(東京・千代田)の調査でわかった。全体の7割がバイト不足を実感しているものの、外国人採用については言語対応などに不安が根強いという。 <br /> <br /> <a class="image" href="http://www.nikkei.com/content/pic/20190212/96958A9F889DE6E3E3E6EBE2E0E2E3E0E2E0E0E2E3EB839FEAE2E2E2-DSXMZO4114900012022019000001-PB1-1.jpg" target="_blank">https://www.nikkei.com/content/pic/20190212/96958A9F889DE6E3E3E6EBE2E0E2E3E0E2E0E0E2E3EB839FEAE2E2E2-DSXMZO4114900012022019000001-PB1-1.jpg</a> <br /> 企業の7割がアルバイトが不足していると答えた <br /> <br /> 同社が12日発表した「アルバイト採用活動に関する企業調査」で明らかになった。全国の大企業や中小企業計1323社の採用担当者を対象に昨年11~12月に調査した。 <br /> <br /> バイトが「不足」または「とても不足している」と答えた企業は全体の68.7%を占めた。最も不足感の強い業種は「警備・交通誘導」で84.8%。次いで「清掃」が83%、「配送・引っ越し・ドライバー」が78%だった。 <br /> <br /> 企業が人材確保のために実施した施策(複数回答)では「給与の増額」が30.6%と最も多かった。今後実施したい施策でも29%と最多だったが、外国人を積極採用したいと答えた企業は13.2%にとどまった。 <br /> <br /> 外国人バイトについては「大手コンビニエンスストアなど一部を除き、受け入れ態勢が整っていないと感じている企業が多い」(マイナビ)。スーパーなどの接客業では日本語力、清掃業などでは文化や価値観の違いを理由に、消極的な企業が目立つとしている。 <br /> <br /> 2019/2/12 12:35 <br /> 日本経済新聞 <br /> <a href="http://www.nikkei.com/article/DGXMZO41149020S9A210C1QM8000/" target="_blank">https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41149020S9A210C1QM8000/</a> </div><br />

    【「外国人バイト採用したい」企業の1割 マイナビ調査】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/24(木) 14:51:51.91 ID:CAP_USER.net
    就職情報大手ディスコ(東京・文京)が24日に発表した調査によると、2018年度に海外大学卒の外国人を採用した企業は4社に1社に上り、過去最高となった。日本に留学している外国人学生をのぞいた数字だが、2017年度に比べ5.6ポイント増えている。国籍を問わず優秀な人材を採用したいというニーズが高まっている。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20190124/96958A9F889DE6E2E6E2E6E6E1E2E0E6E2E3E0E2E3EBE2E2E2E2E2E2-DSXMZO4040441024012019000001-PB1-1.jpg
    就活市場では外国人学生がライバルに

    ■日本語能力を問わない企業も

    調査は全国の主要企業を対象に、12月中旬にインターネットを通じて実施し、732社から回答を得た。

    このうち2018年度に海外大卒の外国籍社員を採用した企業は25.7%と過去最高で、17年度実績から5.6ポイント増加した。調査は日本に留学している学生の採用は除いており、現地法人での採用も含んでいる。

    2019年度の採用見込みでは31.5%が「採用する予定」と回答するなど積極的な姿勢が目立つ。

    外国人学生の採用は、日本に来ている留学生がまだ圧倒的に多いが、海外からの直接採用も徐々に増えている。留学生に比べ日本語能力が劣るケースが多いが、現地法人やエンジニアとして採用することで即戦力にできるメリットもある。

    ディスコのグローバル企画部の山崎真司副部長は「エンジニアの採用では日本語能力を問わない企業も増えている。優秀なエンジニアには一般的な初任給よりも良い条件を提示する企業もあるようだ」と話す。

    採用活動で重視する海外大学卒の外国人材の出身地域を聞いたところ、東南アジアが70.1%と最も高かった。中国は前回調査から7.0ポイント減の39.3%、韓国は8.4ポイント減の19.6%だった。中国、韓国からは留学生が多いため、現地大学から積極的に採用する意向は弱いようだ。

    ■支援サービスも

    人材各社は海外の新卒学生の採用を支援するサービスを始めている。ディスコは東南アジアの大学生を採用したい日系企業向けに、今年から初めてシンガポールで就職イベントを開催する。フォースバレー・コンシェルジュ(東京・千代田)は世界中の人材と企業をAI(人工知能)でマッチングさせる「コネクト ジョブ」を開始、ITエンジニアらを中心に登録者が3万人を超えた。

    人材サービスのネオキャリアはSNSを通じてアジア各国の学生を募集し、企業との面接を設定するサービスを手がけ、これまでに約2000人を約400社に紹介したという。

    (小柳優太)

    2019/1/24 14:29
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40404430U9A120C1000000/

    【留学生以外の外国人採用、過去最高に 4社に1社】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/25(金) 16:09:19.20 ID:CAP_USER.net
    法務省と厚生労働省は25日、三菱自動車やパナソニックなど4社の技能実習計画の認定を取り消した。計画と異なる作業をさせていた三菱自の27人、労働基準法違反で罰金を科されたパナソニックの82人を含む計136人の実習生が対象だ。

    4社は5年間、技能実習のほか、4月導入の在留資格「特定技能」で新たな受け入れができなくなる。取り消しの公表は2017年11月の技能実習適正化法施行以降、大企業では初めて。

    取り消したのは(1)三菱自の愛知県岡崎市の工場で働いていたフィリピン人実習生27人(2)パナソニックの富山県砺波市の工場などで中国、マレーシアの82人(3)鋳造のアイシン新和(富山県入善町)で中国の24人(4)鉄筋施工のダイバリー(茨城県板東市)でタイの3人――。

    本人の希望に基づき、新たな受け入れ先に転籍または帰国する。既に転籍・帰国した実習生もいる。

    三菱自は岡崎市の工場で実習生に計画に記載した半自動溶接作業ではなく、部品の組み立て作業などをさせていた。不正の疑いのある情報を把握した外国人技能実習機構と法務省による立ち入り調査で発覚した。

    法務省と厚労省は27人とは別に、1人の実習生については計画を継続したうえで適正な業務内容に変更するよう求める改善命令も同日付で出した。

    三菱自が同様の不適正な受け入れを2008年~18年の約10年間にわたり続けていたことも発覚した。不適正な受け入れの延べ人数は明らかになっていない。

    パナソニックは砺波市の工場で過労自殺した社員に違法な長時間残業をさせていたとして、労基法違反で砺波簡裁から18年3月28日付で罰金30万円の略式命令を受けていた。

    2019/1/25 14:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40456490V20C19A1EA2000/

    【三菱自・パナなど4社、技能実習の認定取り消し】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/25(金) 18:14:53.08 0.net
    日本で働く外国人労働者は去年、140万人余りに上り、これまでで最も多くなりました。ことし4月からの外国人材の受け入れ拡大で、今後さらに増えるとみられています。

    厚生労働省は、企業からの届け出をもとに、外国人労働者の人数を毎年取りまとめています。

    それによりますと、去年10月末の時点で、日本で働く外国人労働者は146万0463人と、前年よりも18万人余り、率にして14%増え、6年連続で過去最多を更新しました。

    国籍別では、中国が最も多く約38万9000人、ベトナムが31万7000人、フィリピンが16万4000人でした。このうち、ベトナムは前年に比べて30%余り多くなり、増加率では最も高くなっています。

    働いている都道府県別では、東京が43万9000人と全体の3割を占めたほか、愛知が15万2000人、大阪が9万人となっています。

    【外国人労働者、140万人余りで過去最多、6年連続で過去最多を更新、今後もさらに増加】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/14(金) 10:51:47.37 ID:CAP_USER.net
    「中国は日本よりも生活水準が低い」というのは過去の話だ。都内の大手メーカーに勤務する永住者の中国人女性は「上海の友人のお手伝いさんは、自分よりも月給が高い」と嘆く。また埼玉県に住む50代の中国人男性は「“全身エルメス尽くし”の知人を満足にもてなす余裕がない」と話す。日本で働く中国人たちの本音とは――。

    日本のパスポートは憧れ“だった”
    10年ほど前、上海である商談に臨席したときのことだ。同行させてもらった男性が、日本の名前を刷り込んだ名刺を渡そうとした瞬間、客先の中国人女性からこんな言葉が口をついてでた。

    「あなた本当に日本人なの?」

    その質問に対し、「いえ、帰化したんです」と男性が答えると、中国人女性はすかさずこう言ったのだ。

    「なーんだ、ニセの日本人か」

    その物言いは確かに皮肉たっぷりだった。だが、名刺を渡した男性も、そして筆者も彼女がその言葉を発した根底に嫉妬心があることを知っていた。当時、「日本のパスポート」を持つことは中国の人々の憧れでもあったからだ。

    日本の暮らしを選んだ中国人は満足しているか
    日本で生計を営む中国出身の人々は少なくない。法務省によれば、2017年末の在留外国人数は約256万人、そのうち中国を祖国に持つ人たちは全体の3割を占め73万人にものぼる。永住者や留学生、日本人を配偶者にした人たちなどがこの日本で生活しているのだ。他方、日本には中国籍を捨て日本に帰化した人たちもいる。1952年~2017年の統計(法務省民事局)を累計すると、その数は14万1668人を数える。だが、日本での暮らしを選んだ彼らは今、その生活に本当に満足しているのだろうか。

    朱麗さん(仮名)は永住者として都内の大手メーカーに勤務する20代の女性だ。筆者はこの中国人の朱さんと池袋の喫茶店でお茶をした。よもやま話が続いた後、朱さんはおもむろにスマホの画像を差し出してこう切り出した。

    「これね、すごく高級な茶葉なの。誰からもらったと思います? 幼なじみの家のアーイーからもらったんです」

    アーイー(阿姨)とはお手伝いさんを意味する中国語だ。聞けば、朱さんが上海に一時帰国した際に訪れた幼なじみの家で、お手伝いさんからお土産として高級茶葉を渡されたのだという。

    筆者からすれば耳を疑う話だ。お手伝いさんは主(あるじ)に雇われる低賃金労働者であり、「低賃金でこき使われている」というのがその典型だからだ。たまに理解のある雇用主が、気を遣って便宜を図ることがあっても、外省出身のお手伝いさんが「(上海人の)主の友人にお土産を直接渡す」なんて考えられない。

    お手伝いさんの月給は32万円
    朱さんはこのお手伝いさんについてこう語り始めた。

    「幼なじみの友人はそのアーイーに2万元(約32万円)の月給を渡しているそうなんです。最近、上海ではアーイーの需要がすごくて、まれに1万元(約16万円)を超える月給をもらう人も出てきました。確かにこのアーイーは学歴があるようなんですが、だからと言って2万元はあり得ない。私の日本の月給を超えているんですよ!」

    “お手伝いさんからもらった高級茶葉”は、「あなたより私のほうが上」という無言のメッセージだったのか。茶葉は朱さんに大きなショックを与えた。さらに朱さんのショックは、「2万元」をポンと払える幼なじみ夫婦にも向けられていた。

    幼なじみ夫婦はともに上海の外資系勤務。その暮らしぶりのよさは、自宅マンションの立地や室内の家具からも伝わってきた。朱さんによれば、「早晩子どもが生まれる予定の幼なじみは、この学歴あるアーイーを家庭教師にさせるつもりで、今から高給で囲い込んでいるのではないか」と語る。

    一方の朱さんは、新卒採用で都内の有名大手企業に入社した上海出身者だ。今の職場には不満はない。人間関係もいいし、仕事の内容も充実している。だが、ひとつだけ気に食わない点があった。それは「日本企業の給料の低さ」だった。

    「上海に帰ってお手伝いさんでもやろうかな」
    「私は家族と同居だから家賃や光熱費は考えなくてもいいけど、そうでない場合は大変です。母国との往復もしなければならない外国人にとって、手取り十数万円なんかじゃ生きていけないのです」

    そしてこう本音を訴えた。

    「日本って本当に魅力ある国なんでしょうか。魅力があるのは、日本の風景や日本の製品だけなのでは? 生活するにしても働くにしても、この国で生きていくのは結構キツイです」

    「私も上海に帰ってお手伝いさんでもやろうかなー」
    https://president.jp/articles/-/26878

    【日本を選んで"貧困"に落ちた中国人の後悔。上海のお手伝いさんより月給が安い】の続きを読む

    このページのトップヘ